<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

キラー・トアー・カマタ死去

流血大王キラー・トーア・カマタさん死去
全日本などで活躍したキラー・トーア・カマタさんが23日に心臓発作で、カナダ・サスカチュワン州サスカトゥーンでなくなっていたことが27日、分かった。70歳だった。カナダのカルガリー地区で活躍し、1975年(昭和50)5月に国際プロレスに初来日。初戦でラッシャー木村のIWA世界王座に金網デスマッチで挑戦するなど、木村のライバルとして活躍した。78年5月には全日本に参戦。同6月1日にジャイアント馬場(故人)からPWFヘビー級王座を奪い、ファンを驚かせた。その後も「流血大王」の異名を取ったラフファイトで、ジャンボ鶴田(故人)、アブドーラ・ザ・ブッチャー、ザ・デストロイヤーらと死闘を繰り広げ、悪役外国人選手として恐れられた。
 亀田について書こうかと思ったけれど、あんな糞面白くもない試合については何も書く気が起こらない。どちらが坂田とやることになっても、まともな試合であれば坂田の完勝だろう。
 国際プロレス、全日本プロレスでヒールとして活躍したキラー・トーア・カマタが亡くなったそうだ。流血大王の異名を持ち、ラッシャー木村やジャイアント馬場と死闘を繰り広げ、全日本プロレスでは反則勝ちながらジャイアント馬場からPWF王座を奪取するという金星をあげた。人気絶頂だったビル・ロビンソンに馬場が負けないでPWF王座を譲るための繋ぎ役を担ったと思われる。
 体型、ファイトスタイルなどアブドーラ・ザ・ブッチャーとだぶるものがあり、強烈な個性を持つブッチャーと比べると地味な感は否めず、以後はメインイベンターというより、中堅外人の地位に安住してしまった。
 日系人を自称していたが、実際にはポリネシアンだった。馬場の著作によると趣味が手芸となっていて、流血大王の異名に全くあわない趣味に唖然とした覚えがある。

[PR]

チキン

坂田とやったる!“舌好調”興毅「移籍すればええ」
 タイは地元びいきの判定をするって、あんた地元びいきの判定のおかげで世界チャンピオンになれたんじゃないか。何が日本は公平やちゃんちゃらおかしい。自慢の強打とやらでポンサクレックをKOしてしまえば、地元びいきの判定も糞もないんだけどなあ。結局はチキンなだけ。
 

[PR]

これでも記事

アッコねえさん 羽賀復帰に“ダメ出し”
 別に羽賀が芸能界に復帰しようがしまいが関係ないんだけど、芸能界で何か事件があると、このニッポン放送「アッコのいいかげんに1000回」の和田のコメントを引っ張ってきて記事を書いている記者、ラジオ番組なんかネタもとにしないで、自分の足で取材しろよな。こんなもの素人がブログ書いているのとちっとも変わらない。

[PR]

内藤、テレビ中継決まった-MXで生中継

内藤、テレビ中継決まった-MXで生中継
 ファン150人からの130万円のカンパに加え、ドンキホーテなど数社のスポンサーがつき、加えて東京ローカルのMXテレビでの放送も決定。いやー言ってみるもんですねえ。それでもタイトルマッチを挙行できるだけの費用が集まったというだけで、興行収入なんて雀の涙でしょう。同じ手が再び通じるとは思わないが、これも黒い繋がりを排除する過程起きたことだから、JBCは何らかの方策をとらなければならないだろう。
 まあ、内藤にはがんばれと言うしかない。過去ポンサクレックに2戦2敗だが、先日王座統一を果たしたWBA王者坂田健史だってロレンソ・パーラに2敗した後の戴冠だったわけだから、可能性がないではない。
 内藤が勝つと、俄然面白い展開になる。金平は統一戦を申し込むなんて言っているし。日本人とは対戦しない亀田の去就は如何に。噂ではWBA、WBC以外の王座を狙うと言う話もあるけれど。JBCはAとC以外は認めていないんだけどなあ。IBFがダルチニアンで、WBOがナルバエスでしょう。とても亀田には勝ち目がない。となるとマイナーなWBFとかWBUとかに挑むのだろうか。
 まあ、いずれにしても MXテレビでは見ることはできないのだが、岐阜放送あたり中継してくれないかな。
 追記
 なんとWBO王者のダルチニアンがフィリピンのノニト・ドナイレに5RKO負けの番狂わせ。亀田君あなたの好きなアジア圏の王者ですよ。
 亀ブログで同門対決をぶちあげているが、どうせゴーストが書いているのだからスルー

[PR]

,