また逃犬ぶりを発揮、どこまで逃げるの

興毅の米国デビューが電撃決定した。関係者によると、23日午前に
メキシコのプロモーターとの契約が成立。WBA、WBC世界
Sフライ級王者クリスチャン・ミハレス(メキシコ)-IBF世界
同級王者ビック・ダルチニヤン(オーストラリア)のセミファイナル
のリングに上がる。
対戦相手のペレスは、世界同級7位で13勝(9KO)3敗の右ボクサー
ファイターだ。舞台となるホーム・デポ・センターは、今年5月に
デラホーヤ(米国)が、フォーブス(米国)と対戦した場所で、2万人
収容の大会場。試合当日は全米にテレビ放映される予定で、世界へ
向けて絶好のアピールの場となる。
8月下旬にメキシコのプロモーターからオファーを受けた。亀田陣営は、
内藤が持つWBC王座に照準を絞っていたため断った。だが、事態は
10月に入って急転した。年末の対戦に向けて行ってきた内藤陣営との
交渉が10月10日に決裂。これを受け、メキシコのプロモーターが再度
亀田陣営にオファーを出し、正式に契約が成立した。
現在、興毅はWBAフライ級1位にランクされており、11・1の試合に
勝てば12月に5度目の防衛戦を行う坂田のV6戦の挑戦者となれる。挑戦権を獲得した後のプランは、そのままダイレクトでの挑戦、もしくは
ノンタイトル戦をはさんでからの挑戦という選択となる。
もっとも、今回の試合は大きなリスクも背負っている。電撃決定だった
ため、この日までに消化したスパーリングは20ラウンドにも満たない。
それでも、興毅は「当たって砕けろの気持ちでいく」と決意を口にした。
週明けにも決戦の地・米国に旅立つ。

「へアン・ピエロ・ペレス」
1981年3月7日、ベネズエラ出身。04年4月プロデビュー。
08年8月にWBAフライ級7位ジョン・モリナ(コロンビア)を判定で下し、
世界ランクイン。16戦13勝(9KO)3敗。右ボクサーファイター。


 24日に亀田ジム機関紙であるところのデイリースポーツが紙面のみで伝えた記事。正式に契約したはずの試合が中止になった模様。現地指定の病院での健康診断書などの必要書類が揃っていなかったのでコミッションの許可がおりなかったとのこと。
 無知なのか、やる気がなかったのいか。たぶんやる気がなかったのだと思う。暫定王座決定戦でない以上、亀田側には米国デビューという話題作り以外にはメリットがない試合。ましてや相手は正真正銘の世界ランカーとなれば、従来の手法は使えない可能性もあり、負ける可能性もある。負ければ、亀田株は大暴落し、内藤だ、坂田だとは言っていられなくなる。まあ、浪速の逃犬の考えそうなことだが。
 ところで、以前にデイリーが報じていた「11月にラスベガス進出が正式決定」というのはどこにいってしまったんだろう。デイリーは正式という言葉の意味をよーく考えるべき。
 

[PR]

やはり辞めるべき

辰吉が5年ぶり復帰戦飾る バンコクでTKO勝ち
バンコク26日共同】元世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級チャンピオンの辰吉丈一郎(38)が26日、バンコクで5年ぶりの復帰戦を行い、勝利した。ノンタイトル10回戦で、タイ国内ランカーのパランチャイ・チュワタナに2回TKO勝ち。辰吉は網膜☆離で所属ジムから引退勧告を受けている上、先月には特例でのボクサーライセンス申請期限も切れ、国内では試合ができなくなっている。

