カテゴリ:スポーツ( 54 )

OH!相撲

弟子に裏切られ…北の湖理事長辞任/大相撲
命運尽きた−。日本相撲協会・北の湖理事長(55)=元横綱=は8日、ロシア出身の幕内露鵬(28)と十両白露山(26)が専門の検査機関でも大麻の陽性反応を示したことを受け、東京・両国国技館で緊急理事会、評議員会を開き、辞任した。新理事長には武蔵川親方(60)=元横綱三重ノ海=が決まった。理事会は両力士を解雇した。
 進退きわまった。「天の声」といわれ、絶大な権力を持ち、縦社会を形成する相撲界の象徴から、身を引く。北の湖理事長がこの日、一連の大麻疑惑を受けて、ついに辞任した。14日からの秋場所(両国国技館)は武蔵川新理事長のもとで迎える。
 理事長は理事会の冒頭で辞任を表明。これを了承した9理事による新理事長互選に移り、「満場一致」で武蔵川理事が選ばれた。北の湖前理事長は理事職(春場所担当部長)にとどまり、理事降格が、理事会としての処分となった。露鵬の師匠の大嶽親方(40)=元関脇貴闘力=は委員から平年寄に降格処分となった。任期途中の理事長辞任は昭和32年に不明朗な経理問題で割腹自殺を図った出羽海理事長(元横綱常ノ花)以来となった。
 新理事長と並んだ会見。北の湖前理事長はこわばった顔で切り出した。「陽性の結果を真摯(しんし)に受け止めたい。協会やファンに迷惑を掛けた。わたしの責任です」。何度も「申し訳ない」と繰り返した。
 辞任を決意した最大の引き金は、理事会に先だって行われた再発防止検討委員会からの報告だった。ドーピング(禁止薬物使用)の抜き打ち尿検査が行われた力士会(2日)の簡易検査で露鵬、白露山は2人合わせて5回も陽性反応が出た。そこで、同委員のある親方が2人に迫ったという。「本当はどうなんだ。ここだけの話だから言ってみろ」。
 2人は否定していたが、最後には観念したように兄弟のうちの1人が「実は6月のロサンゼルス巡業で黒人のシンガーから大麻をもらい、吸いました。でも、師匠には言わないでください」と懇願したというのだ。北の湖前理事長が、初めて知らされた事実だった。
 前夜、関係者を通じて衝撃的な数値も判明していた。世界反ドーピング機関(WADA)公認の国内分析機関が行った検体の検査で、大麻吸引を判断する上で定められた尿中濃度の基準値(1cc中に15ナノグラム)に対し、露鵬から5倍、白露山からは10倍の大麻成分が検出されていた。
 それでも、最後の粘り腰をみせた。理事会の冒頭、北の湖前理事長は「弟子の白露山の新たな検査結果が出るまで、理事長職を休養したい」と一度は自身のプランを申し出た。ここで複数の理事が反旗を翻し、「クロという事実と数値がすべてじゃないですか」。思わぬ突き上げに動揺した前理事長は、降参するしかなかった。
 力士死亡事件や横綱朝青龍のサッカー騒動など不祥事が噴出。協会トップとしての責任が問われ続けていた北の湖前理事長だったが、一貫して「師弟の問題」「部屋の問題」としてきた。今回は白露山が北の湖部屋所属で、自身の発言から逃げられなかった。
 弟子たちが理事長室から荷物を運び出したのを見届けて、6年半を過ごした部屋を後にした。「13歳で(相撲界に)入って、ここで育ててもらった。これから恩返しをしたい」。長期政権は“遅すぎた決断”でピリオドを打った。

結局この期に及んでも、なんとか延命を図ろうとしていたわけで、理事長という地位に汲々としがみつこうとする姿からは、「昭和の大横綱」の品格の欠片も見ることはできない。情けない話だ。理事も辞任する意向も示したが、他の理事に慰留されて翻意したという報道もなされているが、強く堅固な意志をもっていたのなら、どんなに慰留をされても自分の意志を貫いたとおもうが、簡単に翻意してしまうあたり、結局ポーズに過ぎなかったのだろう。
 ちからののさむらいと書いて力士と読む。果たして北の湖は士であったのか。

