<   2009年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

やっぱり逃げた

亀父“独自路線”を明言「俺らの道行く」
ボクシングの亀田3兄弟の父・史郎氏(43)が28日、独自路線を明言した。現時点でWBA世界フライ級王者デンカオセーン(タイ)との対戦は考えていないとし、7月下旬にメキシコで興毅をWBA同級暫定王座決定戦に出場させる意向を明言した。
 デンカオセーンとの対戦に関して史郎氏は「(協栄ジムの)金平会長が日本での交渉役と聞いてる。まだ亀田家と色々問題があるし無理。もうすぐメキシコからの正式発表があるはず。俺らは俺らの道を行く」と今後の路線を示唆した。

 いやあ、なんでこうも予想通りに動いてくれるんだろう。結局、逃げた。「満を持して」なんていうのは、なんだったんだろう。チャンピオンが強い指名挑戦者を回避したため、暫定王座が設けられることはよくある(本来はよくあってはならない。指名試合は王者の義務だから、義務を果たさないのなら剥奪してもいいと思う)が指名挑戦者サイドが王者とはやりたくないから、暫定王座を設けて欲しいというのは、前代未聞だと思う。
デンカオセーンとやれない理由として協栄ジムの金平会長の名前があがっているが、会長のブログを読む限り、各マスコミは亀側の談話を載せただけで、金平会長への裏付け取材は全く行われていないようである。これは果たして取材とは言えるのだろうか。
 デンカオセーンとナリス・シンワンチャーとのトラブルも亀側の発表通りのことを載せ続け、実際のタイでの動きとは全く異なったことを載せ続けた。タイ在住20年近くのバンコク愚連隊さんが実際のタイでの動きを伝えてくれたから、私たちは真実を知ることができたが、開催できないはずのデンカオセーンv.s.久高が全く問題なく開催できた現在、誤報でしたと謝罪をするマスコミが一社もないのも問題ではあるけど。

[PR]

,