騒音を出せって?

HVにエンジン類似音を義務化へ 国交省「静かすぎて危険」
ハイブリッド車(HV)の走行音が静かすぎ歩行者に危険との指摘を受け、国交省は15日、低速走行時にエンジンに似た音が出る装置を搭載するよう自動車メーカーに義務付ける方針を固めた。省令改正に向け、近くホームページなどで国民の意見を求める。有識者会議でチャイムやメロディー音も検討されたが「静かな住宅地でそうした音は違和感がある」などの意見が多数で、ガソリン車のエンジンに似た同音量の音が最適と判断。
 せっかくの騒音がない車なのに、わざわざ騒音をだせという妙な話、センサー技術を駆使して何らかの警告音を発すれば良いだけの話。チャイムやメロディー音は違和感があるって、そんなのは慣れだけの話でしょう。我々が慣れれば良いだけの話。トラックの左折時の警告音とか、歩行者用信号の警告音も、最初は違和感があったけど、普及してしまったら、違和感がないでしょう。

[PR]

<< 世に終末の種は尽きまじ , 恥の上塗り >>