<   2006年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今からでも遅くない、他の格闘技に行けば

亀田のパンチ力の原点 19歳の新チャンプ
 WBA世界ライトフライ級王者の亀田興毅(19=協栄)の父史郎氏(41)は当初、亀田の将来をボクシングに限定していなかった。「格闘技でな、メシを食えるようになればとは思ってたんや」。幼いころはいつも史郎氏のそばにいて、いじめられて泣き虫だった亀田。「戦うことを怖がったら、あかんねん」と史郎氏に近所にあった空手の道場に連れていかれた。まだ4歳の時だった。
 亀田を道場で指導した本部派糸東流国場会宗家の国場幸介氏(47)によれば、空手の指導は、まず手の握り方から始まり、次に「突き」に進む。始めたばかりの亀田は不器用だった。正しい突き方は、拳を正面に突き出す時、標的に当たるギリギリで手首を返す。亀田は手首を返すのが早すぎて威力が半減していた。だが1カ月間のけいこでクセを修正した。
 国場氏「興毅は努力を努力と思わない才能を持っていた。普通の子ならすぐにあきらめたり、上手になって一定の強さになると、中だるみというか手を抜いたりする。でも興毅に、そんな雰囲気はまったくなかった。強くなりたい気持ちが強かったんでしょうね」。
 5歳の時に、幼稚園でいじめられていたガキ大将を一撃で泣かせて自分の非凡な才能、パンチの強さを知った。史郎氏の目の色も変わった。「オレもやりだしたら、しつこいからな」。道場から家に帰ってからも反復練習。突き、蹴り100本を終わって、風呂に入るのが日課だった。家での練習の方が多くなった。休みの日でも、史郎氏を相手に突きと蹴りを繰り返した。
 世界ジュニア選手権を制し、空手で世界王者になった。努力の結実は、亀田に大きな自信を与えた。グリーンツダジムには11歳から通い始めたが、空手も14歳まで続けた。空手がボクシングに役立つことを実感していたからだった。
 国場氏「ボクシングより空手の突きの方が素手の分だけスピードが速い。スピードに対する反応も良くなるし、ボクシングでいえばカウンターに役立っているのは間違いない」。
 亀田は昨年から、左拳の痛みにずっと耐えながら練習、試合を行ってきた。真剣に手術を検討したこともある。「パンチの強さに拳がついてけえへん。職業病なんや」と史郎氏は説明した。パンチ力の原点は空手、そして強くなるための努力があった。
[2006年8月6日8時43分 日刊スポーツ紙面から]

 批判的な記事が多い一般紙と違って、これからも亀田で食っていかないといけないスポーツ紙は懸命に擁護をしている。
 この記事の肝は『亀田は昨年から、左拳の痛みにずっと耐えながら練習、試合を行ってきた。真剣に手術を検討したこともある。「パンチの強さに拳がついてけえへん。職業病なんや」と史郎氏は説明した。』の部分。まっ、言い訳ですな。減量苦といい、言い訳ばかりでなんか女々しいなあ。
 減量苦といっても、10数キロ減量した、ファイティング原田やガッツ石松のように、水洗トイレの便器の中の水を手ですくって飲む誘惑に駆られるようなことはない(演出とはいえハンバーガーをパクつけるのだから)だろうし、同じ協栄ジムの大先輩でカミソリパンチといわれた海老原博幸(協栄ジムはこの人と先代の金平正紀との出会いから始まった)のように、あまりの切れすぎるパンチに拳がついていけず、7度の骨折を繰り返したというようなこともないだろう。
 亀田のことを強打者と持ち上げることが多いが、パンチが切れて倒したというよりも、相手の戦意喪失によるものが多いし、ランダエタ戦ではビッグパンチを入れても、ランダエタをぐらつかせることすらできなかったのだから、実際にはそれほどパンチがある選手ではない。
 空手を習い始めた後に、幼稚園でいじめられていたガキ大将を一撃で泣かせたという点は、大いに問題だと思うが。空手の技を喧嘩に用いることは絶対にしてはならないことで、子供とはいえそのあたりのことは、指導者や親なりがちゃんと指導しなければいけないことである。それをさも武勇伝のように書くのは問題ありだ。まあ、あの親父のことだから、逆にけしかけたということは十分想像できるけれどね。
 ボクシングでなくても格闘技でメシが食えれば良いのなら今からでも遅くない。ボクシング界から引退して、TBSに頼んでK-1の軽量級でも作ってもらって、そこのチャンピオンとして君臨すればいい。K-1ならば、色々な演出をしても、ボクシングほど叩かれないし、そのほうが亀田のためだ。

