<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

すでに賞味期限切れ、現在賞味期限偽装の真っ最中

2回KOも…亀田興毅、賞味期限は間近?世界戦暗礁
「世界前哨戦」とPRして生中継したテレビ局も番組をつなぐのに困るような亀田興毅(22)=亀田=の2回KO勝ちだった。亀田3兄弟の長男で、世界ボクシング協会(WBA)フライ級1位の亀田興が4日、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級20位のドローレス・ビダル(31)=メキシコ=とノンタイトル10回戦を行い、2回2分9秒でKO勝ちした。亀田興の戦績は20戦全勝(13KO)。

 約1年ぶりの国内戦。2回に強烈な連打でダウンを奪うと、その後も攻め続け、計3度のダウンを奪ってけりを付けた。「まとめ方がもう一つだった」と反省したが、「チャンスの時に仕留められるのが大事」と自賛。「きょうは相手のタイミングを計るのに1ラウンドかかった。相手のスタイル、タイミングが1分、1分半で分かるようになったらいい」と今後のテーマを口にした。

 世界前哨戦と銘打って行われた試合だが、WBAフライ級王者、デンカオセーン(タイ)への挑戦計画は暗礁に乗り上げている。前の世界戦からはすでに約2年3カ月。「これ以上待ったら賞味期限が切れる。ことしは絶対にしたい。決まったら絶対に取る」と語気を強めた。

これ以上待ったらって言っても、タイトルマッチを出来るチャンスは何度もあったのに、変な理屈で潰したのは亀田だ。賞味期限切れも自業自得。もし年末に内藤と対戦したいれば、結果はどうであれ、こんなことにはなっていないのではないだろうか。もう賞味期限はとうに切れていて、もう今は、賞味期限の偽装を行っている段階。それでも亀田一家を筆頭に、JBC、TBS、マスコミはまだ亀田で商売が出来ると思っているらしい。視聴率が取れないのは一般大衆に飽きられている証拠、観客動員ができないのはコアなボクシングファンが離れているから。

[PR]

看板に偽りあり

亀田興毅が2回KO勝ち 国内で約1年ぶりに試合
元世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級チャンピオンで同フライ級1位の亀田興毅が4日、さいたまスーパーアリーナでノンタイトル10回戦を行い、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級20位のドローレス・ビダル(メキシコ)に2回2分9秒KO勝ちした。「亀田3兄弟」の長男、亀田興にとって約1年ぶりの国内での試合。2回に左右の連打で31歳のビダルから3度のダウンを奪った。
まあ予定調和で終了ということですね。亀2もワンディーに予定通りKO勝ち。本来ならナリスとの密約で、最初に亀2がデンカオーセンに挑戦して、続いて亀1が挑戦するという流れがおじゃんになりましたから、亀側にとってはメリットがなかったでしょう。だから御用新聞のデイリーが内藤への再挑戦なんてアドバルーンを揚げている。未だにどこの新聞も6月に予定されている世界戦と書いているけれど、ニワットがデンカオセーンの正式なマネージャーになりましたから、亀1との防衛戦の話はなし。この話はタイではきちんと報道されていることなんだが、なぜか日本のマスコミは無視を決め込み、亀側、ナリス側の言い分だけを横並びに載せる。
2〜3日後には、「急転直下、スポーツ相が介入、デンカオセーンのマネージャーニワット氏に」なんて見出しが躍り、6月挑戦がないことが明らかになるのだろう。
 狙いはデンカオセーンではなく、暫定狙い。この間の内外タイムスのインタビューでもあからさまに答えていたしね。
 追記
結局。デンカオセーンからも逃げて、暫定王座戦を画策するも、新型インフルエンザの余波を受け、ウイサルの興行から弾きだされ、トップランクの興行に押し込んだものの、暫定王座戦の承認は下りていない。身内とも言えるウイサルの興行ならまだしも、トップランクの興行をドタキャンするようだと、亀田をを使うなということにもなりかねない。

[PR]

,