<   2004年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

根来暴言

 根来という人も、なんか訳わからん人やね。まだ、辞めたわけでもないのに、公の席で、ああいった発言をするんだから。根来に言われるまでもなく、そんなことは誰でも知っていることだし、プロ野球だけじゃないよね。オリンピックだってそうでしょう。そうじゃなければアヌシュ問題なんか起こらない訳だし。
 そういった世界を調整するのがコミッショナーの役目なのに、何ら行動を起こさなかった自分に対する反省なんか欠片もない。それどころか、自分はどろどろの野球界とは関係のない清廉潔白な人間であると主張する、まあ人間のかすですね。こんな人が、検事や公正取引委員会委員長をやっていたというから怖いよね。
 そんなどろどろした世界からもらった報酬など、汚くて使えないだろうから、早急に返還することをお勧めする。根来などにやるよりも、有意義な使い方がたくさんある。
 

[PR]

今日が第一歩

選手会と経営側が合意に達し、ストは中止になった。選手会側は、オリックスと近鉄の合併を認める代わりに、新規参入によって球団数は減少しないという実を取った形だ。
 今回の一連の騒動で、日本プロ野球の問題点が、白日の下にさらけ出された。経営側も、選手会も、これからその問題点を是正べく行動を起こさなければならない。大変なのはこれからなのだ。
 今回、ファンの存在もクローズアップされたと思う。9割近いファンが選手会支持に回ったからこそ、こういった結果をもたらしたのだ。経営側はファンのことなど眼中になかった。ファンは無知蒙昧だから、自分たちのやることに黙って従うだろうと高をくくっていた。ファンは馬鹿ではなかった。ちゃんと野球のことを考えていた。そして野球を愛していたのだ。
 経営側はファンの声に耳を傾けることを怠ってはならない。素人風情が何を言うなんて驕った気持ちを持ってはならない。少なくとも野球に関しては、あなた方よりも詳しい。そしてあなたがたよりも野球を愛している。
 今日が改革への第一歩だ。ファンは改革に期待している。ファンを裏切らないでほしい。もし裏切るようであれば、その時はプロ野球の終焉だと思え。
 最後に「たかが選手」と暴言を吐いた人は、この際だから謝罪をしたほうがいいと思うが。たかが選手と無知蒙昧なファンによって、貴方の野望は潰えたのだから。

[PR]

瀕死の読売

 スト明けの20日に行われた中日-読売の視聴率が9.8%、裏番組のテレビ東京のボクシング世界スーパーフライ級タイトルマッチが10%と、ストで飢餓感があったと思われるのに、低視聴率で終わった。
もう、視聴率に関しては、読売神話は崩壊したと言えるだろう。一度低下した視聴率を取り戻すのは、非常に困難だし、視聴率低下は明らかに、観客数の低下にも密接に繋がってくる。
 パ・リーグの諸君は、こんな瀕死の読売に自分たちの未来を託そうとするのか。ナンセンスである。

[PR]

読売の社説を読んで

先日の牧太郎のコラムでも思ったことなのだが、新聞記者という人種はなんと馬鹿なのだろう。読売新聞の社説を読んでその思いをまた強くした。馬鹿だからわからないのか、はたまた故意にねじ曲げているのか、事実誤認が甚だしい。この社説を書いた人物は、今までいったい何を見てきたのだろうか。
 新聞記者に必要なのは真実を見極める目だと思っていたのだが、実際には違ったようだ。自分の会社のボスのためには真実をねじ曲げる、そんな輩が曲がりなりにも全国紙と呼ばれる新聞の社説を書いているのだ。呆れてものが言えない。
 こういう人たちによって世論がリードされて行くと思うと空恐ろしい気がする。

[PR]

