<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

特例亀田和毅“書類選考”で国内プロデビュー

亀田和毅“書類選考”で国内プロデビュー
亀田3兄弟の三男・和毅(17=亀田)が、日本でプロデビューすることが決まった。次男の大毅(19=同)がメーンを務める12月8日の興行(栃木県立県南体育館)で、バンタム級4回戦に出場。通算3勝2KOのアドリアン・ラミレス(20=メキシコ)と対戦する。
 和毅は21日にメキシコシティーで行われたプロデビュー戦の4回戦で2回KO勝ちした。メキシコではプロモーターと契約を結べばプロとして活動できるが、日本ではボクサーライセンスが必要のため、今回は日本ボクシングコミッション(JBC)が和毅のメキシコでのアマ戦績(27勝10KO1敗1分け)を考慮。通常のアマ5勝以上の規定に沿って、書類手続きだけでライセンス取得が可能となった。JBC関係者によると、海外のアマ戦績を考慮してのライセンス交付は「記憶にない」という。
 今後はメキシコで国内タイトル獲得を目指し、日本での試合は今回限りとなる予定。和毅はデビュー戦に備え12月3日に帰国予定で、メキシコ仕込みの実力を日本のリングで披露するつもりだ。

 言うなれば裏口入学ですね、これは。確かにアマで5勝以上あげた選手はC級ライセンスをプロテスト免除で取得できるという規定はあるが、日本アマチュアボクシング連盟の成績証明が必要なはず。自称の戦績でいいのならば誰でもプロテストなしでライセンスの取得が出来てしまう。亀3号が出場したボクシング大会は、喧伝されているようにアマチュアボクシング最高峰の大会などではなく、限りなく草ボクシングに近い代物。だから、抗議によって判定が覆ったり、アマチュアではあり得ない無効試合なんて言うのも出てくる。
 これは亀田だけの特例なのか。だとしたらなぜ亀田だけ特例が適用されるのか。辰吉の網膜剥離の特例は、辰吉が元世界チャンピオンだったから。同様に亀田ジム認可の特例も亀1号が元世界チャンピオンだったから。だが、亀3号は知名度はあるかも知れないが、ただのニューカマーに過ぎないのだから、特例を適用するのはおかしいし、プロデビューを目指して一生懸命トレーニングに励んでいる練習生の皆さんに失礼だろう。
 ニューヨークですし職人として働くかたわら、アマチュアボクサーとして闘い、ゴールデングローブ(メキシコのバッタもんではなく、世界王者を何人も輩出しているNYゴールデングローブ大会)でベスト4に入った日本人がいる。残念ながら年齢的なこともあって、今年の3月で引退されたようだが、この方が日本でのプロ入りをしようとした場合、亀3号と同様にプロテスト免除を認めるのだろうか。
 亀3号の参戦が急遽決まったというのは、チケットの売れ行きがよろしくないのではないか。プロモーターは18古河になっているが、名義貸しで実際のプロモーターは亀田ジムだしね。
 内藤のスパーリングパートナーに亀2号が名乗りをあげたりと、いろいろ話題作りをしても、取り上げてくれるのは御用新聞のみだしね。亀1号はWBAやWBCにとらわれず、IBFやWBOのタイトルも狙うなんて発言しているが、これはJBCの方針に反すること。JBCの現在の「WBAとWBC以外は認めない」という方針が正しいとは思わないけれど、JBCの方針に逆らうのであれば、JBCを脱退して海外に移籍するなどという手段が不可欠になる。まあ、そんなことをすれば国内での興行は打てなくなるからやらないだろうけど。以前にも他団体のタイトルを狙うと報道されて全否定したことがあるけれど。ただドネアが返上するIBFの王座決定戦の話はあるようだが。亀1号にこういった話が舞い込むのは、別に、海外のプロモーターが亀1号にチャンピオンベルトをプレゼントしようと思っているのではなく、亀1号なら自分の傘下の選手が確実に勝てるとにらんでいるからだ。あわよくばジャパンマネーの恩恵にもあずかれるわけだしね。

[PR]