(注)☆は刈のメが緑の旧字体のツク

YouTubeで動画を見た。一生懸命過去の辰吉丈一郎の動きを模倣しようとしていたが、衰えが著しくだめだった。パンチにスピードがなく、手打ち、膝にバネがないので、強いパンチも打てない。最初に発表された東洋ランカーから対戦相手が変更されて正解。とても東洋ランカーの相手にはならない。ボクサーとしてはすでに壊れているのに、人間として壊れてしまったらどうするのか。本人はリングの上で本望と思っているのかもしれないが、家族や周囲の人間はどうなる。ボクシング界への影響をどう考える。もう、辰吉丈一郎は十分にやったと思う。記録にも記憶にも残る名王者だったと思うし、紛れもない天才ボクサーだったと思う。だからもう、グローブを壁に飾って欲しいのだ。

[PR]

興毅世界戦、白紙・・・

内藤−亀田興戦の交渉決裂=防衛戦で折り合わず−ボクシング
プロボクシングの亀田興毅(亀田)が所属する「亀田プロモーション」社長で同選手の父、史郎氏は11日、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級チャンピオンの内藤大助(宮田)と亀田興のタイトルマッチに向けた交渉が決裂したことを明らかにした。
 史郎氏によると、試合は12月23日に東京都内で行う方向で交渉していたが、亀田興が勝った場合の防衛戦2試合の興行権を持つ内藤陣営の宮田博行会長と思惑が一致しなかった。史郎氏は「決裂した。話にならない」としている。宮田会長はコメントしていない。 
 史郎氏は「宮田会長は興毅の防衛戦を海外でやらせようということらしい。相手も向こうが決めるという。それは受け入れられない」と語った。
 亀田興は世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級に続く2階級制覇を目指して内藤に挑戦する意向だったが、現時点では難しくなった。史郎氏は「いつでも動けるよう練習を続ける。海外でも試合をしながら世界戦のチャンスを待つ」と話した。(了)
(2008/10/11-20:24)

 噂では『ギャラ2億円、オプションなし、チケット売り上げ半分、TV放映権料8割 試合のビデオ権利は亀田、グローブなどの試合条件も亀田、経費は宮田 』という条件を要求しているとのこと。本当なら全く持って非常識。確実なのはオプションなしというところ。指名試合を除き、チャンピオン側が2つのオプション(興行権)を握るのは、ボクシング界の常識。これはジム制度みたいな日本だけのことではなく、世界的な常識。ポンサクレック陣営からのオプション買い取りのために、内藤ー大毅の内藤のファイトマネーが抑えられたのは有名な話。もはやあの人は今状態なのに、亀田の名前で商売が出来ると信じている陣営、日本ボクシング界が異常。
 大毅の復帰戦 前売りチケット完売
ボクシング、亀田大毅(亀田)の復帰戦(デイリースポーツ後援11月6日、後楽園ホール)の前売りチケットが10日、完売した。当日券は1万円、5000円、3000円各10枚のみ。昨年10月11日の世界戦で反則行為を繰り返し1年間のライセンス停止処分を受けた大毅は、11日に処分が解ける。現在はスパーリングを中心としたメニューで調整している。
 プレイガイドでは完売らしいが、元々どれぐらいのチケットがプレイガイドに回されたかわからないし、噂では亀プロが引き受けたのでないかと。主催はワタナベジムだしね。
 亀田和毅 11・12メキシコでプロデビュー
ボクシングの亀田家の三男・和毅(ともき)(17)が、11月12日にメキシコでプロデビューすることが8日、明らかになった。対戦相手は未定で、バンタム級4回戦で試合を行う。和毅はこの日、調整のため成田発の航空機でメキシコに出発。亀田家の“最終兵器”が、ボクシングの本場メキシコでプロとして第一歩を踏み出す。
 ◇  ◇
 亀田家の“最終兵器”がいよいよプロのリングに上がる。和毅は11月12日、メキシコシティーでプロのキャリアをスタートさせる。対戦相手は現在調整中で、4回戦デビューとなる。当初、日本でのデビューの計画があったが、修行を兼ねてあえてアウェーでのデビューを選択した。
 今年7月12日にプロライセンス取得が可能な17歳の誕生日を迎えた。だが父・史郎氏(43)はすぐにプロデビューさせず、アマチュアでキャリアを積ませる意向を示していた。また興毅と大毅は6回戦でのデビューだったが、和毅は4回戦からしっかりとキャリアを積ませる方針だ。
 メキシコは、プロテストのシステムがなく、マネジャーにプロとしての実力が認められればプロのリングに上がることができる。和毅は現在、日本のプロライセンスを取得しておらず、デビュー戦は亀田ジム所属ではなく、フリーの選手として現地のマネジャーと契約する。
 デビュー戦以降、日本で試合をする場合は、亀田ジム所属選手として日本ボクシングコミッション(JBC)にプロライセンス発行の手続きを行う。JBCによると、C級(4回戦)ライセンスならば、和毅のアマチュアの実績が考慮され、プロテストは免除されるという。
 デビュー戦に備えて和毅はこの日、メキシコに向けて出発。現地のジムでスパーリングを行い調整する方針だ。「プロとしてリングに上がるのはやっぱりうれしい。メキシコでのデビュー戦もうれしい。とにかく自分の力を出し切れるように頑張るだけ」と自身に言い聞かせるように意気込みを口にした。