ハルウララと笠松競馬

馬主の安西美穂子って「オグリキャップの歌」の作詞をしていたよね。ハルウララの引退レースに武豊を乗せると言ってみたりして、明らかにハルウララをオグリキャップと重ね合わせているみたいだ。
オグリキャップとハルウララの共通点は、金にまつわるドロドロとした部分が公になったと言う点だけで、なんの共通点もない。(三石産というのも共通点か)それも、今回の騒動がなければ公にならなかったわけで。
 高知競馬は残念だろうけど、もうこんな事態になった以上、ハルウララは切り捨てるべきだと思う。遅かれ早かれ飽きられていたことは確実なんだし。それが少し早くなっただけなんだから。今度は弱い馬ではなく、強い馬を作って中央に殴り込もうよ。ライデンリーダーやコスモバルクみたいにさ。がんばれ高知競馬!
 高知競馬よりも先に、オグリキャップやライデンリーダーを生んだ笠松競馬が廃止が濃厚になった。ガキの頃は親父に連れられてしょっちゅう見に行っていた。内馬場に畑はあるわ、墓はあるわ、馬が厩舎から競馬場まで道路を歩いてくるわで、とんでもないところだった。成長してからは、笠松競馬に行くことはなくなったけれど、通勤通学の電車から馬が走るところをいつも見ていた。 廃止は残念だけれど、価値観が多様化している現在、公営ギャンブルはその使命を終えようとしているのだろう。

[PR]

ストライキによせて

 経営側のステートメントは、いったいあれは何なんだ。この期に及んでも、ストの責任は選手会にあり、経営側には一切責任がないと自己弁護に終始するだけで、これからのヴィジョンなどかけらも見えはしない。この人たちにはもう、プロ野球を変革しようなどという意識は全くない。既得権を守るために汲々としているだけだ。危機感がまるでない。もうプロ野球は崖っぷちまで追いつめられているのに、全く気がついていない。
 巨人戦さえやれば、観客が動員できて、放映権料が入って球団が潤うなんて、絵に描いた餅であることに気付くべきだ。5%の視聴率しかとれないコンテンツに大枚をはたくほど、テレビ局も馬鹿ではない。
 すべてを破壊し、再構築することが荒療治ではあるけれど、今のプロ野球には必要なことだ。このストライキがその端緒になることを願って止まない。
 

[PR]

混迷プロ野球

 ライブドアに続き、楽天もプロ野球に新規参入を表明した。だが、野球機構側は難癖をつけて新規参入を認めようとはしない。赤字だ、赤字だと赤字を宣伝するぐらいなら、ライブドアなり、楽天なりに売ってしまったほうがいいと思うし、企業としても正しいと思うが。赤字が間違いない企業体を抱えていることは株主に対する背任行為だと思う。
 新規参入する企業があれば、プロテクト選手以外の選手を、新球団に引き取らせれば、
無理に支配下選手を80名に増やして、余分な経費をかけなくてもよくなるはずなのだが。
赤字だ、赤字だを連発している割には、無駄な経費をかけようとする経営には驚きを禁じ得ない。
 今週末のスト突入は間違いないだろう。東京高裁ではないが、本当に誠意が感じられない。プロ野球をよくしていこうなんて気持ちは微塵も感じられない。約束も守れない経営者側は人間としても、大いに問題ありだ。
 オリックスと近鉄の合併した新球団なんて、だれも見に行かないのではないか。あれだけファンに嫌われては、終わりである。監督候補に、原とか仰木とかバースとか人気取りだけを考えた人間を挙げているのも、大馬鹿である。

[PR]

ストライキ

プロ野球選手会がストを実施することになった。経営側の姿勢が変わらない以上、仕方のない選択だった。
 経営側関係者の中には、ストはファンを無視するものだなんて言う人がいるが、今まで、
散々、ファンを無視しておいて、どの口がそんなことを言わせるのだろう。
 まだ、交渉の余地は残されているが、6月以降、かなりの時間があったのに、解決しない
問題が、ここ数日で好転するはずもないし、したとしたら、それは詐欺だ。
 損害賠償云々を口にして、選手会を恫喝する馬鹿もいる(経営者側とは一線を画すべき
豊蔵セ・リーグ会長が口にしたのには呆れたが)が、経営側がそのような手段にでるのであれば、ファンも一致団結して、ストによって野球が見られないのは、プロ野球機構の怠慢のおかげということで、損害賠償訴訟を起こすことも考えるべきだ。
 日本のプロ野球の存続の危機だと思う。ここで明確なヴィジョンが打ち出せないと日本からプロ野球は消えてしまう。

