<   2006年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

タレント転身ってタレントでしょう。

草野仁にタレント転身の声
 「ザ・ワイド」を報道系番組としていることがそもそも間違い。ワイドショーなんかバラエティ番組でしょう。元はNHKのアナウンサーだったかもしれないけれど、今はテレビ番組の司会を仕事の中心とするタレントなんだから、タレント転身なんていうのは当たらない。

[PR]

メッキが剥がれる

亀田の世界戦標的はポンサクレック
  WBA世界フライ級4位の亀田興毅(19=協栄)が世界挑戦の標的をWBC世界同級王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(28=タイ)に絞った。協栄ジムの金平桂一郎会長(40)が27日、同王者陣営と対戦交渉するためにタイへ出発。これまで1階級下のライトフライ級まで選択肢を広げてきたが、ポンサクレックに一本化したことを明かした。9月の世界挑戦を目指す亀田も、13度防衛を誇る日本人キラーの最強王者とのタイトル戦に前向きな姿勢をみせた。
 ついにターゲットが絞られた。この日、急きょタイに出発した金平会長は亀田の世界戦の相手としてWBC王者ポンサクレックとの対戦交渉を本格化させることを明言した。「亀田の次(世界挑戦)がみえてきた。ポンサクレックに絞って交渉してきます。電話でやるようなレベルの話ではないのでタイに行くことになった」。王者陣営との日程調整を詰めるため、機上の人となった。
 亀田は5月5日にプロ11戦目(対戦相手未定)を控える。内容良くクリアすれば9月に世界挑戦する見通し。あとは対戦相手の絞り込みが急務だった。以前はWBA、WBC王者の動向が不透明で、ライトフライ級も選択肢に入れて交渉のタイミングを図ってきた。なかでも今年1月、金平会長はポンサクレック陣営と接触し、対戦オファーも受けていた。ただWBCには暫定王者アルセ(メキシコ)も存在。当初は統一戦を待つ姿勢だったが、同会長は「アルセは階級変更の話もある。様子を見ながらでいい」と方向転換することを口にした。
 ポンサクレックは日本人キラーの異名を持つ。日本王者の内藤に2回、浅井、本田、中沼、小松とのべ6人を撃破した。速さ、技術、パンチ力を兼ね備える万能タイプ。亀田とも因縁が深い。2回、スパーリングで拳を交え、亀田の挑発的な発言に激怒した経緯もある。この2人の世界戦が決まれば因縁マッチの盛り上がりもある。
 亀田も前向きな姿勢だ。対戦相手にこだわりはなかったが「ポンサクとは因縁があるしな。13回防衛でもライトフライ級の選手と試合しとるからな。あんな防衛戦ならオレは130回防衛できるわ。もうポンサクに勝つイメージもあるし、落ちてるベルトを拾いにいくもんやな」と自信満々。WBA4位、WBC5位と今や日本トップの世界ランクにいる亀田は、難攻不落のサウスポーから王座奪取することになりそうだ。【藤中栄二】日刊スポーツ

 またタイ人か(笑)。タイ人ボクサーには今まで亀田が戦ってきたような噛ませ犬も多いが、怪物のように強い世界チャンピオンも多い。ポンサレックも13度の防衛を重ねる強者である。ポンサレックが破った日本人選手は、みな日本のフライ級のトップ選手であり、連勝記録が止まるのを怖れて、亀田陣営が対戦を避けた選手だから、結果は明白だろう。完全にメッキがはがれるのも時間の問題というところだ。滅多打ちにあう息子を見て、親父がリングに乱入してポンサレックに殴りかかるというような前代未聞のシーンが見られるかも。a0020280_17434486.jpg

追記
 結局、ポンサレック陣営との交渉は不調に終わったようですね。ポンサレック陣営が高額なファイトマネーを要求したことになっています。何となく予定調和のような気がしますね。これで、亀田陣営は「ポンサレックは俺が怖くて逃げた」と言えますしね。
 まあ、ポンサレック陣営が高額なファイトマネーを要求したとしても、彼らも日本に於ける亀田バブルの状態を知っているわけですから、責められませんよね。
 イーグル京和が亀田と対戦したいと言いましたが、他の選手から見ると亀田はお金の成る木に見えるのでしょうね。体力的ハンデはあるにしても、イーグルがボクシングのレッスンをしてあげるような展開になるでしょうけど。

[PR]

ソラリス

ポーランドのSF作家、スタニスワム・レムさん死去、84歳
 「ソラリスの陽のもとに」は今でもオールタイムSFベスト10に入る名作です。難解だけれども、SF読みには必ず避けては通れない作品でした。共産圏にも優れたSFがあることを知らしめた偉大な作家でした。ご冥福をお祈りします。

[PR]

50.3%といわれても

瞬間最高視聴率50・3% 日韓戦、平均36・2%
 WBCの予選リーグ、決勝トーナメントという大会システム自体はおかしくない。韓国でも人気があるであろう種目の例をあげるなら、バレーボール世界選手権は「男女各24チームが1次リーグで4組に分かれ、各組4位までの16カ国が2組で構成される2次リーグに進む。2次リーグ各組2位までの4ヶ国が準決勝に進むことができる」、サッカーワールドカップは、「本大会は出場32か国が4か国ごとに分かれて、グループリーグを戦い、各グループの上位2か国が決勝トーナメントに進出する」とされていて、なんら今回のWBCと変わりがない。WBCのルールが大会システムがおかしいもなら、これらの大会も非難されなければならない。
 WBCでおかしかったのは同じ組の1位と2位が準決勝で対戦するという組み合わせで、これはアメリカがキューバを決勝に出さないための、野球界のキューバ封鎖とでも呼びたいアメリカの陰謀であろう。
 視聴率云々を言われても、試合終了まで放送したのは一部地域だけだから、女子ゴルフの中継録画画面に申し訳程度に表示された小窓で見た人が多数ではないだろうか。最後の一人の場面ぐらい小窓が大きくなるのではないかと期待したが、結局、小窓のままで終わってしまった。
 決勝を放送する日本テレビにはそのようなことはないようにしてもらいたいものだ。

[PR]

iPod叩き?

