<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ご苦労様

<名鉄>パノラマカー前倒しで引退 12月のダイヤ改正
名古屋鉄道は30日、12月27日実施のダイヤ改正で「パノラマカー」として親しまれてきた7000系車両と、1000系車両(パノラマスーパー)を通常運行から外すと発表した。09年度中に引退する予定だったが、維持費の軽減などから前倒しした。
 ただ、引退を惜しむファンの声もあり、7000系2両のうち1両の前頭部を61年のデビュー当時に復元したうえで、今年度内に愛知県岡崎市内の舞木検査場に保存する。当面はイベントなどで運行することを検討している。
 パノラマカーは日本初の前面展望を持つ車両で、鮮やかな赤の車体や駅到着時に鳴らす警笛が特徴。最も多い時は116両が活躍した。現在3編成(1編成4両)が名古屋本線などで運行している。
 ダイヤ改正では日中に名鉄名古屋駅に停車する特急を毎時5本から3本増やすなど、主に特急の運行系統を再編。特急、快速特急、ミュースカイ合わせ、平日で32本、土休日で43本増やし、各地から名古屋への利便性を高めた。【米川直己

名鉄のシンボルといった電車だったので、引退は残念。ミュージックホーンのメロディーに「どけよ、どけよ、殺すぞ」なんて物騒な歌詞をつけて歌ったりした。名古屋市内の人は違うかも知れないが、田舎の子どもにはパノラマカーに乗ったということは一種のステータスだった。
 ありがとう、ご苦労様、パノラマカー

[PR]

えっ、人の所為

興毅ショック…次戦中止
ボクシングのWBA世界フライ級2位・亀田興毅(21)=亀田=の、WBA同級次期世界挑戦者決定戦が中止となったことが27日、分かった。当初、11月1日に米カリフォルニア州で、同級7位ヘアン・ピエロ・ペレス(ベネズエラ)と対戦する予定だったが、ペレスがビザの関係で渡米できず中止となった。
 興毅はすでに減量を開始しており、出場への意欲を見せていた。今週中に渡米を予定していただけに、関係者によると大きなショックを受けているという。年末に計画していたWBC王者・内藤大助(宮田)とのタイトル戦は、すでに交渉が決裂しており、今後に関してはまったくの白紙となった。

さすがはデイリー、亀田ジムの機関紙。対戦予定だったペレスの所為になっています。「すでに減量を開始しており」って当たり前でしょう。試合まで何日あると思っているんだ。本当に試合をやるつもりなら、当然のことでしょう。試合直前というのにテレビのバラエティ番組の収録に行ったりしていて、まあやる気はハナからなかったのでしょう。しかし、こいつの試合って、中止になったり、延期になったり、直前になって対戦相手が変更になったりして、まともに行われることが少ないね。
 メキシコデビュー戦の当初の相手のストイコも、ビザが取得できずと発表されたが、実際にはフィリピンのコミッションがサスペンデッドをかけたのだったし、ビザを取得できないというのは、本人に犯罪歴などがある場合を除けば、プロモーターの怠慢になると思うけれど。
 
 ジョー小泉氏が自らのサイトで、今回の亀田の問題についての自らの関与を否定している。たしかに全てに小泉氏が関与していることはないと思う。ただ、某写真週刊誌が亀田陣営に出した質問状を手にして、亀田側の代理として登場したりすれば、だれもが小泉氏は亀田陣営の一員なんだと思うだろうし、こういった噂が立つのも自業自得だと思う。
 あまり優秀なスタッフがいるとは思えない亀田陣営が、生き馬の目を抜くようなボクシング界で、数々の画策ができるというのは、ボクシング界の表にも裏にも精通したブレーンがいるのは間違いない事実なのだ。
 小泉氏はサイトで「やりたくないものはやらない」と書いている。だったら亀田に関与することは、やりたかったことなのだろうか。自らを「ボクシングに取り憑かれた男」と称する氏の愛するボクシングがハンマーでぶち壊されていくことを容認するつもりののだろうか。

[PR]