 ますます昔のプロレスじみてきましたね。海外武者修行→凱旋帰国と言うパターンですね。
和毅に関する情報は亀プロかデイリーからの大本営発表で、たぶん噛ませ相手に10連勝ぐらいして、仕上げにローカルタイトルを奪取して凱旋帰国という筋書きになっていると思われる。兄貴たちのように日本で噛ませ相手にキャリアを積むことが出来なくなっているための窮余の策か。
 JBCがプロテストの免除を示唆したというが、あの程度の実績でプロテストが免除になるのか。
JBCのルールでは「アマで公式戦5勝以上挙げているものはC級テストは免除される」とあるが、
和毅の試合は公式戦と呼べるものなのだろうか。

[PR]

OH!相撲

弟子に裏切られ…北の湖理事長辞任/大相撲
命運尽きた−。日本相撲協会・北の湖理事長(55)=元横綱=は8日、ロシア出身の幕内露鵬(28)と十両白露山(26)が専門の検査機関でも大麻の陽性反応を示したことを受け、東京・両国国技館で緊急理事会、評議員会を開き、辞任した。新理事長には武蔵川親方(60)=元横綱三重ノ海=が決まった。理事会は両力士を解雇した。
 進退きわまった。「天の声」といわれ、絶大な権力を持ち、縦社会を形成する相撲界の象徴から、身を引く。北の湖理事長がこの日、一連の大麻疑惑を受けて、ついに辞任した。14日からの秋場所(両国国技館)は武蔵川新理事長のもとで迎える。
 理事長は理事会の冒頭で辞任を表明。これを了承した9理事による新理事長互選に移り、「満場一致」で武蔵川理事が選ばれた。北の湖前理事長は理事職(春場所担当部長)にとどまり、理事降格が、理事会としての処分となった。露鵬の師匠の大嶽親方(40)=元関脇貴闘力=は委員から平年寄に降格処分となった。任期途中の理事長辞任は昭和32年に不明朗な経理問題で割腹自殺を図った出羽海理事長(元横綱常ノ花)以来となった。
 新理事長と並んだ会見。北の湖前理事長はこわばった顔で切り出した。「陽性の結果を真摯(しんし)に受け止めたい。協会やファンに迷惑を掛けた。わたしの責任です」。何度も「申し訳ない」と繰り返した。
 辞任を決意した最大の引き金は、理事会に先だって行われた再発防止検討委員会からの報告だった。ドーピング(禁止薬物使用)の抜き打ち尿検査が行われた力士会(2日)の簡易検査で露鵬、白露山は2人合わせて5回も陽性反応が出た。そこで、同委員のある親方が2人に迫ったという。「本当はどうなんだ。ここだけの話だから言ってみろ」。
 2人は否定していたが、最後には観念したように兄弟のうちの1人が「実は6月のロサンゼルス巡業で黒人のシンガーから大麻をもらい、吸いました。でも、師匠には言わないでください」と懇願したというのだ。北の湖前理事長が、初めて知らされた事実だった。
 前夜、関係者を通じて衝撃的な数値も判明していた。世界反ドーピング機関(WADA)公認の国内分析機関が行った検体の検査で、大麻吸引を判断する上で定められた尿中濃度の基準値(1cc中に15ナノグラム)に対し、露鵬から5倍、白露山からは10倍の大麻成分が検出されていた。
 それでも、最後の粘り腰をみせた。理事会の冒頭、北の湖前理事長は「弟子の白露山の新たな検査結果が出るまで、理事長職を休養したい」と一度は自身のプランを申し出た。ここで複数の理事が反旗を翻し、「クロという事実と数値がすべてじゃないですか」。思わぬ突き上げに動揺した前理事長は、降参するしかなかった。
 力士死亡事件や横綱朝青龍のサッカー騒動など不祥事が噴出。協会トップとしての責任が問われ続けていた北の湖前理事長だったが、一貫して「師弟の問題」「部屋の問題」としてきた。今回は白露山が北の湖部屋所属で、自身の発言から逃げられなかった。
 弟子たちが理事長室から荷物を運び出したのを見届けて、6年半を過ごした部屋を後にした。「13歳で(相撲界に)入って、ここで育ててもらった。これから恩返しをしたい」。長期政権は“遅すぎた決断”でピリオドを打った。

