カテゴリ:未分類( 16 )

今秋なんて無理

ボクシング 亀田興毅 今秋大勝負
ボクシングWBA世界フライ級1位で指名挑戦者の亀田興毅(亀田ジム)に動きがあった。二階級制覇を目指し、7月に予定していた暫定王座戦を狙っていたものの、実現には至らず。となれば王者デンカオセーン・カオウィチットとの指名試合しか残されていない。果たしてWBAの下した判断は。

 興毅は4月7日の時点で指名挑戦者となり、デンカオセーンとの年内タイトル戦は確実なものになっていた。
 だが、王者側のマネジャー二重契約問題が未解決のままとされており(当時)、日本での交渉窓口が遺恨が生じている協栄ジムの金平桂一郎会長だったため、亀田陣営は暫定王座戦にシフトチェンジ。7月25日にメキシコで同級10位のオマール・サラドとの暫定戦をWBAに申請していた。
 ところが最近になって中止になったことが報道された。
 WBAは7月に予定していた暫定戦について「確かに我々は亀田興毅とオマール・サラドから暫定王座戦の要請を受けました。施行についてはタイトルマッチ管理委員会で検討されますが、(暫定戦を行うに)ふさわしい理由がない限り、WBAがこの試合を暫定戦と承認することはないです」との見解を示した。

 ケガなどの特別な理由でデンカオセーンがタイトルマッチが行えない状況になった場合のみ、暫定戦は承認されるという。
 デンカオセーンといえば、現在二重契約問題も解決済みで、防衛戦の障害となるようなものは何ひとつない。
 では、亀田とデンカオセーンとのタイトル戦の行方はどうなるのだろうか。
 WBAは「WBAのルールに基づき、2009年7月31日にタイトル戦の交渉は開始されるでしょう。交渉が両者の希望に添えなかった場合は、WBA立会いのもと、入札により日付とプロモーターを決議します」
 つまり、あと16日後にはタイトルマッチに向けて両陣営とも交渉を開始するという。
 亀田ジムの五十嵐紀行会長は現在の交渉状況について「特別まだ何もないです」とあらためて否定。
 その一方で、今後の交渉の可能性について「無きにしもあらず。お互いにタイミングを見てですね。王者の防衛期限もありますからね」(五十嵐会長)と含みを持たせた。
 原則ではデンカオセーンは9月31日までに興毅との指名試合をこなさなければならない。それだけに王者サイドとすれば「一刻も早く交渉を始めてたい」というのが思惑だろう。
 06年12月以来、およそ2年半ぶりの世界挑戦へ。デンカオセーンとの“頂上対決”は交渉がまとまり次第、今秋にも実現しそうだ。

 長谷川穂積の圧勝に日本列島が湧く中、存在をアピールしたい亀が御用記者に書かせた記事ですね。例によって記者が取材したわけではなく、亀の言い分だけを書いている。
WBAの公式ページにコンセプシオンv.s.サラドの暫定王座決定戦の決定が発表されて、タイではマネージャーのニワット氏の口から非公式ながらデンカオセーンv.s.大久保雅史が発表されて、一人蚊帳の外の亀一号。この記事のように今秋にも実現なんて話は全く現実味がない。
 9/31までに指名試合をこなさなければならないなんていうのは、もう古い情報。暫定王座設置を条件に指名試合の期限はのびているし、暫定王座が設置されれば基本的に正規王者と暫定王者との統一戦が優先されるため、亀一号の指名挑戦者が消滅する可能性がある。そうなれば、ただの挑戦者のひとりにしか過ぎないわけで、入札とかいっても虚しいだけだ。
 バンコク愚連隊さんのブログバンコクから愛を込めないで (ボクシング情熱編)記事によれば、亀側からの接触はまったくないとのこと。まあ、金平会長が絡んでいるから、交渉できない、暫定を作れと言っていたわけだから、没交渉なのは当たり前といえば当たり前なんだけど。亀側はそんなことはきれいさっぱり忘れているようですが。
 

[PR]