[PR]

可哀相なテレビピエロ

亀田父が反撃、バッシング歓迎「もっと言うて」
  バッシングも大歓迎や!! 2日にWBA世界ライトフライ級新チャンピオンについた亀田興毅(19)=協栄=の父・史郎さん(41)が4日、都内でスポーツ報知の独占取材に応じ、試合後初めて胸中を激白した。判定を巡り日本中でバッシングの嵐が巻き起こっているが、史郎さんは「言いたければ言うたらええ」と批判の矢をすべて受け止める覚悟。猛烈な逆風をパワーに変え、次戦で本物の力を見せることを約束した。
 日本中で吹き荒れる亀田バッシング。嵐のような批判の渦中で、沈黙を守っていた史郎さんがついに本心を吐露した。
「言いたければ言うたらええやんか。これでくじけるような興毅やないし、オレでもない。もっと言うてくれたらうれしいわ。応援される時は負けた時や。嫌われるいうことは勝ったからなんや」
 41年間の人生のすべてをかけた長男・興毅の世界戦。2―1の判定勝利で夢の頂点に立ち、リングで号泣した。ところが、感激もつかの間、一夜明けた3日には判定への批判が日本中で噴出。試合を中継したTBSに5万5000件を超える抗議が殺到し、ワイドショー、ニュース番組がトップで取り上げるなど社会問題化した。だが、強烈な逆風も史郎さんは正々堂々と受け止めた。
 「判定は本人が決めたんやないからな。WBAの公平なジャッジがつけたもんなんや。いろいろな考え方、見方があるから2―1になったんやろ。オレの採点でもわずか2ポイント差で興毅や。採点競技ならどんなスポーツでも微妙な判定はある。判定は視聴者が決めるもんやないんや」
 ボクシングは3人のジャッジが決める採点競技。それだけに接戦では微妙な判定がついて回る。今回の試合も、採点競技における常識の枠内だと強調する。
 「1回にダウンを取られて、そこから11回も立ち直ったのはあいつの精神力。ランダエタも倒せる場面はあったよ。そやけど倒せんかったわけや。お互いにKOできんかったわけやから、興毅だけが情けない言うたらあかん。立派なチャンピオンや」
 元世界王者を始め評論家らこれまで亀田家に拍手を送っていた数多くの大人が、一斉に手のひらを返すように非難の声を上げている。
 「世界王者になったんやで。『ようやった』の一言ぐらい言うてもええんちゃうの。それを揚げ足を取るような大人がおるから今の子供たちはひねてまうねん。特にボクシング関係者が公平なジャッジになんやかんや言うのは理解できへん。自分がボクシングで築いた歴史にツバするようなもんやないか」
 兄弟3人を史郎さんは父として体を張って守ってきた。今回も批判の矢はすべて自分が受け止める覚悟だ。
 「今後の興毅の試合は白紙。ただ、今のウエートでいいんかないう思いはある」
 次戦への結論は20日の二男・大毅(17)の試合が終わった後に話し合う。興毅は世界戦から5日後の7日に異例とも言える早さで練習を再開。「すべてはリング」―。それが亀田親子のバッシングへの答えだ。
 亀田3兄弟
(2006年8月5日06時02分 スポーツ報知)

 もし亀田興毅が判定負けの裁定が下っていても、この親父は公正なジャッジといえるのだろうか。対戦相手を恫喝するような親父のことだ。リング上での乱闘騒動になっていたに違いない。
 リング上で号泣しての陳腐な家族ドラマなど展開せずに、「この内容では俺自身納得がいかない。すぐにでもランダエタと再戦したい。次は絶対KOで勝つ」なんて叫べば、TBSに6万通を超える抗議が届くことはなかったと思うけれど。多分誰かがシナリオを書いていると思うんだけれど、本当にテレビのピエロだよね。
 ここ数日はしおらしくしていた方が良いと思うけれど、まあ無理だわな。
 追記
 しおらしくどころか、テレビ番組に出まくり状態で、やはりテレビピエロ。大きな顔で出演する亀田も、これだけ批判を浴びても出演させるTBSも、両者とも厚顔無恥。
亀田の顔がテレビに映ったとたんに、チャンネルを変える俺。

[PR]