[PR]

牧太郎よ謝罪せよ

 毎日新聞に、同社の牧太郎(専門編集委員)が、アテネ五輪柔道78kg超級金メダリスト塚田真希選手を「新聞は感動!感動!と書いているけど、何か、スポーツという感じがしない。
90キロぐらいの女性選手が抑え込まれると、太い脚がほとんど動かない。美しくないよ」
「なるほど。そう言えば、僕も、あの時、柔道選手の超肥満は健康上、問題はないのか、と心配した」といったぐあいに、侮辱ともとれるコラムを掲載した(http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/maki/)件は、ネット上では大騒動になり、牧のサイトの掲示板に抗議が殺到し、恐れをなした牧は掲示板を削除するという暴挙に出る始末。
 ところが、これだけネット上で大騒動になっても、他の新聞やテレビなどは全く取り上げない。これは身内意識のなせる業なんだろうね。常に自分のところにも同様な騒動が起こる危険があるわけだから、批判などせずに頬被りしておこうというところなんだろう。
 毎日新聞も謝罪などしていないし、牧自身も自らのHPで弁解をしただけで謝罪など一切していない。
 牧って人はサンデー毎日編集長時代に、どこよりも早くオウム真理教を追及したことで、オウムからポアされかけたけれど、それでも戦い続けた硬骨漢というイメージだったんだけどねえ。病気で半身不随になって惚けちゃったのかな。
 牧にしても、鳥越にしても、なんで毎日新聞の記者上がりって、こう高飛車な発言をするんだろうね。毎日新聞の体質なのかな。そういえば、昔、毎日新聞の入社試験を受けた時に、社長だか、副社長だかに、面接でおまえ呼ばわりされたことがあったっけ。結局、試験には落ちて入社できなかったが、負け惜しみではなく、「あんな下品な会社に落ちてよかった」と心底思ったよ。やっぱ体質なんだねえ。
 毎日新聞と牧太郎には塚田選手への謝罪を要求する。
 最後に、牧太郎よ、記者の端くれなら、もう少し勉強してから書いてくれ。柔道の階級ができた経緯を、いかにも日本がメダル数を増やすために画策したように書いているが、事実誤認も甚だしい。

[PR]

結局は、巨人におんぶに抱っこ

巨人のパ移籍は「困る」=プロ野球・阪神の久万オーナー(時事通信)

 阪神の久万オーナーは3日、巨人の渡辺前オーナーが小池パ・リーグ会長に語った巨人のパ・リーグ移籍構想について「困ります。『こっち(セ・リーグ)におってください』と言いますよ」と話した。
 また、渡辺前オーナーが一部報道で語ったリーグ移籍に協約上障害がなく、移籍の理由の1つを巨人除く5球団が「反巨人」であるとしたことには「リーグの承認もいるし、そう簡単には行かない。『反巨人』であるわけない。なんで巨人を嫌うんですか」と語った。 
 もう、アホかと。巨人抜きでも利益をあげることのできるシステムを考えるべきなのに、結局は、巨人におんぶに抱っこなのか。パ・リーグもあれだけ1リーグ制に固執していたのに、巨人がパ・リーグに移籍するかも知れんとなったら、2リーグ制でもいいんじゃないかと言い出すし。今、一番大事なのは、巨人に依存しなくてもやっていけるシステムを構築することなのに
1リーグか2リーグかなんて二の次なのに。全くプロ野球界って経営陣から選手まで馬鹿ばっかり揃っているんだろう。こんなんだから、ナベツネに舐められるんだよな。結局、ものを考えているのはナベツネだけだもん。まあ、選手は野球バカだから、頭はつかえないだろうけど、経営陣はもっと頭を使えよ。これでは、赤字になるのも仕方ないわ。ちゃんとした球団経営ができるところが、球団をもってほしい。今の球団は、全部身売りしたほうがいい。

[PR]

,