事故が心配ならやらなくてもいいんじゃない

24時間マラソン“珍獣”起用の裏に松村の転倒?
8月29−30日放送の日本テレビ系「24時間テレビ32『愛は地球を救う』」のマラソンランナーに、女性お笑い芸人、イモトアヤコ(23)が選ばれた。女性では最年少、かつ最長の「フルマラソン3本分」計126.585キロの完走を目指す。

 イモトは同局のバラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」で、「珍獣ハンター・イモト」としてレギュラー出演。太いまゆ毛メークが印象的なルックスで、コモドドラゴンと競争したりワニと綱引きしたりと、体当たりレポートで話題を呼んだ。

 中学生時代は陸上部で、100メートル走で鳥取県陸上競技大会に出場経験がある。「長距離走は苦手」というが、体力的には問題なさそうだ。芸能人のマラソンといえば今年3月、松村邦洋(41)が心臓発作で倒れたことが記憶に新しい。「24時間テレビでは絶対に事故は避けたい。フィジカル的に安心なイモトを起用したのはその意識があったからだろう」(放送関係者)。

 事故が心配ならばやらなければいいのにねえ。最初に寛平ちゃんが走った時には、それなりに意義もあったと思うけれど、後は惰性でやっているだけでしょう。いろいろ演出があるようなことも聞くしね。
 24時間テレビ自体が惰性でやっているだけだからねえ。初期の頃は様々な問題提起もしていたけれど、最近は単なるお涙頂戴でしょう。感動の押し売りっていうやつ。マラソンにしたって単なる時間稼ぎに過ぎないわけで。

[PR]

どうせやるやる詐欺だろう。

坂田陥落…2回KO負け/WBAフライ級
WBA世界フライ級タイトルマッチ(31日、広島サンプラザホール、観衆=2200)フライ級戦線異状あり! 王者・坂田健史(28)が最強挑戦者デンカオセーン・シンワンチャー(32)に2回KO負けを喫し、5度目の防衛に失敗。王座から陥落した。坂田は昨年11月にデンカオセーンと対戦し、ドロー決着で2度目の防衛に成功したが、故郷での“凱旋決着戦”に沈んだ。坂田は、世界2階級制覇を狙う「亀田3兄弟」の長男で元WBA世界ライトフライ級王者・亀田興毅(22)=亀田=の標的だっただけに、フライ級のパワーバランスが大きく変化する。
 一瞬にして会場が凍りついた。静まりかえった観客の視線を集めた坂田は、キャンバスに大の字…。視界には何も入らない。あと数時間で新年を迎えるリングで、王者がベルトを手放した。
 「パンチは見えていたけど、倒れたパンチは全く記憶にない…」
 2回終盤、坂田の右アッパーが挑戦者のあごをかすめた。これを待っていたかのように、デンカオセーンの右フックがテンプルにヒット。坂田のひざが笑い、スローモーションのように崩れ落ちた。国内ボクシング史上初の大みそか世界戦は、わずか355秒、悪夢で幕を下ろした。
 「落ち着いて立ったつもりだったのに、止められてビックリした」。10年の選手生活、プロ40戦目で初めて味わうテンカウントを、生まれ故郷のリングで味わった。
 07年11月以来の再戦。このときも、1回に右ストレートを浴びてダウンを喫したが、ドロー防衛で切り抜けた。だが、相手のパンチに耐えながら逆襲してベルトを守ってきたスタイルの“勤属疲労”は深刻だ。
 坂田が陥落したことで、世界フライ級戦線も大きく揺れる。坂田陣営の協栄ジム・金平桂一郎会長(43)は来年、同ジムが設立50周年を迎えることもあって、WBC世界フライ級王者・内藤大助(34)=宮田=との統一戦プランを表明。内藤が所属する宮田ジム・宮田博行会長(42)も、前向きの姿勢をみせていた。
 両陣営とも興毅との対戦を先延ばしする意向を示していたが、これですべてが“白紙”に…。この日、テレビ観戦した興毅はすぐさま反応。デンカオセーンへの挑戦を表明した。「ようやくWBAに挑戦できます。満を持して登場です。2階級制覇をやらせてもらいます」とコメントを出した。
弱肉強食。坂田は「先のことはゆっくり考えたい」と進退を留保したが、その目に力はない。年頭から、興毅の存在がクローズアップされる。


