マスコミが報道するかぎりこの現象は続く

<珍現象>オタマジャクシ70匹、秋田でも
秋田県羽後町の住宅地でも17日午後10時半ごろ、オタマジャクシの死骸(しがい)約70匹が見つかった。発見者の矢野圭市さん(37)によると、自宅の車庫兼物置の近くに20匹、自宅近くの路上に約50匹が散らばっていたという。

 秋田地方気象台によると、周辺での異常気象の発生はなかったといい、矢野さんの父親で和菓子店を営む圭太郎さん(69)は「近くに川や田んぼがあり、オタマジャクシを飲み込んだサギが巣のひなに届ける途中、カラスなどに驚いて吐き出したのでは」と推測しながらも、「こんな現象は見たことがない」と首をひねった。【佐藤正伸】

 だから、もうこれは便乗犯でしょう。明らかに人為的なもの。オタマジャクシが地上で死んでいるだけで、空から落下してくるのを目撃したわけでもないし。サギの仕業といっても、サギはオタマジャクシばかり食べるわけではないから、他の水棲生物が混在していても不思議ではないのに、オタマジャクシばかりなんて、どう考えてもおかしいでしょう。
マスコミもいい加減報道するのを止めたらいかが?これだけの件数があれば、もはや珍現象とは呼べないでしょう。マスコミが報道しなくなれば、こんなことすぐになくなりますよ。

[PR]

<< 予想(予定?)通りサラド戦は中止 , 柳の下の泥鰌は二匹いるか >>