理不尽に生命を奪うな

埼玉でもオタマジャクシ 宮城の民家にも約50匹
埼玉県久喜市の民家の庭で16日、オタマジャクシや小魚とみられる二十数匹の死骸が散乱しているのを、この家に住む無職男性(77)が見つけ、近所の知人が同市役所に連絡した。市役所への取材で17日分かった。男性によると、16日午後1時ごろ、玄関先で十数匹の死骸を発見。自宅周辺を見回ったところ、隣家の駐車場などにも数匹の死骸があった。宮城の民家にも約50匹落ちてきた
どう考えても人為的なものでしょう。マスコミが面白がって取り上げるから、こういった行為が続く。オタマジャクシや小魚であっても、生命なのだから、理不尽に殺すのは駄目だ。犬や猫を可愛がることだけが動物愛護ではない。

[PR]

<< 柳の下の泥鰌は二匹いるか , 何が本望だ >>