<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

プロゴルファー相手に挑発ってバカか

和毅 衝撃日本デビュー
亀田3兄弟の三男・亀田和毅改め、トモキ・エルメヒカニート・カメダ(17)=亀田=が日本初戦を2回1分33秒KO勝利で飾った。1回から優勢に進め、2回、圧巻の左ボディー2発でアドリアン・ラミレス(20)=メキシコ=を沈めた。メキシコデビューから中16日の強行軍でも疲れは一切なし。同じ17歳のゴルフ・石川遼に対して「人気では勝たれへんけど、オレの方が強い」と亀田節をさく裂させた。メーンに登場した次男・大毅(19)=亀田=は、元ミニマム級世界王者を相手に3回1分32秒KO勝ちで、再起2戦目を飾った。
 トモキは、リングネーム「トモキ・エルメヒカニート・カメダ」で登場した。メキシコでのニックネームで「メキシコの少年」を意味する「メヒカニート」をミドルネームとして入れた。「(メキシコでの)デビュー前から何にしようか考えていたんや。ええやろ? もちろん今後もこの名前でやるで」と語った。リングネームを変更するためにのJBC(日本ボクシングコミッション)への届け出も済ませている。
◆左リードでプレッシャー
 狙っていた。手応えがあった。コーナーに詰めて左ボディー2発。脇腹にスピードの乗ったパンチを放つと、対戦相手はうずくまり、立ち上がることができなかった。
 「まあまあできたな。うれしいけど、もうちょっと長くやりたかったけどな。こればっかりはしゃあない。立ち上がってきたら20連打やろうと思っていたのにな。でも、相手のパンチは1発ももらってないで」
 ゴングと同時に頭を振り、素早い左ジャブを突いて、プレッシャーをかけ続けた。ガードを固めて前に出る長男・興毅、次男・大毅とは違うトモキスタイル。「緊張せえへんかった。デビュー戦より良かったと思うで。オレは好きな試合や」。日本初戦を予告通りのKOで飾り、四方の客席に向かって頭を下げた。歓声が起こると、トモキは安堵(あんど)の表情をみせた。
◆トランクスもメキシコ風
 メキシカンになりきっていた。華やかなソンブレロと、国旗をあしらった緑、白、赤のトランクス。心身ともに成長させてくれたメキシコに、特別な思いがある。「オレはメキシコ好きやしな。このカラーでいこうかなと。そんな感じや。メキシカンや」。ちゃめっ気たっぷり笑った。
 ボクシング界を背負うであろう怖いもの知らずの17歳。ジャンルは違うものの、同い年の石川遼クンの活躍は耳に入ってくる。
 「ゴルフはメジャーやもんな。オレがボクシングで世界王者になっても、3階級王者になってもアイツには人気で勝たれへん。ゴルフは金持ちのスポーツやしな。でも負けてないで。オレの方が強いやろ。リング上がって来いって」
 ヤンチャ顔で“トモキ節”をさく裂させた。「テレビで見たりせえへん」と言いつつも、遼クンは気になる存在のようだった。
 日本初戦終えたメヒカニートは、家族で年を越した後、再び主戦場であるメキシコへ飛び立つ。 (森合正範)

上二人はまだボクサーを挑発していたけど、こいつはボクサーでもない石川遼を挑発している(笑い) まあこれだったら間違ってもマッチメイクされんからね。逃犬と言われることもないか。年が明けると紅白に出場した大橋のぞみの姿を見て「オレのほうが強いやろ。リングに上がって来いって」なんて言いそう。
 噛ませ相手に二戦しただけの海の物とも山の物ともつかないやつと、ツアーに一年間参戦して結果を出した石川遼と比較することがナンセンス。

[PR]

毛沢東も偉人扱いしちゃいけないな

<テレビ東京>ヒトラーを「偉人」と紹介 HPで謝罪
テレビ東京は8日、バラエティー番組でヒトラーを“偉人”と紹介したことについて、「誤った歴史認識に基づく不適切な内容でした」とホームページで謝罪した。
 テレ東によると、4日深夜放送の「よろセン!」の中のコーナー「世界の偉人DEN!」でヒトラーを取り上げたところ、視聴者から抗議があったという。