あのさ、別に内藤陣営も坂田陣営も、亀1号との対戦を先延ばしていたわけではない。亀1号が逃げただけ。
 亀1号はWBAのランキング1位で指名挑戦をWBAから打診されていたにもかかわらず拒否。そのためデンカオセーンが指名挑戦者になった。
  内藤にいたっては、条件面で理不尽な要求をして、自ら話を壊した。まあ、交渉ごとなので、全面的に亀側が全て悪いとは言えないがけれど。
  亀側はWBAの暫定王座設置を画策したり、ドネアの返上を見込んだうえでの、IBF挑戦者決定戦に出場しようとしたり、言動と行動が一致しない。
 またどうせやるやる詐欺だろう。デンカオセーンのあのパンチを目の当たりにしてはねえ。逃げまくりながら、また暫定王座設置を画策するのが関の山だろう。他のタイ人選手と同様に金でなんとかできるととでも思っているのだろうか。弱肉強食誰が弱で誰が強なのか、ファンはすでに知っている。亀田は強ではないのは明白だ。
 

[PR]

プロゴルファー相手に挑発ってバカか

和毅 衝撃日本デビュー
亀田3兄弟の三男・亀田和毅改め、トモキ・エルメヒカニート・カメダ(17)=亀田=が日本初戦を2回1分33秒KO勝利で飾った。1回から優勢に進め、2回、圧巻の左ボディー2発でアドリアン・ラミレス(20)=メキシコ=を沈めた。メキシコデビューから中16日の強行軍でも疲れは一切なし。同じ17歳のゴルフ・石川遼に対して「人気では勝たれへんけど、オレの方が強い」と亀田節をさく裂させた。メーンに登場した次男・大毅(19)=亀田=は、元ミニマム級世界王者を相手に3回1分32秒KO勝ちで、再起2戦目を飾った。
 トモキは、リングネーム「トモキ・エルメヒカニート・カメダ」で登場した。メキシコでのニックネームで「メキシコの少年」を意味する「メヒカニート」をミドルネームとして入れた。「(メキシコでの)デビュー前から何にしようか考えていたんや。ええやろ? もちろん今後もこの名前でやるで」と語った。リングネームを変更するためにのJBC(日本ボクシングコミッション)への届け出も済ませている。
◆左リードでプレッシャー
 狙っていた。手応えがあった。コーナーに詰めて左ボディー2発。脇腹にスピードの乗ったパンチを放つと、対戦相手はうずくまり、立ち上がることができなかった。
 「まあまあできたな。うれしいけど、もうちょっと長くやりたかったけどな。こればっかりはしゃあない。立ち上がってきたら20連打やろうと思っていたのにな。でも、相手のパンチは1発ももらってないで」
 ゴングと同時に頭を振り、素早い左ジャブを突いて、プレッシャーをかけ続けた。ガードを固めて前に出る長男・興毅、次男・大毅とは違うトモキスタイル。「緊張せえへんかった。デビュー戦より良かったと思うで。オレは好きな試合や」。日本初戦を予告通りのKOで飾り、四方の客席に向かって頭を下げた。歓声が起こると、トモキは安堵(あんど)の表情をみせた。
◆トランクスもメキシコ風
 メキシカンになりきっていた。華やかなソンブレロと、国旗をあしらった緑、白、赤のトランクス。心身ともに成長させてくれたメキシコに、特別な思いがある。「オレはメキシコ好きやしな。このカラーでいこうかなと。そんな感じや。メキシカンや」。ちゃめっ気たっぷり笑った。
 ボクシング界を背負うであろう怖いもの知らずの17歳。ジャンルは違うものの、同い年の石川遼クンの活躍は耳に入ってくる。
 「ゴルフはメジャーやもんな。オレがボクシングで世界王者になっても、3階級王者になってもアイツには人気で勝たれへん。ゴルフは金持ちのスポーツやしな。でも負けてないで。オレの方が強いやろ。リング上がって来いって」
 ヤンチャ顔で“トモキ節”をさく裂させた。「テレビで見たりせえへん」と言いつつも、遼クンは気になる存在のようだった。
 日本初戦終えたメヒカニートは、家族で年を越した後、再び主戦場であるメキシコへ飛び立つ。 (森合正範)