露鵬関「陰謀だ、この世界はあまりに汚い」
精密検査で大麻の陽性反応が出たことを受け、日本相撲協会に解雇されたロシア出身の力士・露鵬関(28)が8日、NNNの単独電話インタビューに応じ、「陰謀だ。この世界はあまりにも汚い」などと語った。
 露鵬関は「新理事長になった武蔵川親方一派の陰謀だ。私は最後まで無実。私は謝ってほしい。私はどんなに謝罪されても相撲界に戻るつもりはない。この世界はあまりに汚い。北の湖理事長は最高に律義な人です」と述べ、今回の解雇処分に憤りをあらわにした。また、辞任した日本相撲協会・北の湖理事長や、大嶽親方をかばう姿勢を見せ

 露鵬が陰謀論を展開している。武蔵川新理事長にたいする発言などあまりにも酷い。親であるはずの大嶽親方はなぜこんな発言を許すのか。たしなめるのが親ではないのか。解雇されたから縁が切れたとでも言うのだろうか。わからない。大嶽親方も露鵬と同じ考えなのか。だとしたら、大嶽親方は日本相撲協会にいるべきではない。現役時代の貴闘力の激しい相撲が好きだっただけに残念だ。
 
 実は、これは垂仁天皇7年に野見宿禰に破れた当麻蹴速の子孫が引き起こしたことなのです。野見宿禰に殺された当麻蹴速の子孫は、野見宿禰の系譜を継ぐ現在の大相撲に復讐しようと虎視眈々と機会を窺っていたのでした。覚せい剤ではなく、大麻が使われたのも、当麻の一族の所業であることを顕示するためでした。なんちゃって。蹴速の闘魔神か。

[PR]

陽性 妖精 要請 養成 幼生 夭逝 妖星 溶成 陽生 溶性 

<大相撲大麻疑惑>精密検査でも陽性反応…露出身2力士
大相撲のロシア出身兄弟力士、幕内の露鵬(28)=大嶽部屋=と十両の白露山(26)=北の湖部屋=の大麻使用疑惑で、東京都内の専門検査機関に依頼していた両力士の尿サンプルの精密検査の結果、当初の簡易検査と同じく大麻への陽性反応が出た。関係者が6日、明らかにした。
 露鵬と師匠の大嶽親方(元関脇・貴闘力)は6日正午過ぎから、東京都江東区の大嶽部屋の前で弁護士を伴って会見。露鵬は「大麻を吸ったことはない。この結果を信用しない」と改めて疑惑を否定した。大嶽親方は「別の検査機関で調べてもらうことも視野に入れている」と語った。今回検査を行った機関は世界反ドーピング機関(WADA)から国内で唯一公認されているドーピング(禁止薬物使用)検査の権威。
 今後は両力士への処分、白露山の師匠でもある北の湖理事長の進退を含む責任問題が焦点となる。北の湖理事長はこれまで、再検査で陽性となった場合も、警察の捜査結果が出るまで処分を下さない方針を示唆している。大麻取締法には使用だけでは罰則規定がなく、所持などの立件は難しい情勢にある。
 当初の理事長方針のままでは、薬物反応に陽性反応が出た力士の秋場所(14日初日、東京・両国国技館)出場を容認することになる。世論の反発は必至で、協会の今後の対応策が注目される。
 今月2日に協会が抜き打ち実施した尿検査で、8月18日に大麻所持の疑いで逮捕された元幕内の若ノ鵬(本名ガグロエフ・ソスラン)容疑者と同じロシア出身の露鵬、白露山の兄弟力士からも大麻への陽性反応が出た。
 警視庁の任意聴取に対し、2人が全面否定したことなどから、協会は検査機関に精密検査を依頼。北の湖理事長は、再検査で陽性となった場合も「別のところで、徹底して調べたらいい」と語り、処分の即断を避ける方針を示していた。【堤浩一郎】

 精密検査でも陽性反応が出た以上、ただ、「やっていない」、「弟子を信じる」では何も進展しない。本当にやっていないのなら、なぜこういうことになったのか思い当たることを、すべて明らかにして、検証していくことが必要なのだが、そのようなことは行わないで、検体を他の機関で再検査すると主張するのみだ。
 露鵬会見「検査結果は絶対信用しない」
2日の力士会後の検査で大麻の陽性検査が出た平幕露鵬と師匠の大嶽親方(元関脇貴闘力)、塩谷安男弁護士が6日、大嶽部屋前で会見し、検査が適正に行われなかったことを主張した。
 この日大嶽部屋に精密検査でも陽性だったことが通知された。ところが尿のサンプル採取の際、簡易検査では五輪などのドーピング検査とは違い、無記名で行われるものが最初から人が特定できる形で行われたこと、尿採取用のコップは任意に選べるはずが親方から直接手渡されたことなどを主張。塩谷弁護士は「公平、公明性に問題がある」とした。
 露鵬は「大麻もマリフアナもやったことはない。自分は相撲が大好きで、相撲を一生懸命やりたいだけ。(検査結果は)絶対に信用しない」と話した。大嶽親方も「やっていないと言っているのだから、それを信用する。他の機関や警察での検査も視野に入れたい」。塩谷弁護士は今後について「協会側の反応を見ながら対応する」と話した。