 最近テレビのクイズ番組などで、歴史上の人物を偉人と表現することが多いが、制作側はそんな意識ではなかったのだろうか。不謹慎ではあるけれど。毛沢東なんか、人を殺した数だけあげれば、ヒトラーを凌駕しているのだけど、偉人扱いだしね。毛沢東もヒトラーと同じに扱わなければいけないな。

[PR]

ええ、メキシコには10年間いました

亀田家の最終兵器に思わぬ死角が発覚した。4日、都内で公開スパーリングを行った
三男の和毅は、WBA世界スーパーフライ級6位の河野公平を相手に連打を浴びせた。
スパーは2Rだったが、メキシコ仕込みのフットワークと強烈なストレートは存在感抜群。
ワタナベジムの渡辺均会長も「デビュー戦直後の選手とは思えない。ロングレンジの
距離感が優れている。世界ランカー相手にここまでできるのはすごい」と太鼓判を
押すほどだった。
ところが、だ。いざ会見に臨むと、出てくる言葉に敬語がほとんどない。聞けば「敬語が
しゃべれん」という。
「今、勉強中やけど難しいな~。スペイン語ならすぐ頭ん中に入るのに(笑い)。メキシコに
敬語なんてないもん」
なんと・・・というか、やはり三男も敬語を苦手としていたのだ。かねて三兄弟の言葉遣いには
「敬語がなっていない」と指摘する声が多かった。ただ現在では、長男の興毅は既に
不自由なく敬語を使いこなせるようになり、次男の大毅もほぼ問題ないレベルにまで上達。
しかし、メキシコ生活が長かった和毅はまだまだだった。
さらに和毅は最近の大相撲にも言及。「(大相撲11月場所の)安馬は毎日チェックしとったで。
でも(改名した)日馬富士はダサいな。そういうことしたらアカン。安馬のままでいってほしい」と
しこ名にダメ出しするなど言いたい放題だ。
まだ若いとはいえ、プロとしてやっていく以上、敬語は必須となる。「体は動けてるし、
仕上がってるでえ」と気合十分の和毅だが、ボクシングよりも敬語のほうがやっかいな
難敵といえそうだ。

(東京スポーツ 12月6日(土)販売号より)

メキシコ生活が長かったって、一年足らずじゃね。父親の仕事の都合で、小学校から高校まで海外で過ごした帰国子女じゃないんだから。メキシコに行くまでの16年間で一体何をやってたんだか(笑) まあ、義務教育もまともに行っていないから仕方がないか。うわべだけの敬語を使われてもねえ。河野に対する態度もそうだけど、他人をリスペクトしないからねえ。そういう態度を「大物ぶりを発揮」なんて持ち上げるマスコミもなんだかねえ。
 スペイン語に敬語はないって、そんな馬鹿なことはない。やはり目上の人に使う言葉は、どこの国の言葉にもあるわけだし。スペイン語が話せるようなことを言っているけれど、どうせ、数が数えることができるくらいじゃないの。数が分からないと10カウント以内に立ち上がれずにKO負けになってしまうだろうから。

[PR]

ランク入りしてから言え

日本フライ級王者清水は大毅と防衛戦イヤ
日本フライ級王者の清水智信(27=金子)が亀田大毅との防衛戦を拒否した。同級暫定王者の五十嵐俊幸(帝拳)との統一戦(23日、東京・両国国技館)を前に3日、後楽園ホールでスパーリングを公開。大毅が日本、東洋太平洋王座挑戦に意欲を見せていることに「今は統一戦のことで頭がいっぱい」と、東農大の後輩でもある五十嵐戦に集中した。統一戦後も、指名試合が待ち受けるため「先のことは考えられないけど、大毅選手より興毅選手と戦いたい」と話すにとどめた。
ランキングに入っていない選手と防衛戦なんかしないって。やりたかったら、ランカーと試合してランキングをあげろって言うの。清水のように亀1号とやりたいという選手は多いだろうね。一応、元世界チャンピオンだからね。知名度はあるけど、実力は?だからおいしいもんね。亀2号とはやりたくないだろうね。反則されたらかなわないもの。内藤戦の最終ラウンドの投げは、下手したら選手生命はおろか生命の危険すらあったわけだから。
 日本人選手にオファーを出しても断られるという記事もあったけど、亀2号の実力を怖れているわけではなくて、反則で大怪我でもさせられたらかなわんからだ。まあ、この一家は多分理解していないだろうけど。

[PR]

,