結局この期に及んでも、なんとか延命を図ろうとしていたわけで、理事長という地位に汲々としがみつこうとする姿からは、「昭和の大横綱」の品格の欠片も見ることはできない。情けない話だ。理事も辞任する意向も示したが、他の理事に慰留されて翻意したという報道もなされているが、強く堅固な意志をもっていたのなら、どんなに慰留をされても自分の意志を貫いたとおもうが、簡単に翻意してしまうあたり、結局ポーズに過ぎなかったのだろう。
 ちからののさむらいと書いて力士と読む。果たして北の湖は士であったのか。

露鵬関「陰謀だ、この世界はあまりに汚い」
精密検査で大麻の陽性反応が出たことを受け、日本相撲協会に解雇されたロシア出身の力士・露鵬関(28)が8日、NNNの単独電話インタビューに応じ、「陰謀だ。この世界はあまりにも汚い」などと語った。
 露鵬関は「新理事長になった武蔵川親方一派の陰謀だ。私は最後まで無実。私は謝ってほしい。私はどんなに謝罪されても相撲界に戻るつもりはない。この世界はあまりに汚い。北の湖理事長は最高に律義な人です」と述べ、今回の解雇処分に憤りをあらわにした。また、辞任した日本相撲協会・北の湖理事長や、大嶽親方をかばう姿勢を見せ

 露鵬が陰謀論を展開している。武蔵川新理事長にたいする発言などあまりにも酷い。親であるはずの大嶽親方はなぜこんな発言を許すのか。たしなめるのが親ではないのか。解雇されたから縁が切れたとでも言うのだろうか。わからない。大嶽親方も露鵬と同じ考えなのか。だとしたら、大嶽親方は日本相撲協会にいるべきではない。現役時代の貴闘力の激しい相撲が好きだっただけに残念だ。
 
 実は、これは垂仁天皇7年に野見宿禰に破れた当麻蹴速の子孫が引き起こしたことなのです。野見宿禰に殺された当麻蹴速の子孫は、野見宿禰の系譜を継ぐ現在の大相撲に復讐しようと虎視眈々と機会を窺っていたのでした。覚せい剤ではなく、大麻が使われたのも、当麻の一族の所業であることを顕示するためでした。なんちゃって。蹴速の闘魔神か。

[PR]