浪速の逃拳

<亀田興毅>防衛せずに王座返上?協栄の金平会長が示唆
 昨日のブログに王座を返上するのではと書いたが、さっそくこの様な報道が。防衛戦もせずに王座を返上するのであれば、最初から王座決定戦に出場するべきではない。OPBF王座の場合は、世界挑戦への過程として返上もやむなしと言った面(世界挑戦の際には返上しなければならないルールがある)もないではないが、どういった形であれ世界チャンピオンの座に就いたわけだから、防衛戦を行うことがチャンピオンとしての義務である。
もし、王座返上をするようならば、王座決定戦自体を無効にして、亀田の王座獲得をなかったことにする様な措置が、可能ならば必要であろう。
 指名試合ならば、ランダエタとの再戦の可能性が高い。再戦すれば負ける可能性が高いから返上してしまえというのであれば、亀田はまさに浪速の 拳そのものである。

[PR]

具志堅超えならず

<亀田興毅>平均視聴率は42.4% ボクシング史上2番目
 いままでに、ファイティング原田、輪島功一、具志堅用高、マイク・タイソン、ディープインパクト(笑)といった、名選手、名馬(笑)を超えてきた亀田興毅だが、具志堅ーリオスの平均視聴率43.2%を超えることは出来なかったようだ。亀田、具志堅超えならずといったところか。従来の世界タイトルマッチのように試合のみを中継していれば、たぶん
超えることは出来たのだろう。ゴング前の前振りがいかんせん長すぎる。民放はスポーツ中継をバラエティのような形で制作することがほとんどだが、本来のスポーツ中継の形に戻した方が良いと思うのは私だけだろうか。

[PR]

後味の悪いタイトルマッチ

<亀田興毅>フアン・ランダエタに判定勝ち 新王者に
 現在のボクシングの採点はマストラウンド方式という方式で実施されている。イーブンはつけず、必ずどちらかに振り分けるというやり方である。昔だとイーブンをつけていたラウンドにも10-9をつけるので、意外な判定になることがある。亀田の勝ちにしたジャッジは、亀田の単発の大きなパンチを評価したということだろうし、ランダエタの勝ちにしたジャッジはランダエタの細かいパンチを評価したということだろう。いずれにしても、ランダエタ側からのWBAへの提訴は必ず行われるだろうし、WBAからの再戦の指示は避けられないだろう。
 結局、楽な相手とばかり戦ってきたツケが回ってきた感じだ。判定は亀田に上がったが終始主導権を握っていたのは、ランダエタのほうだし、ダウンももらい、パンチも効かされたのは亀田の方だった。ハードパンチャーのはずの亀田のパンチは、最軽量ミニマム級上がりのランダエタをぐらつかせることすら出来なかった。
 初防衛戦はランダエタとの再戦になると思うが、今のままでは勝てる可能性は低いだろう。それともランダエタの実力に恐れをなして、このタイトルもOPBFのタイトルと同じように返上するのだろうか。
 サンスポのサイトの「亀田興毅が疑惑の判定で世界タイトル獲得」という見出しには笑った。思わず本音が出てしまったという感じ。その後訂正されたようだが。まあ、協栄ジムなり、TBSなりが不正行為」を働いたという明確な証拠はないので、「疑惑」というのは少しやりすぎの気がしないでもないが。
 いずれにしても、非情に後味の悪い世界タイトルマッチではありました。 
この記事をよく読むとランダエタはWBAに抗議する気はないとのこと。なぜかなあ。明らかに判定を盗まれていると思うのだが。
劣勢明らか あきれた亀田王座判定
 情けない。久しぶりにこれほどの「ホームタウン・デシジョン」(地元判定)を見た。残念ながらホープ亀田の勝利を素直には喜べない。
 誰もが完敗と思った試合展開だった。1回、ランダエタの右フックを浴び、亀田は痛烈なダウンを喫した。スタートから動きが硬く、ペースを握れないまま機先を制せられ、序盤がすぎた。
 中盤以降、亀田も打ち合う姿勢を見せたが、決定打はない。10回以降はほぼ一方的に攻め込まれた。最も不可思議なのが最終12回の採点。何とジャッジの1人が亀田の10—9としている。逆の採点で当然だったが、それなら引き分けとなる。首をひねらざるを得ない。
 規格外の男の世界王座獲得は多くの問題点を残した。まず、この判定をファンが喜んで受け入れるだろうか。あきれたファンも多いはずだ。
 ボクシング人気は1980年代から低下してきたが、理由の一つが「地元判定」だった。業界は襟を正して再生に取り組み、おかしな判定は減少傾向にあったのに…。
 亀田の将来を考えると敗戦を味わい、悔しさを「良き糧」にした方がよかったのではないか。どう”汚名返上”するのか。(津江)
 ▽最後まで安いドラマだった
 漫画家やくみつるさんの話 亀田選手は押されていて、負け試合だと思った。ホームアドバンテージで勝ったのだから、試合後は少し口をつぐんでいろと言いたい。若いのに口の利き方を知らない亀田選手を正当化されてたまるかと思い、相手選手を応援したが、決定打が足りなかったのだろうか。泣きながら父親にチャンピオンベルトを巻くシーンなど、最後まで安いドラマを見せられた感じがする。礼儀を知らない選手を受け入れる世間の風潮にも問題があると思う。
 ▽親子の力が見えた気がする
 ノンフィクション作家長田渚左さんの話 踏ん張って踏ん張って前に出て、ベルトをつかんだのは亀田選手らしい。ひ弱な選手だったら、第一ラウンドのダウンで立ち直れなかった。親子のきずなが薄くなっているこの時代に、親子の力が見えたような気がする。ほえたり、ビッグマウス(大口たたき)だったりするのは亀田選手のポーズで、実は猛烈に練習し、がむしゃらに生きてきた。今日のファイトは大勢のファンの前で、強いよろいを着けるというより、本来の優しい少年に戻っていた。(中国新聞)