 この報道によると、弁護士は嵌められたようなニュアンスで語っているが、簡易検査はあくまでも簡易検査で、「検査しましたけれど、若ノ鵬以外にはそのような力士はおりませんでした」ということをアピールするパフォーマンスだから、五輪のドーピング検査と違って当たり前の話。二人に陽性反応が出たことからパフォーマンスがパフォーマンスで済まなくなってしまったのが実体。
 とにかく前の記事にも書いたけれど、穢れた力士が神聖な土俵に上がるのは大問題だし、それを無理強いする北の湖は相撲というものの本質がわかっていない。こんな理事長では相撲が壊れていくばかりだから、即刻退陣すべきだ。これでは横綱を夢見て、砂に塗れて稽古に励んでいる若い衆が可哀想だ。

[PR]

穢れた力士は土俵に上がるべきではない

理事長、露鵬&白露山の出場容認/大相撲
日本相撲協会・北の湖理事長(55)=元横綱=は5日、協会による抜き打ちの尿検査で大麻に陽性反応を示した幕内露鵬(28)、十両白露山(26)の秋場所(14日初日、両国国技館)出場について、容認する見解を明らかにした。8日にも判明する精密検査の結果にかかわらず、検査を新たにやり直す方針で、最終結論が出るまで問題はないと判断したが、横綱審議委員会・内館牧子委員(59)=脚本家=は異論をとなえた。
 大麻に陽性反応を示した力士が、国技館の神聖な土俵に立つ。北の湖理事長が“グレー力士”の本場所出場を容認した。
 北の湖部屋所属の白露山の師匠でもある同理事長は「秋場所の出場? 構わない。出すつもりでけいこをさせている」と平然と言い切った。返す刀で、「何がいけないの。どこかおかしい」と、取り囲んだ報道陣をにらみつけた。
 この日は東京・両国国技館で行われた横綱審議委員会(横審)のけいこ総見が行われ、各委員が出席。石橋義夫前委員長(82)は、展開次第では協会幹部の責任を問う世論が予想されることに「そういう声が出るのは当然だと思う」としたなか、“グレー力士”の出場を問題なしとしたのだ。
 協会や警視庁の任意の事情聴取で大麻使用を全面否定している露鵬、白露山兄弟の検体は、4日に都内の三菱化学メディエンスに送られた。早ければ8日にも結果が判明する見通しだが、北の湖理事長は「本人は絶対にやっていないと言うんだから、同じ検体を使って別のところでやる方法もある」と検査を新たにやり直す意向を固めている。

 三菱化学メディエンスは、世界反ドーピング(禁止薬物使用)機関(WADA)から国内で唯一の公認を受けている検査機関だが、そこで出される最終的な結果にも満足できないという意味にもとれる。
 今後は、国内の別の検査機関、病院などに2人の検体を持ち込んで再び検査をさせる方針で「ドーピングじゃない、違法(行為)だから徹底的にやった方がいい。(露鵬が使用した)鎮痛剤など、いろいろな成分もある。警察に見てもらっても構わない」とした。
 弟子の無実を証明したい“親心”は理解できるが、これでは最終的な結果がいつでるのか、予測不能な状態に陥ってしまう。
 これに反発したのが、横審の内館委員だ。「エッ、本当! それじゃ精密検査の意味がない。シロ(無実)になるまでやるってことかしら」と、理事長の独自の論理にあきれ顔。「精密検査の結果が陽性であれ陰性であれ、簡易検査で(2人合計で)5度も陽性反応が出た結果を厳粛に受け止めるべき。情緒に流されている場合ではない」と切り捨てた。
 北の湖理事長の押し相撲。“両国の常識”で押して、押して、押し通す。

 相撲は神事でもあるわけだから、穢れた力士を土俵に上げることは許されない。神事ではないと言うのなら、今すぐに土俵に女性を上げろ。
 そんなこともわからない(知らない)人間が理事長をやっているなんて呆れてものが言えない。