陽性 妖精 要請 養成 幼生 夭逝 妖星 溶成 陽生 溶性 

<大相撲大麻疑惑>精密検査でも陽性反応…露出身2力士
大相撲のロシア出身兄弟力士、幕内の露鵬(28)=大嶽部屋=と十両の白露山(26)=北の湖部屋=の大麻使用疑惑で、東京都内の専門検査機関に依頼していた両力士の尿サンプルの精密検査の結果、当初の簡易検査と同じく大麻への陽性反応が出た。関係者が6日、明らかにした。
 露鵬と師匠の大嶽親方(元関脇・貴闘力)は6日正午過ぎから、東京都江東区の大嶽部屋の前で弁護士を伴って会見。露鵬は「大麻を吸ったことはない。この結果を信用しない」と改めて疑惑を否定した。大嶽親方は「別の検査機関で調べてもらうことも視野に入れている」と語った。今回検査を行った機関は世界反ドーピング機関(WADA)から国内で唯一公認されているドーピング(禁止薬物使用)検査の権威。
 今後は両力士への処分、白露山の師匠でもある北の湖理事長の進退を含む責任問題が焦点となる。北の湖理事長はこれまで、再検査で陽性となった場合も、警察の捜査結果が出るまで処分を下さない方針を示唆している。大麻取締法には使用だけでは罰則規定がなく、所持などの立件は難しい情勢にある。
 当初の理事長方針のままでは、薬物反応に陽性反応が出た力士の秋場所(14日初日、東京・両国国技館)出場を容認することになる。世論の反発は必至で、協会の今後の対応策が注目される。
 今月2日に協会が抜き打ち実施した尿検査で、8月18日に大麻所持の疑いで逮捕された元幕内の若ノ鵬(本名ガグロエフ・ソスラン)容疑者と同じロシア出身の露鵬、白露山の兄弟力士からも大麻への陽性反応が出た。
 警視庁の任意聴取に対し、2人が全面否定したことなどから、協会は検査機関に精密検査を依頼。北の湖理事長は、再検査で陽性となった場合も「別のところで、徹底して調べたらいい」と語り、処分の即断を避ける方針を示していた。【堤浩一郎】

 精密検査でも陽性反応が出た以上、ただ、「やっていない」、「弟子を信じる」では何も進展しない。本当にやっていないのなら、なぜこういうことになったのか思い当たることを、すべて明らかにして、検証していくことが必要なのだが、そのようなことは行わないで、検体を他の機関で再検査すると主張するのみだ。
 露鵬会見「検査結果は絶対信用しない」
2日の力士会後の検査で大麻の陽性検査が出た平幕露鵬と師匠の大嶽親方(元関脇貴闘力)、塩谷安男弁護士が6日、大嶽部屋前で会見し、検査が適正に行われなかったことを主張した。
 この日大嶽部屋に精密検査でも陽性だったことが通知された。ところが尿のサンプル採取の際、簡易検査では五輪などのドーピング検査とは違い、無記名で行われるものが最初から人が特定できる形で行われたこと、尿採取用のコップは任意に選べるはずが親方から直接手渡されたことなどを主張。塩谷弁護士は「公平、公明性に問題がある」とした。
 露鵬は「大麻もマリフアナもやったことはない。自分は相撲が大好きで、相撲を一生懸命やりたいだけ。(検査結果は)絶対に信用しない」と話した。大嶽親方も「やっていないと言っているのだから、それを信用する。他の機関や警察での検査も視野に入れたい」。塩谷弁護士は今後について「協会側の反応を見ながら対応する」と話した。