上二人はまだボクサーを挑発していたけど、こいつはボクサーでもない石川遼を挑発している(笑い) まあこれだったら間違ってもマッチメイクされんからね。逃犬と言われることもないか。年が明けると紅白に出場した大橋のぞみの姿を見て「オレのほうが強いやろ。リングに上がって来いって」なんて言いそう。
 噛ませ相手に二戦しただけの海の物とも山の物ともつかないやつと、ツアーに一年間参戦して結果を出した石川遼と比較することがナンセンス。

[PR]

モンテスくんは地元の英雄

 興毅ド派手KO宣言「調子は最高」/BOX
WBAインターコンチネンタル王座決定戦前日計量(29日=日本時間30日、メキシコ・ヌエボ・レオン州モンテレイ)30日(同31日)に当地で海外第2戦を行うプロボクシングWBA世界フライ級1位・亀田興毅(21)=亀田=が、前日計量に臨み、対戦相手の元メキシコ同級王者サルバドール・モンテス(28)=メキシコ=とともに契約リミットちょうどの50.8キロで一発パスした。同試合はWBAインターコンチネンタル王座決定戦として行われる。
 WBC世界同級王者・内藤大助(33)=宮田=に挑戦状をたたきつけている興毅が、サイン攻めにあった後、ご機嫌で語気を強めた。
 「世界に向けて、フライ級最強といわれる試合をしたい。メキシコで亀田の実力を見せたい」
 当地のショッピングセンター駐車場を使った公開計量場には、100人を超すファンが集結。7月12日のメキシコ・デビュー戦を2回KO勝利で飾った興毅の人気ぶりをうかがわせた。11日に正式承認された亀田ジムの初陣となるだけに「調子は最高。敵地やし、KOを狙いたい」とド派手勝利を宣言した。
 対戦相手の地元の英雄モンテスは18勝(15KO)3敗の強打者。試合はメキシコでテレビ生中継されるだけに「サプライズを起こす。亀田は世界ランカーで、私にとって大きなチャンス」と勝利に執念をみせた。

 ありゃりゃ、デイリーだけではなく、サンスポも18勝(15KO)3敗になっている。まあ Boxrecには問題有りだけど、18勝3敗のメキシコ王者が無名なのはおかしいでしょう。少なくとも世界ランキングの下位には入ってくるはずだし。まあ、5勝(2KO)4敗というレコードにいくつかの欠落はあるかもしれないが、18勝(15KO)3敗はあり得ない。
 タイトル名にインターとつくと、テーズ、力道山、馬場と受け継がれたインターナショナルヘビー級タイトルが刷り込まれているんで、何かビッグタイトルのような感じがするけれど、 WBAインターコンチネンタル王座も WBCインターナショナル王座も単なる登竜門的なタイトル。これをとることによってランキング入りやランキングアップを狙うもの。もはやWBAの1位になぜか君臨し続ける亀田興毅には無用の長物。パッキャオがWBCインターナショナルタイトルの防衛戦を行っていたが、バレラ、モラレス、ラリオスといった強豪と世界タイトルマッチと同じ12Rで戦うための方便だったと思う。バレラ、モラレス、ラリオスが相手なら世界タイトルマッチでも遜色はないんだが、亀田の場合は‥。
 昨日まで無名だったモンテスがいきなり地元の英雄になってしまうあたり笑ってしまうけどね。対する亀田興毅は、日本で試合をやっても、地元の英雄とかいわれないよね。日本の恥とはいわれるかもしれんけど。
 ショッピングセンター駐車場で公開計量ということは、ぎりぎりオーバーしていた時には、公衆の面前でパンツをぬいで、フルチンということもあるのかしらん。
 もし、内藤戦が実現して、負けても、このインターコンチネンタル王座も世界タイトルに準ずるタイトルとかいって3階級制覇のひとつに入れてしまいそうで怖いのだが。