携帯音楽プレーヤーと難聴の因果関係、さらに研究必要=米当局
 携帯音楽プレイヤーのインナータイプのヘッドフォンは、カセットプレイヤーの時代からあるわけで、「iPod」が嚆矢というわけではなく、今までにも十分に研究されてきたのと思っていたが「さらに研究が必要」って今まで何をやってきたのだろうか。
 ちょっと前にも同じような「iPod」と難聴を絡めた記事があったと思うが、なんとなく一人勝ち状態の「iPod」を叩いている感じがするのは私だけだろうか。
 

[PR]

守秘義務のあるデータの扱いが甘い

「ウィニー使いません」 愛媛県警、全職員に誓約書
 ていうか、ウィニー云々ではなく、守秘義務のある資料を私用のパソコンに保存しておくこと自体、公務員の守秘義務違反になるような気がするんだけど。ウィニーを入れないではなく、データを個人のパソコンに入れないことのほうがやるべきことでは。

[PR]

ジムメイトの明暗

てこずりながらもKO勝利 厳しい試合で成長する亀田

 KOパンチとなった最後の左は、低すぎるように見えた。反則打のローブローか。それでもレフェリーが正当なパンチと判断した以上「立たな、あかんやろ、いくらそんなジェスチャーしても」と言う亀田の意見は正しいだろう。ホープが強打で相手の闘争心をなえさせた。
 前日の計量で「15分もあれば十分倒せる」と5回までのKO予告を宣言しながら、てこずった。手数では圧倒され、時折クリーンヒットする左は単発。初めて対戦するメキシカンのうまさにいなされ、大げさなポーズで挑発する姿は、思うように攻められない19歳のいら立ちにも見えた。
 試合後は顔が少々腫れていた。「気持ちばかりが行き過ぎた。出来は20−30点」と反省の弁も出た。しかし、今の亀田に一番必要なのは、このような強豪との厳しい試合で得られる経験だろう。金平会長は、5月に再び世界ランカーと対戦させるという。
 2006年最初の試合を実力者相手にKO勝利で飾った。「今年は最高の年にする。世界チャンピオンや。ノンストップで亀田の年に」と意気込むホープの今後が楽しみだ。[ 共同通信社 2006年3月8日 22:31 ]

 ブックに、おちゃらけパフォーマンスに、反則とますますプロレス化してきましたね。次はブラッシーやタイソンばりの噛みつき攻撃か、はたまた相手選手のローブローに怒った親父のリング乱入か、凶器攻撃というのもあり得るな。いい加減プロレス的手法は止めてもらいたいものだ。ボクシング関係者って思い切りプロレスをバカにしているのにねえ。

ボクシングで10連勝の亀田興毅は世界チャンピオンになれる?
世界チャンプになれない 65.9%(797票)
世界チャンプになれる 17.9%(217票)
興味なし 11.2%(136票)
どちらとも言えない 4.9%(59票)

 マスコミの賛美とは裏腹にネットでは叩かれてますね。協栄ジムのBBSも批判する投稿を削除するのに大わらわみたいだし。ローブロー批判はともかく、マスコミが言うような無限の可能性とやらの底が見えてしまいましたからね。

  ロシア人ボクサーを解雇=傷害事件で日本王座も返上−協栄ジム
ボクシングの協栄ジムは10日、傷害の現行犯で逮捕された同ジム所属のロシア人選手で、日本バンタム級王者のサーシャ・バクティン(本名アレクサンドル・バクティン)容疑者(24)を同日付で解雇すると発表した。9度防衛したタイトルも返上した。
 東京都内の協栄ジムで会見した金平桂一郎会長は「深く責任を感じている。申し訳ない」と謝罪。「ボクサーには重い社会的責任があり、他の選手にそれを知ってもらうために厳しい措置を取った」と重い処分を説明した。一方で「サーシャには妻子があり、今回の件でボクサーとしての未来を断つのは忍びない」とし、海外に絞って移籍先を探す方針も明かした。
 同容疑者は2月26日早朝、東京都港区六本木の路上で男性2人を殴って軽傷を負わせた。会見に同席した同ジムの松本裕之顧問弁護士によると、同容疑者は現在も拘留中で来週中にも刑事処分が下る見込み。[時事通信社]

 この件も亀田にリンクしていると思うのですが。日本王座を9度も防衛して、世界ランキングも上位にランクされているのに、一向に世界挑戦の話は出てこない。かと思うと自分より実績もレベルも下の小僧が、ちやほやされ世界挑戦の青写真も書かれている。なぜなんだという思いはあると思うし、荒れても不思議はない。といってもボクサーが素人を殴って負傷させても良いということではないので、処分は致し方ないでしょう。ジムが金のなる木である亀田をプッシュするのは当然と言えば当然だが、もう少し何とかならなかったのかなと思います。

[PR]

,