 この報道によると、弁護士は嵌められたようなニュアンスで語っているが、簡易検査はあくまでも簡易検査で、「検査しましたけれど、若ノ鵬以外にはそのような力士はおりませんでした」ということをアピールするパフォーマンスだから、五輪のドーピング検査と違って当たり前の話。二人に陽性反応が出たことからパフォーマンスがパフォーマンスで済まなくなってしまったのが実体。
 とにかく前の記事にも書いたけれど、穢れた力士が神聖な土俵に上がるのは大問題だし、それを無理強いする北の湖は相撲というものの本質がわかっていない。こんな理事長では相撲が壊れていくばかりだから、即刻退陣すべきだ。これでは横綱を夢見て、砂に塗れて稽古に励んでいる若い衆が可哀想だ。

[PR]

穢れた力士は土俵に上がるべきではない

理事長、露鵬&白露山の出場容認/大相撲
日本相撲協会・北の湖理事長(55)=元横綱=は5日、協会による抜き打ちの尿検査で大麻に陽性反応を示した幕内露鵬(28)、十両白露山(26)の秋場所(14日初日、両国国技館)出場について、容認する見解を明らかにした。8日にも判明する精密検査の結果にかかわらず、検査を新たにやり直す方針で、最終結論が出るまで問題はないと判断したが、横綱審議委員会・内館牧子委員(59)=脚本家=は異論をとなえた。
 大麻に陽性反応を示した力士が、国技館の神聖な土俵に立つ。北の湖理事長が“グレー力士”の本場所出場を容認した。
 北の湖部屋所属の白露山の師匠でもある同理事長は「秋場所の出場? 構わない。出すつもりでけいこをさせている」と平然と言い切った。返す刀で、「何がいけないの。どこかおかしい」と、取り囲んだ報道陣をにらみつけた。
 この日は東京・両国国技館で行われた横綱審議委員会(横審)のけいこ総見が行われ、各委員が出席。石橋義夫前委員長(82)は、展開次第では協会幹部の責任を問う世論が予想されることに「そういう声が出るのは当然だと思う」としたなか、“グレー力士”の出場を問題なしとしたのだ。
 協会や警視庁の任意の事情聴取で大麻使用を全面否定している露鵬、白露山兄弟の検体は、4日に都内の三菱化学メディエンスに送られた。早ければ8日にも結果が判明する見通しだが、北の湖理事長は「本人は絶対にやっていないと言うんだから、同じ検体を使って別のところでやる方法もある」と検査を新たにやり直す意向を固めている。

 三菱化学メディエンスは、世界反ドーピング(禁止薬物使用)機関(WADA)から国内で唯一の公認を受けている検査機関だが、そこで出される最終的な結果にも満足できないという意味にもとれる。
 今後は、国内の別の検査機関、病院などに2人の検体を持ち込んで再び検査をさせる方針で「ドーピングじゃない、違法(行為)だから徹底的にやった方がいい。(露鵬が使用した)鎮痛剤など、いろいろな成分もある。警察に見てもらっても構わない」とした。
 弟子の無実を証明したい“親心”は理解できるが、これでは最終的な結果がいつでるのか、予測不能な状態に陥ってしまう。
 これに反発したのが、横審の内館委員だ。「エッ、本当! それじゃ精密検査の意味がない。シロ(無実)になるまでやるってことかしら」と、理事長の独自の論理にあきれ顔。「精密検査の結果が陽性であれ陰性であれ、簡易検査で(2人合計で)5度も陽性反応が出た結果を厳粛に受け止めるべき。情緒に流されている場合ではない」と切り捨てた。
 北の湖理事長の押し相撲。“両国の常識”で押して、押して、押し通す。

 相撲は神事でもあるわけだから、穢れた力士を土俵に上げることは許されない。神事ではないと言うのなら、今すぐに土俵に女性を上げろ。
 そんなこともわからない(知らない)人間が理事長をやっているなんて呆れてものが言えない。

[PR]