また逃犬ぶりを発揮、どこまで逃げるの

興毅の米国デビューが電撃決定した。関係者によると、23日午前に
メキシコのプロモーターとの契約が成立。WBA、WBC世界
Sフライ級王者クリスチャン・ミハレス(メキシコ)-IBF世界
同級王者ビック・ダルチニヤン(オーストラリア)のセミファイナル
のリングに上がる。
対戦相手のペレスは、世界同級7位で13勝(9KO)3敗の右ボクサー
ファイターだ。舞台となるホーム・デポ・センターは、今年5月に
デラホーヤ(米国)が、フォーブス(米国)と対戦した場所で、2万人
収容の大会場。試合当日は全米にテレビ放映される予定で、世界へ
向けて絶好のアピールの場となる。
8月下旬にメキシコのプロモーターからオファーを受けた。亀田陣営は、
内藤が持つWBC王座に照準を絞っていたため断った。だが、事態は
10月に入って急転した。年末の対戦に向けて行ってきた内藤陣営との
交渉が10月10日に決裂。これを受け、メキシコのプロモーターが再度
亀田陣営にオファーを出し、正式に契約が成立した。
現在、興毅はWBAフライ級1位にランクされており、11・1の試合に
勝てば12月に5度目の防衛戦を行う坂田のV6戦の挑戦者となれる。挑戦権を獲得した後のプランは、そのままダイレクトでの挑戦、もしくは
ノンタイトル戦をはさんでからの挑戦という選択となる。
もっとも、今回の試合は大きなリスクも背負っている。電撃決定だった
ため、この日までに消化したスパーリングは20ラウンドにも満たない。
それでも、興毅は「当たって砕けろの気持ちでいく」と決意を口にした。
週明けにも決戦の地・米国に旅立つ。

「へアン・ピエロ・ペレス」
1981年3月7日、ベネズエラ出身。04年4月プロデビュー。
08年8月にWBAフライ級7位ジョン・モリナ(コロンビア)を判定で下し、
世界ランクイン。16戦13勝(9KO)3敗。右ボクサーファイター。


 24日に亀田ジム機関紙であるところのデイリースポーツが紙面のみで伝えた記事。正式に契約したはずの試合が中止になった模様。現地指定の病院での健康診断書などの必要書類が揃っていなかったのでコミッションの許可がおりなかったとのこと。
 無知なのか、やる気がなかったのいか。たぶんやる気がなかったのだと思う。暫定王座決定戦でない以上、亀田側には米国デビューという話題作り以外にはメリットがない試合。ましてや相手は正真正銘の世界ランカーとなれば、従来の手法は使えない可能性もあり、負ける可能性もある。負ければ、亀田株は大暴落し、内藤だ、坂田だとは言っていられなくなる。まあ、浪速の逃犬の考えそうなことだが。
 ところで、以前にデイリーが報じていた「11月にラスベガス進出が正式決定」というのはどこにいってしまったんだろう。デイリーは正式という言葉の意味をよーく考えるべき。
 

[PR]

やはり辞めるべき

辰吉が5年ぶり復帰戦飾る バンコクでTKO勝ち
バンコク26日共同】元世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級チャンピオンの辰吉丈一郎(38)が26日、バンコクで5年ぶりの復帰戦を行い、勝利した。ノンタイトル10回戦で、タイ国内ランカーのパランチャイ・チュワタナに2回TKO勝ち。辰吉は網膜☆離で所属ジムから引退勧告を受けている上、先月には特例でのボクサーライセンス申請期限も切れ、国内では試合ができなくなっている。

(注)☆は刈のメが緑の旧字体のツク

YouTubeで動画を見た。一生懸命過去の辰吉丈一郎の動きを模倣しようとしていたが、衰えが著しくだめだった。パンチにスピードがなく、手打ち、膝にバネがないので、強いパンチも打てない。最初に発表された東洋ランカーから対戦相手が変更されて正解。とても東洋ランカーの相手にはならない。ボクサーとしてはすでに壊れているのに、人間として壊れてしまったらどうするのか。本人はリングの上で本望と思っているのかもしれないが、家族や周囲の人間はどうなる。ボクシング界への影響をどう考える。もう、辰吉丈一郎は十分にやったと思う。記録にも記憶にも残る名王者だったと思うし、紛れもない天才ボクサーだったと思う。だからもう、グローブを壁に飾って欲しいのだ。

[PR]

興毅世界戦、白紙・・・

内藤−亀田興戦の交渉決裂=防衛戦で折り合わず−ボクシング
プロボクシングの亀田興毅(亀田)が所属する「亀田プロモーション」社長で同選手の父、史郎氏は11日、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級チャンピオンの内藤大助(宮田)と亀田興のタイトルマッチに向けた交渉が決裂したことを明らかにした。
 史郎氏によると、試合は12月23日に東京都内で行う方向で交渉していたが、亀田興が勝った場合の防衛戦2試合の興行権を持つ内藤陣営の宮田博行会長と思惑が一致しなかった。史郎氏は「決裂した。話にならない」としている。宮田会長はコメントしていない。 
 史郎氏は「宮田会長は興毅の防衛戦を海外でやらせようということらしい。相手も向こうが決めるという。それは受け入れられない」と語った。
 亀田興は世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級に続く2階級制覇を目指して内藤に挑戦する意向だったが、現時点では難しくなった。史郎氏は「いつでも動けるよう練習を続ける。海外でも試合をしながら世界戦のチャンスを待つ」と話した。(了)
(2008/10/11-20:24)