<亀田興毅>立ち上がりにダウン喫した「浪速乃闘拳」
 立ち上がりにダウンを喫した「浪速乃闘拳」が、粘りに粘って世界タイトルを手にした。2日、横浜市の横浜アリーナで行われたプロボクシングWBAライトフライ級王座決定戦で、判定勝ちした亀田興毅選手(協栄ジム)。強気のパフォーマンスで話題を振りまいてきた人気者のファイトに会場は大きな盛り上がりを見せたが、ジャッジの判定は、2対1と割れた。相手のフアン・ランダエタ選手(ベネズエラ)が有利にも見えたことから、疑問の声を上げるファンや専門家もいた。
 テレビで観戦した元WBC世界ライト級チャンピオンのガッツ石松さんは開口一番に「まいったね。なんでこの人が勝ちなの」と判定に不満を示した。ガッツさんの判定では、ランダエタが7ポイントもリードしていたという。
 そのうえでガッツさんは「亀田兄弟は人気があるかもしれないけど、この試合で勝てるのなら、ボクシング界は何をやっているのかと思われる。日本人は立っていれば、チャンピオンになれるの? 全世界のボクシング関係者に見せて、判定してもらえばいい」と首をかしげた。さらに「日本のボクシングはタレント養成所ではない。これがまかり通るなら、僕はボクシング関係の肩書は何もいらない」と怒っていた。
 漫画家のやくみつるさんも「非常に不愉快なものを見た。実況も最後の方は負けモードだったし、こういう判定になるとは。判定後の(亀田選手の)態度も疑問。あの場では勝者の振る舞いをしないと格好がつかないところもあるだろうが、大口をたたける試合内容ではなかった。態度を改めるべきではないか」と厳しく指摘した。
 一方、元WBAジュニアミドル級王者、輪島功一さんは「亀田選手は前半、悪かったが、中盤から盛り返してがんがんに攻めて最後までよく頑張った。引き分けかなとも思ったが、勝ちに値する戦いぶりだった。(苦戦の理由は)今までやってきた相手とあまりにも差がありすぎ、(戦い方を)考えていなかったこと。これからは世界王者。どんな相手ともやらないといけないのだから、よく考えて戦わないと」と一定の評価を与えた。
 ▽亀田興毅選手の話 KOばかりだったから、判定は緊張するなあ。最初、(判定で)ランダエタの名前が挙がって「やばい」と思ったけど、手元にベルトがあるからなあ。(毎日新聞)

 さすがにあの内容では擁護しきれないらしく、批判的な記事も目立つねえ。毎日新聞は、具志堅発言を載せた経緯があるだけに、擁護はしないはなあ。中国新聞も毎日新聞も正論だし、ガッツ石松氏ややくみつる氏のコメントが大多数の意見を代弁しているだろう。協栄ジムはまたこの記事に抗議するのか見物ではあるが。

a0020280_23415614.jpg

[PR]

世襲?