北の湖は相撲界から去れ

理事長は検査やり直し強調 内館委員は厳しい見解
大麻に陽性反応を示した幕内露鵬、十両白露山について、検査を新たにやり直す意向を固めている北の湖理事長は5日、「本人は絶対にやっていないと言うんだから、同じ検体を使って別のところでやる方法もある」とあらためて強調した。東京・両国国技館内で行われた横綱審議委員会(横審)によるけいこ総見後に語った。
内館牧子委員は「5度も陽性反応が出た結果を厳粛に受け止めるべきだ」と厳しい口調で話した。

検査結果も出ないうちから、検査をやり直すというのがアホだ。それも別のところで。検査結果を陰性にしてlくれる検査機関が現れるまで再検査をやり続けるつもりなのか。呆れてものが言えない。三菱化学メディエンスは世界アンチドーピング機構公認の日本で唯一の検査機関で、国際審査認定機関NATAより、ISO/IEC17025を取得していて、その検査結果が世界中で公式の検査結果として通用するところなんだが、北の湖はその検査結果を信頼出来ないと言っているわけだから、もう何をか言わんやである。とにかく、理事長の椅子を守ることに汲々として協会のこと、力士のことなど少しも考えてはいないだろう。もし、検査結果がクロと出ても、真相を究明する責任があるとか言って、理事長の座に留まろうとするに違いない。ただでさえ相撲離れが激しいのに、今度の不祥事もやり過ごせば何とかなるだろうと、全く危機感を感じていないのはなぜだろう。一般の相撲ファンが離れてもタニマチさえいればやっていけると思っているのだろうか。こんな人は理事長の職を辞するだけではなく、相撲界から去ってもらいたい。

[PR]

Don't Disturb

議員居眠り写真で傍聴規制 茨城県議会、身分証提示も
茨城県議会での議員の写真がブログ(インターネット上の日記)に掲載され、「居眠りしている」との批判を受けたため、県議会の傍聴規則が4日までに改正された。8日施行される。撮影許可を報道関係者や「公益的見地から必要と認められる者」に限定、議事妨害が予想される場合には傍聴者に身分証の提示も求める。県議会事務局によると、身分証の提示を求める傍聴規則は全国の都道府県議会で初めてという。
 よかったですね。これで枕を高くして寝られるわけだ。報道関係者なんか記者クラブ制度で骨抜きだしね。議場の扉に「Don't Disturb」の札でも下げとけば完璧だね。

[PR]

いくら北の湖がKYでも退陣するだろう

<大相撲>露鵬と白露山が大麻陽性反応 抜き打ち尿検査
日本相撲協会は2日、抜き打ちの尿検査で幕内力士の露鵬(28)=大嶽部屋、本名ボラーゾフ・ソスラン・フェーリクソビッチ=と、十両力士の白露山(26)=北の湖部屋、本名ボラーゾフ・バトラズ・フェーリクソビッチ=の兄弟力士の検体から、大麻の陽性反応が出たと発表した。警視庁組織犯罪対策5課は同日夜、2人から任意で事情を聴いた。
 検査は元幕内力士の若ノ鵬寿則容疑者(20)=間垣部屋、8月21日に解雇=の大麻所持事件を受け、協会の再発防止検討委員会(委員長・伊勢ノ海理事=元関脇・藤ノ川)が実施。日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の大西祥平専門委員(慶大教授)の指導で、両国国技館内で行われた。
 幕内と十両の力士による親睦(しんぼく)組織・力士会の定例会の冒頭で行い、若ノ鵬と同じロシア出身で、交友のあった露鵬と白露山は、精密検査まで行った。全関取を対象にした、力士の抜き打ち尿検査は初めて。
 朝青龍と白鵬の両横綱をはじめ、十両以上の全員が対象となり、検査を受けた。尿サンプルを提出し、まず5分程度で分かる簡易検査を実施。露鵬と白露山の2人は、さらに残されて精密検査を受けていた。【上鵜瀬浄】