 噂では『ギャラ2億円、オプションなし、チケット売り上げ半分、TV放映権料8割 試合のビデオ権利は亀田、グローブなどの試合条件も亀田、経費は宮田 』という条件を要求しているとのこと。本当なら全く持って非常識。確実なのはオプションなしというところ。指名試合を除き、チャンピオン側が2つのオプション(興行権)を握るのは、ボクシング界の常識。これはジム制度みたいな日本だけのことではなく、世界的な常識。ポンサクレック陣営からのオプション買い取りのために、内藤ー大毅の内藤のファイトマネーが抑えられたのは有名な話。もはやあの人は今状態なのに、亀田の名前で商売が出来ると信じている陣営、日本ボクシング界が異常。
 大毅の復帰戦 前売りチケット完売
ボクシング、亀田大毅(亀田)の復帰戦(デイリースポーツ後援11月6日、後楽園ホール)の前売りチケットが10日、完売した。当日券は1万円、5000円、3000円各10枚のみ。昨年10月11日の世界戦で反則行為を繰り返し1年間のライセンス停止処分を受けた大毅は、11日に処分が解ける。現在はスパーリングを中心としたメニューで調整している。
 プレイガイドでは完売らしいが、元々どれぐらいのチケットがプレイガイドに回されたかわからないし、噂では亀プロが引き受けたのでないかと。主催はワタナベジムだしね。
 亀田和毅 11・12メキシコでプロデビュー
ボクシングの亀田家の三男・和毅(ともき)(17)が、11月12日にメキシコでプロデビューすることが8日、明らかになった。対戦相手は未定で、バンタム級4回戦で試合を行う。和毅はこの日、調整のため成田発の航空機でメキシコに出発。亀田家の“最終兵器”が、ボクシングの本場メキシコでプロとして第一歩を踏み出す。
 ◇  ◇
 亀田家の“最終兵器”がいよいよプロのリングに上がる。和毅は11月12日、メキシコシティーでプロのキャリアをスタートさせる。対戦相手は現在調整中で、4回戦デビューとなる。当初、日本でのデビューの計画があったが、修行を兼ねてあえてアウェーでのデビューを選択した。
 今年7月12日にプロライセンス取得が可能な17歳の誕生日を迎えた。だが父・史郎氏(43)はすぐにプロデビューさせず、アマチュアでキャリアを積ませる意向を示していた。また興毅と大毅は6回戦でのデビューだったが、和毅は4回戦からしっかりとキャリアを積ませる方針だ。
 メキシコは、プロテストのシステムがなく、マネジャーにプロとしての実力が認められればプロのリングに上がることができる。和毅は現在、日本のプロライセンスを取得しておらず、デビュー戦は亀田ジム所属ではなく、フリーの選手として現地のマネジャーと契約する。
 デビュー戦以降、日本で試合をする場合は、亀田ジム所属選手として日本ボクシングコミッション(JBC)にプロライセンス発行の手続きを行う。JBCによると、C級(4回戦)ライセンスならば、和毅のアマチュアの実績が考慮され、プロテストは免除されるという。
 デビュー戦に備えて和毅はこの日、メキシコに向けて出発。現地のジムでスパーリングを行い調整する方針だ。「プロとしてリングに上がるのはやっぱりうれしい。メキシコでのデビュー戦もうれしい。とにかく自分の力を出し切れるように頑張るだけ」と自身に言い聞かせるように意気込みを口にした。

 ますます昔のプロレスじみてきましたね。海外武者修行→凱旋帰国と言うパターンですね。
和毅に関する情報は亀プロかデイリーからの大本営発表で、たぶん噛ませ相手に10連勝ぐらいして、仕上げにローカルタイトルを奪取して凱旋帰国という筋書きになっていると思われる。兄貴たちのように日本で噛ませ相手にキャリアを積むことが出来なくなっているための窮余の策か。
 JBCがプロテストの免除を示唆したというが、あの程度の実績でプロテストが免除になるのか。
JBCのルールでは「アマで公式戦5勝以上挙げているものはC級テストは免除される」とあるが、
和毅の試合は公式戦と呼べるものなのだろうか。

[PR]

,