 ゲド戦記 ホントに好調?
  夏休み映画NO1ヒットの呼び声高いスタジオジブリの最新作「ゲド戦記」。宮崎駿監督の長男の宮崎吾朗氏の初監督作品という話題性も加わって、好調なスタートを切ったと言われている。しかし、観客の反応はいまいちだし、ネット上では酷評するカキコミも少なくない。
 「ゲド戦記」は2006年7月29日に封切られた。原作は、「指輪物語」「ナルニア国物語」と並ぶ世界3大ファンタジーのひとつとされている。さらに「ジブリ映画にはハズレがないのは常識」だそうで、前作の「ハウルの動く城」(05年)の448館とほぼ並ぶ435館で公開した。待ちに待っていたファンも多く、同30日のスポーツ報知など各マスコミは「全国435スクリーンで満員スタート」と過熱人気振りを報道した。
この原作は宮崎駿監督が惚れ込んでいて、20年以上前から原作者に映画化を打診していた。しかし、原作者は首を縦に振らず、代わりに作ったのが『風の谷のナウシカ』だったという。その後、アカデミー賞の受賞もあってか、4年前に映画化OKの返事が来た。原作者は駿監督に映画化の依頼をしたが、「ハウル」の制作に没頭していたため、長男の吾朗氏が抜擢された。
ジブリの鈴木敏夫プロデューサーは、同社のホームページのインタビューで「『(駿監督は)吾朗が中心になってやるなんていうことはありえない』と言いました。つまり、完全に吾朗君の監督には反対なんですよ」と答えている。その後、鈴木氏は駿監督を説得するわけだが、そんなこんなで「親子の仲が険悪になっている」という噂がネットなどで流れた。
実は、「ゲド」と同日に、ジブリが関係したフランスのアニメーション「王と鳥」が公開され、イベントが開催された。これが「ゲド潰し!?」という憶測を呼んだ。
興行収入100億円に達するかどうか
  いずれにせよ、駿監督と吾朗氏が比べられ、ジブリの"跡取り"として厳しい目で見られる。例えば、ある掲示板はこんな具合だ。
「宮崎駿と比べるとやはり削りシーンを削り過ぎており、また絵も荒く入り込めないところがありました。画面の迫力もあまりなくなってしまったところも少し残念です」
「監督に経験が無さ過ぎたという印象。ジブリの作品とはいえない出来栄えでした」
「お金を払って見る価値は無いです。原作者に謝って作り直せ!!」
「何故、並み居る先輩を超えて出来たのか?才能の遺伝は、創作の道ではまず無い」
ジブリ作品だから過大な期待をしてしまうのかもしれない。名も無い制作会社の低予算映画という前提だとすれば、そこそこ楽しめる内容だ。しかし、「全体的に暗く、ショッキングなシーンもあるため、子供には勧められない」というカキコミも多い。配給会社の東宝は100億円以上の興行収入を予定しているが、そこに達するかどうか疑問だ。
7月31日、月曜日の午前11時半、J-CASTニュースの記者が新宿の上映館に入ってみると、座席は30%程度しか埋まっていなかった。映画の終了の文字がスクリーンに出ると同時に、前に座っていた女性が、両手を高く上げて大きな伸びをした。エンドロール
が始まると同時に、席を立つ人も多かった。
              2006年08月01日15時38分 J-CASTニュース

 まだ見ていないけれど、このような批判が出るだろうことは、十分予想できた。誰しもジブリの作品としての完成度を要求するからね。一新人監督のデビュー作という見方はしてくれないから。
 北朝鮮じゃやないのだから、世襲のような感じは良くない。ましてクリエーターなのだから、血筋や話題性ではなく、才能を評価すべきだと思う。父親の駿監督は息子の吾郎氏の監督就任には反対していたみたいだが、自分と同じ会社に息子を入れたこと自体が、間違いではないだろうか。
 ジブリがアニメ化すると、原作があってもジブリのオリジナル作品のように言われるからいやだなあ。ゲド戦記はやはりアーシュラ・K・ル・グウィンの「ゲド戦記」であってほしい。

[PR]

いずれにしても出来レース

<レコード大賞>視聴率低迷で12月30日に放送
 明日の王座決定戦で亀田が勝てば、亀田祭りへGoということなのだろうけれど。
まあ、レコ大にしろ亀田の試合にしろ出来レースにはかわりがないわけで。一番喜ぶのはNHKだろうね。

[PR]

,