次は「陳述書は嘘」だな

元若ノ鵬「八百長告発はうそ」 東京地裁に陳述書
大麻取締法違反で逮捕後、日本相撲協会から解雇されたロシア出身の元幕内若ノ鵬が、「週刊現代」に掲載した八百長告発記事の内容について「うそだった」とする陳述書を東京地裁に提出していたことが27日、分かった。陳述書は日本語で書かれ「見知らぬ人物から電話があり、『八百長の告発記事を書けば相撲協会に戻れる。週刊現代の取材を受けるように』と言われ、だまされた」などと記載。
しばらく経つと週刊誌に「元幕内若ノ鵬 爆弾発言!! 陳述書は相撲協会関係者に強要された」なんて見出しが躍りそう。

[PR]

協会が働き掛けヘビー級タイトル復活求める

協会が働き掛けヘビー級タイトル復活求める
東日本ボクシング協会は10日に都内で行われた理事会で、国内で最重量級のヘビー級活性化へ動きだすことを決めた。ほかの格闘技に流れがちな逸材に目を向けさせるため、まず日本タイトルの再設置を求める。
 同級は1957年を最後に日本タイトル戦が行われていない。日本ボクシングコミッション(JBC)によると、昨年ヘビー級で登録した選手はわずかに2人。12月の日本協会理事会で承認されれば、JBCにタイトル復活を働き掛ける。

 活性化するといっても、体の大きな人をスカウトするわけでもなく、現状の通りだったら、タイトルを復活させたところで、昔の二の舞になるだけ。相撲なんかだと相撲経験がなくても、体が大きい子をスカウトしにいくけれど、ボクシングは基本的にアマチュアボクサー以外はスカウトすることなんかないし、本当に活性化するつもりなら、相撲のスカウトと同じようことぐらいやらないと。入門希望者が来るのを待っているようではダメ。
 K-1とかに選手を引き抜かれているのだから、抜き返すぐらいの気持ちがないと。とは言え、コング斉藤のような紛い物では困るし、オケロ・ピーターの日本のジム所属選手のヘビー級タイトル初挑戦が全く話題にならなかったことからもわかるように、安易な輸入ボクサー頼みは活性化にはならないし。
 現在の中量級以上で、日本、東洋で無敵であっても、世界挑戦ができない状況を考えると、ヘビー級を作っても世界に挑めるような状態を作ることは難しい。かけ声だけに終わりそうだ。

[PR]

クライトン逝去

『ジュラシック・パーク』原作者マイケル・クライトン死去
『ジュラシック・パーク』シリーズや『タイムライン』などの原作で知られるベストセラー作家マイケル・クライトンさんが4日(火)、ロサンゼルスで死去した。享年66。遺族によると、人知れずがんと闘っていたという。
遺族は「マイケルは、著作を通じてすべての世代にひらめきを与え、様々な分野の科学者に挑戦し、世の中の不思議な事象をわかりやすく明らかにしてくれました」とコメントしている。
 クライトンさんは『アンドロメダ…』、『大列車強盗』、『スフィア』、『13ウォーリアーズ』などの原作を手がけたほか製作、監督を務めた作品も多い。『ツイスター』では製作と脚本を、テレビドラマ「ER 緊急救命室」では企画と製作総指揮を担当した。

医学博士号を取得しているためか、科学的なテーマを扱った作品が多かったが、決して難解にならずに、良質のエンターテインメントになっているのが凄いと思う。
 クライトンの名前がついた恐竜がいる。添付画像がその恐竜で「Crichtonsaurus」という。クライトンの公式サイトに行くとトップページに誇らしげに、Crichtonsaurusの骨格の画像が貼ってあった。冥福を祈りたい。a0020280_1057811.jpg

[PR]

「大毅いよいよ復帰戦!心も体も大人になった」って毛が生えたのか

大毅いよいよ復帰戦!心も体も大人になった
6日にアンヘル・レサゴ(23)=メキシコ=を相手に1年ぶりの復帰戦(デイリースポーツ後援・後楽園ホール)に臨む亀田大毅(19)=亀田=が4日、東京・葛飾の亀田ジムで練習を打ち上げた。復帰戦に向けて、世界ランカーでもある3人の元日本、東洋太平洋王者らとスパーリングを敢行。強豪を相手にレベルアップし、精神的にも成長した大毅が世界へ向けて再スタートを切る。