[PR]

実体のないタイトルマッチ

 亀田興毅とサルドバール・モンテスの試合は、空位のWBAインターコンチネンタルフライ級タイトルマッチになったらしい。しかし、ノンタイトル→WBCインターナショナルタイトル→ノンタイトル→WBAインターコンチネンタルタイトルと猫の目のように変わる。下部タイトルなんて管理がいいかげん。まあ、世界タイトルだって、正規王者と暫定王者が並立していたり、スーパーチャンピオンや名誉チャンピオンなどわけの分からないものが一杯あるけれど。
 WBAインターコンチネンタルタイトルとは実体のよくわからないタイトルで、ヨーロッパに地域タイトルを持たなかったWBAがEBA(ヨーロッパボクシング協会)を設立し、ヨーロッパの地域タイトルとしてWBAインターナショナタイトルがルーツらしいが、タイトルの管理、位置づけなど不明な点が多い。まあ、真っ当なタイトルではないのだけれど、亀田側、及び亀田擁護マスコミは世界タイトルに準ずるタイトルと大いに喧伝するだろうことは想像に難くない。
 地域タイトルを取るということは、その地域タイトルの上部団体のランキングを上げるための手段なわけで、アジアでもOPBFのチャンピオンはWBCのランキングで優遇される。WBAで1年以上に渡って1位にランクされる亀田興毅には何のメリットもないはずだが。内藤戦をチャンピオン同士の戦いに偽装するための工作なのだろうか。たぶん亀田興毅はタイトルを奪取し、凱旋帰国というプロレスチックなブックが描かれ、空港でのインタビューで内藤戦をぶち上げるのだろう。

 今回の興行のメインイベンタークリスチャン・ミハレスに子供扱いされる、自称フライ級最強ボクサー

[PR]

ゲーム脳かよ

テレビゲームで子供の頭は壊れている!●「酒鬼薔薇」時代よりさらに深刻化
 秋葉原の殺人は予告されていた——。
 加藤智大(25)の事件の余波が続く中、注目を浴びている本がある。「脳内汚染」(文芸春秋)だ。著者は京都医療少年院に勤務する精神科医の岡田尊司氏。
 岡田氏がこの本で解説するのはテレビゲームに熱中することの危険性。加藤も子供のころからゲームにのめり込んでいたため、“予告の書”とみられているのである。同書によれば、ゲームにおぼれる子供たちは仮想と現実の区別がつかなくなり、麻薬と同様の中毒症状を呈するという。
 岡田氏は興味深い資料を紹介している。東京、大阪などで中学生を対象に実施した調査で、ゲームにはまる子供はそうでない子供に比べて次のような特徴があったという。
◆「生まれてきてよかったし、自分のことを好きだと思う?」に「いいえ」と答えた割合は約5倍。
◆「人は敵か味方かのどちらかだと思う」と答えた子は2.5倍。
◆「傷つけられるとこだわり、仕返ししたくなる」と答えた子は約2倍。
◆「小さな動物をいじめたり、傷つけたことがある」と答えた子は3倍強。
 こうした兆候の先には現実と仮想の区別が曖昧になり混乱する「仮想現実失調」が待っている。
「仮想現実失調に陥った子供たちは、実際の現実とはまったく違う世界に生きているともいえる。それが彼らにとっての現実とさえなっているのだ。現実と仮想の逆立ちが進む中で、同じ人間の生命を破壊することへのもっとも強いタブーさえ失われてしまうのである」
 この指摘通り、いとも簡単に7人の生命を破壊したのが加藤というわけだ。11年前に神戸で起きた「酒鬼薔薇聖斗」こと少年Aの事件でも“テレビゲーム脳 ”が問題になった。酒鬼薔薇は当時14歳だったが、同年齢の加藤は酒鬼薔薇よりさらに10年以上ゲームにはまってきた。20年に及ぶゲーム歴は、彼の頭を壊し、無感覚で人を殺す狂人に変えたといえるだろう。子供の手からゲームを取り上げたくなる話だ。