[PR]

北の湖は相撲界から去れ

理事長は検査やり直し強調 内館委員は厳しい見解
大麻に陽性反応を示した幕内露鵬、十両白露山について、検査を新たにやり直す意向を固めている北の湖理事長は5日、「本人は絶対にやっていないと言うんだから、同じ検体を使って別のところでやる方法もある」とあらためて強調した。東京・両国国技館内で行われた横綱審議委員会(横審)によるけいこ総見後に語った。
内館牧子委員は「5度も陽性反応が出た結果を厳粛に受け止めるべきだ」と厳しい口調で話した。

検査結果も出ないうちから、検査をやり直すというのがアホだ。それも別のところで。検査結果を陰性にしてlくれる検査機関が現れるまで再検査をやり続けるつもりなのか。呆れてものが言えない。三菱化学メディエンスは世界アンチドーピング機構公認の日本で唯一の検査機関で、国際審査認定機関NATAより、ISO/IEC17025を取得していて、その検査結果が世界中で公式の検査結果として通用するところなんだが、北の湖はその検査結果を信頼出来ないと言っているわけだから、もう何をか言わんやである。とにかく、理事長の椅子を守ることに汲々として協会のこと、力士のことなど少しも考えてはいないだろう。もし、検査結果がクロと出ても、真相を究明する責任があるとか言って、理事長の座に留まろうとするに違いない。ただでさえ相撲離れが激しいのに、今度の不祥事もやり過ごせば何とかなるだろうと、全く危機感を感じていないのはなぜだろう。一般の相撲ファンが離れてもタニマチさえいればやっていけると思っているのだろうか。こんな人は理事長の職を辞するだけではなく、相撲界から去ってもらいたい。

[PR]

自業自得では

<五輪野球>日本、カナダに競り勝ち準決勝進出へ前進
北京五輪第11日の18日、野球の1次リーグ第5戦で日本はカナダと対戦。1—0で接戦を制し、3勝2敗として準決勝進出へ前進した。カナダは1勝4敗。日本は序盤、2併殺で好機をつぶしたが、五回、稲葉(日本ハム)の右中間本塁打で先制した。先発の左腕・成瀬(ロッテ)は7回を無四球で無得点に抑え、藤川(阪神)、上原(巨人)が好救援した。

 ▽日本・星野仙一監督 (きわどい勝利)おれを殺す気か(笑い)。成瀬がよく投げた。本当にナイスピッチング。稲葉は北京に来て、すごく調子がいい。藤川、上原もしっかりやってくれた。(上原は)全盛期に戻っている。明日の中国戦もしっかり戦う。

 ▽日本・成瀬善久投手 持ち味のゆったりした投球を心がけた。(捕手の)里崎さんが「シーズン中よりいいんじゃないか」とほめてくれた。(四回のピンチは)一塁が空いていたので、強気にいった。

笛吹けど踊らずといった状態ではなく、まず、笛が悪い。いつまで新井の4番にこだわるのか。チャンスの悉く凡退する様は、とても全日本の4番とはいえない。今日の試合の9回ノーアウト3塁でもどうしても追加点を取りたいのなら、スクイズという選択肢もあったはず。無策に打ちにいって、得点なしでは采配とはいえない。おれを殺す気かといわれても自業自得ではないか。

[PR]

スポーツ新聞から

野口合宿に出発「ユニコーンを見たい」
北京五輪で女子マラソン史上初の連覇を狙う野口みずき(30=シスメックス)が、スイス・サンモリッツでの高地合宿に出発した。過去、同地での合宿でツチノコを目撃した03年に世界選手権銀メダル、04年にはアテネ五輪で金メダルを獲得。テレビに空飛ぶペンギンが現れた05年は日本記録を樹立するなど、未知との遭遇で好成績を残してきた。北京への本格的な調整となる今合宿では「ユニコーンを見られたらいいな」と伝説の一角獣との出合いを希望。「変な生き物って絶対いますよね!再見(ツァイツェン)!」と言い残して女王は出発ゲートに消えた。
変な生き物はいるけれど、ツチノコも空飛ぶペンギンもユニコーンもいません。だからお見せしましょう。