今まで、理事長の責任を問う声に対して、のらりくらり躱してきた北の湖理事長だが、自分の部屋の力士から大麻の陽性反応が出たとあっては退陣せざるを得ないだろう。理事長を退陣するだけではなく、理事からも退くのが妥当であろう。
 北の湖は結局何もやっていないんだよね。口では土俵の充実を唱えるけれど、具体的な方策が何もない。年寄株貸借禁止という改革を止め、元に戻したし、一連の不祥事の際も、福田首相ではないが、まるで他人事だったし。現役時代に強い横綱だったとしても、日本相撲協会という団体を運営していく才があるわけでなし、だいたい現役時代に何事も「ごっちゃんです」で済ましていた人たちが、銭勘定なんかやれるはずもないし、やはり、外部からの役員を早急に導入する必要がある。
 でも大相撲もプロ野球と同じで危機感がないのよね。土俵の充実をお題目のように唱えていれば、お客は戻ってくると思っている。
 露鵬と白露山は即刻解雇すべきだし、他にも汚染がひろがっていないか、全力士を対象にして検査すべきだ。
 

[PR]

亀田判定勝ち。次戦は暫定王座決定戦?

亀田興毅が世界前哨戦に大差判定勝ち
ボクシングのWBA世界フライ級1位・亀田興毅(21)=亀田=が30日(日本時間31日)、メキシコ・モンテレイでWBAインターコンチネンタルフライ級王座決定戦12回戦を行い、サルバドール・モンテス(28)=メキシコ=に大差で判定勝ちし、同王座を獲得した。1回からパワーで圧倒した興毅は、両まゆ下をカットするアクシデントに見舞われながらも元メキシコ王者を寄せ付けずに完勝。最大12ポイント差がつく圧勝劇でメキシコ2戦目を飾った。
 あはは、噛ませ相手にKOできずにフルラウンドだって。大差はついたらしいが、所詮5勝4敗の選手だから実力差はあるはずなのにフルラウンドとは。メインのミハレスはチャチャイに何もさせず3RTKO勝ち。本当の実力者とはこういうものだろう。前哨戦が噛ませ相手にフルラウンドとは陣営も心配になるのでは。明らかにKO勝ちできる相手を選んだはずなのに。それともモンテスがブック破りをしてフルラウンド立ち続けたのだろうか。
 うさぎにくさんのところに、現地の報道としてWBCの挑戦者決定戦で勝利したフリオ・セサール・ミランダがWBAフライ級暫定王座をかけて10/24に亀田興毅と戦うかもしれないということが載っていた。
 暫定王座は王者が負傷などで防衛戦を行えない時に設けられるのだが、WBA王者の坂田は精力的に防衛戦をこなしており、次の防衛戦も指名挑戦者としてデンカオセーン戦がほぼ決まっている。暫定王座を設ける必要はない。
 だが、S.フライ級の二つの王座決定戦といい、9/18にパナマで同じ興行で正規王者と暫定王者が同時に防衛戦を行うことといい、WBAのタイトル管理はずさん極まりないものになっている。だからこの記事も一笑に付すわけにはいかないのだ。坂田の指名挑戦者をデンカオセーンに決めた勢力と敵対する勢力に亀田陣営が擦り寄っていったとしたら…。我々は坂田が亀田とやりたがっているが、亀田が逃げていることを知っている。だが、海外の人間はそんなことは知らない。そこへ亀田陣営が真逆のことを吹き込んで、その人物が信じてしまったら…。
 亀田陣営にジョー小泉がいることを忘れてはならない。
 追記、亀田興毅の取ったタイトルがWBAインターコンチネンタルタイトルなのかWBCインターナショナルタイトルなのか、海外の報道では情報が錯綜しているようだ。デイリーなんかは日本人初の快挙のようなあつかいだが、どちらのタイトルを取った(ひょっとしたら両方なのかも)にしろ、実体のないペーパーチャンピオンに過ぎないのだから、どちらでもいいような気がする。本来日本では認められていない王座だからね。また、特例で防衛戦をすることを認めたりしそうでいやなんだが。

[PR]

,