  またゲーム脳ですか。最近、また血液型の本がベストセラーになったりして、こういう非科学的なものが、否定されても否定されても、ゾンビのように蘇ってくるのは、このようなアホマスコミの功績が大である。
 
  

[PR]

中国の「友人」じゃなくていいんじゃないの

中国の「友人」じゃなくていいんじゃないの
中国の王毅外務次官(前駐日大使)は12日、日中両国のメディア交流会合で講演し、「北京五輪の国際聖火リレーが成功裏に終わった後、(各国の対応から)誰が中国人の本当の友人かが分かる」と述べ、日本政府が要人の開会式欠席表明などをしないようくぎを刺した。

 次官は「中国は(聖火リレーの過程で)世界にほほ笑みで対応している。多くの国や人々がほほ笑みで応えてくれるが、別の顔を見せる人もいる」と、チベット問題で中国を批判したり、首脳の開会式欠席を表明した国々を批判した。

 日中関係については「政治的障害を克服して全面的に改善しつつある」との認識を示した上で「双方の(相手国に対する)国民感情をもっと改善させることが重要だ」と指摘。5月に予定される胡錦濤国家主席の訪日を、長期的な両国関係発展の将来図を描く「歴史的な訪問」にしたいとの意欲を示した。 (共同) スポーツニッポン

  正論というかその通りだよね。ミサイルの照準を向けていたり、大使館を破壊したり、毒入り餃子を送ってきたりする友人なんていらないよね。

[PR]

亀田また逃げる。さすがは浪速の逃拳一家

亀田和毅、メキシコへ出発…アマ最高峰大会に日本人初出場へ
プロボクシング亀田兄弟の三男・和毅(15)が26日、アマチュアの最高峰大会「ゴールデン・グローブ」(7月21日開幕・メキシコシティー)でのアマデビューと日本人初出場の歴史的快挙を目指し、日本を出発した。
 現地到着後は健康診断とエントリーを申請し、7月7日に出場可否が判明。出場が決まれば1か月以上の長期滞在となる。“亀田家最終兵器”は5月に、日本人世界上位ランカー限定の100万円懸賞マッチで相手を公募。日本スーパーフライ級王者の河野公平(26)=ワタナベ=が名乗り出たが「忙しなってもうた。メキシコまできたらやってもええで」とやんわりと断った。エントリーする階級は、ジュニアのバンタム級(54キロ以下)。出場人数でトーナメントかリーグ戦になるようで、1回戦は7月21日の開会式後となる見込み。出場が決まれば父・史郎トレーナー(42)も合流する。(スポーツ報知)

 あちゃー、河野公平から逃げるのね。ほんと予想通りの展開だわ。河野とのスパーリングを拒否する理由の「ゴールデングローブ」は米国の有名ボクサーの通過点の「ゴールデングローブ」ではなく、メキシコ版の「ゴールデングローブ」。この報知の記事は意図的なのか、無知なのかはわからないが、アマチュアの最高峰大会と書くことによって両者を混同させている。名チャンピオンリカルド・ロペスがアマチュア時代にした三連覇した大会でもあり、ボクシングのレベルの高いメキシコだからそれなりの大会ではあるのだろうが。
 こいつアマの連盟と揉めてアマチュアと決別したんじゃなかったっけ。いまさらアマチュアなんてちゃんちゃらおかしいし、プロのリングでスパーリングとかやっているのだからアマチュア資格があるのか疑問だ。
 まあ、たぶん書類選考で落とされて、また一方的に「メキシコ人が逃げた!」なんて声高に叫ぶのが関の山だろう。
 日本王者のプライドを捨ててまで、スパーリング相手に名乗りを上げた河野公平には気の毒としか言いようがない。反面、こんなおかしな奴らにかかわらずに済んで良かったかも。

[PR]

どーでもいいけど

Excite エキサイト : スポーツニュース
 万が一の事態を回避する最良の方法は、亀田親父をセコンドにつけず、ドレッシングルームに監禁しておくこと。
 けんか祭りとは何とも下品なタイトルであることか。ボクシングは喧嘩じゃない。

[PR]

,