a0020280_11535262.jpg


柳本ジャパン 5連敗
バレーボール女子ワールドグランプリ・マカオ大会は4日に1次リーグ2試合を行い、北京五輪に向け強化を進める日本は五輪の1次リーグで同組の中国に0— 3でストレート負けし、5連敗となった。日本の通算成績は2勝5敗。中国は7連勝で5位以上が確定し、決勝リーグ進出を決めた。主力を休ませた日本は初先発のセッター河合(JT)のトスから栗原(パイオニア)のバックアタックなどで攻めたが、要所では中国の高さに屈した。日本は6月28日の香港大会に続き、中国に敗れた。ブラジルは3—2でドミニカ共和国を下し、通算6勝1敗とした。ドミニカ共和国は3勝4敗。
 開催国枠で予選の結果とは関係なく決勝リーグ進出が決定しているのに、しゃかりきになって怪我でもしたら全く意味がなくなるので、適当にやればいい。
[PR]

有力校の優遇措置

龍谷大平安の出場認める 部内暴力で高野連
高野連は25日、部内暴力があった京都の龍谷大平安に7月5日開幕の全国高校野球選手権京都大会への参加を認める応急措置を決めた。校長が高野連を訪れ、2年生部員が1年生部員に生活態度などを注意した際に数回にわたり暴行していたと報告。3年生部員は関与していなかったため、京都大会には3年生だけで出場し、秋季大会は辞退する旨を申し出た。不祥事のために3年生だけ出場するのは初のケース。
 有力校への救済処置ということか。高校野球も興行だし、お客が入らなければ高野連の懐も潤わないからね。無名校なら出場停止でチョンだよね。まあ、以前から有力校の場合は、出場停止処分も大会前に明けるようにしていたしね。高野連というのはもともと春夏の甲子園を円滑に運営するために作られた組織だから。
 -

[PR]

中国はドーピング大国

<競泳>中国が一転、LR着用検討…地元紙、来週にも判断と
【北京・小坂大】北京五輪に出場する中国競泳陣が英スピード社の高速水着「レーザー・レーサー(LR)」着用の検討を始めたことが20日、分かった。同日付の一般紙「北京青年報」が伝えた。
 同紙によると、来週にも判断するといい、中国水泳協会と接触したスピード社の担当者は「中国がLRを着用する可能性は80%に達した」との感触を語った。中国は米ナイキ社とスポンサー契約を結んでいるが、同社がLR着用を容認するかは返答がないという。
 中国競泳陣はこれまで「水着の力には頼るべきでない」とLR着用に否定的だった。しかし、同紙は日本の北島康介(日本コカ・コーラ)が二百メートル平泳ぎで世界新記録を樹立したことを例に挙げ、好成績が生まれた世界的な現状を改めて紹介。その流れで、協会側が態度を変えつつあると報じた。

 薬の効果があまりなかったということか。

[PR]

<競泳>中国「水着の力には頼らない」 ナイキ製着用の方針
 水着の力には頼らないけれど、薬の力には頼るんだよきっと。

[PR]

まるでK-1張りにおかしなFIVBのルール変更

女子バレー日本、初黒星 カザフスタンは五輪初出場へ
バレーボールの北京五輪女子世界最終予選兼アジア予選最終日は25日、東京体育館で行われ、日本はセルビアに逆転負け、通算6勝1敗で3位に終わった。2勝5敗のカザフスタンが、全体の3位以内に入った日本を除くアジア勢最上位となり、日本、セルビア、ポーランドに続き予選を突破、初の五輪出場を決めた。6勝1敗のポーランドが得点率で1位、セルビアが2位。五輪出場12チームが出そろった。
今日になって北京オリンピック出場規約の一部変更があり、「全体の1位 全体の1位を除くアジアの1位 上記2チームを除く、上位2チーム」という規定が「全体の上位3カ国、上位3カ国をのぞくアジアの1位」に変更になった。当初の規定だと日本がセルビアに負けると韓国が出場権を逃すことになるので、韓国救済のために急遽変更されたものだと思われるが、今日の試合でカザフスタンが韓国に勝ってしまったので、結局韓国は出場権を逃す結果になってしまった。可哀想なのは4位になったドミニカだろう。出場枠の規定を大会開催中に変更するなんて前代未聞。FIVBは統括団体としての資格はないと思う。
 だいたい世界最終予選兼アジア予選というのに無理がある。アジア予選も他の大陸予選と同じように単独で開催し、各大陸予選の2位チームで最終予選を行うべきだ。他の競技ではそうなっているのに、バレーボールだけはアジア予選では視聴率が取れないのを理由にテレビ局がごり押ししたと言う話もある。

[PR]

,