小堀引退

マグロ解体ショーも…小堀“宴会”引退会見
現役引退を決意した前WBA世界ライト級王者・小堀佑介(27=角海老宝石)が笑顔で別れを告げた。7日、都内の角海老宝石ジムで引退会見を行い「首のヘルニアを抱えて勝てるほど甘くない。潔く引退を決意しました」とあいさつした。涙はなく堅苦しいのもここまで。田中トレーナーによるマグロ解体ショーが行われ、出席者に刺し身と缶ビールが振る舞われると、もはや宴会状態。結膜炎を患い眼帯姿の小堀も「朝まで飲んで、ゲロを(食道で)行ったり来たりさせながらロードワークをしたことが印象に残っている」と話し会場を沸かせた。進路は未定で、来月からインドへ放浪の旅に出る。
 首のヘルニアは一歩間違えば、半身不随になる可能性もあるので、本人としては不本意だろうが、これからの人生の方が長いのだから、賢明な選択だと思う。
 アルファロを鮮烈なTKOで破った世界戦は長くボクシングファンの記憶に残るだろう。お疲れ様でした。

[PR]

<< 何が本望だ , どこが最終兵器やねん。 >>