  ◇  ◇

 昨年10月11日の内藤大助戦での反則行為によって下された1年間のライセンス停止処分が明け、約1年ぶりの復帰戦を2日後に控えた大毅は冷静な口調で言い切った。「今は何を言っても仕方がない。リングの上で結果を出すだけ。この一年間の思いをぶつけます」。最終調整に入り、この日はジムで軽く汗を流して練習を打ち上げた。

 ボクシングのレベルが飛躍的にアップした。今試合に向けて豪華なスパーリング相手と拳を交えた。元東洋太平洋ライトフライ級王者の山口真吾(渡嘉敷)と升田貴久(三迫)、そして元日本フライ級王者・吉田拳畤(笹崎)。3選手は現役世界ランカーでもある。

 これまで他のジムと交流がなかったため、パートナーのほとんどが海外の選手だった。だが8月に亀田ジムが設立され、ジムの方針として「他ジムとの交流」を掲げ、近隣ジムと積極的に交流を持ってきた。その結果、世界ランカーとのスパーリングが実現した。

 3選手とは日を分けて、10月下旬に集中的にスパーリングを行った。ラウンド数は計20ラウンド程度だったが、量より質、中身の濃いものだった。大毅は体力的に一歩も引かず、スパーリングを見守った渡嘉敷勝男会長も思わず感嘆の声を上げたほどの内容だった。

 これまで交流のなかった他ジムのトップ選手とともに汗を流し、精神的にも成長した。礼儀をわきまえ、きっちり頭を下げてあいさつをしてきた。「この一年間してきたことすべてが勉強だった。支えてくれた人たちのためにも勝ちます」と生まれ変わった“浪速の弁慶”が言葉に力を込めた。

 「心も体も大人になった」って、ようやく毛が生えたのか。それとも初めての精通があったのか。
当たり前のことを、さも凄いことをやっているかのように書く御用記者の木村直樹の筆は今日も冴え渡るのであった。まあ、今回は一年間のブランク明けということで、噛ませ相手でも大目に見よう。だが、2戦目からはそれなりの相手とやらないとダメだが、まあ、やらないでしょう。
 宇宙一を豪語する自慢の強打が不発で判定勝ちに終わると、デイリーは大人の試合運びなんて書くのだろうな。
 三人の世界ランカーとスパーリングしたからといって、世界ランカーと同格であるかのような書き方は詐欺だよね。スパーリングなんてあくまでも練習だもの。世界ランカーと互角に渡り合ったと言い張るのなら、画像とかを添付しろって言いたいね。取材しているのだからそれくらいは可能だろうし、そういった写真が掲載されたなら、亀田陣営としてもいい宣伝になると思うけどなあ。まあ、それが出来ないのだから、やはり嘘に近いのだろうね。昔から亀田はスパーリングでも、勝ったとか、圧倒したとか、ボコボコにしたとか言ってきたし、デイリーもそのように報じてきたけど、それは出鱈目だということが分かっちゃっているし、ミハレスとのスパーリングなんかでは、確かミハレスを圧倒したなんて報じていたけど、YouTubeに揚げられたスパーリングの動画を見ると、もう大人と子どもだった。まさか異国の地でのスパーリングの様子がネットで流れるなんて思いも寄らなかったのだろう。
 そのミハレスもダルチニアンとの王座統一戦で惨敗してしまった。安定王者と思っていたから意外な結果だったが、これも亀田の呪いだろうか。ダルチニアンはドナイエに負けて、WBOフライ級王座から落ち、階級を上げたわけだが、多分興毅は階級が違って安堵していることだろう。
とはいっても興毅の目標は3階級制覇なわけだから、やらなければならないかもしれない。いっそのこと、フライ級は後回しにして、スーパーフライを取りに行ってはどうか。「親友のミハレス(本当に友達かどうかは知らないが)の仇は俺が取る」とか言って。3階級といっても、パッキャオみたいな取り方もできるわけだから。まあダルチニアンでは怖くてやらないだろうけど。

[PR]

,