結局、暫定狙い

ボクシング タイから帰国した亀田史郎社長を成田空港で独占直撃
亀田興毅のWBA世界フライ級王座挑戦をめぐり、陣営がついに動いた。五十嵐紀行会長と亀田プロモーションの亀田史郎社長が6月のタイトルマッチ実現に向け、同級王者のデンカオーセン・シンワンチャー陣営と接触。二重契約問題の収束を試みた。だが、事態は依然として平行線のまま。興毅の2階級制覇はどうなるのか。帰国直後の史郎社長を独占直撃した。

 --今回、タイを訪問した目的は、6月の世界戦の交渉なのか?
 「(デンカオーセン陣営の)話を聞きに行った。その結果、(マネジャーの二重契約問題が)どういう状況になっているか分かった。6月の世界戦どうこうという交渉まではしていない。俺の意見を(主張しに)言っただけだ」

 --デンカオーセンは?
 「(亀田戦に否定的な)ニワットに従うと言っている。俺が握手して『興毅とファイト、ファイト』と言ったら、ノー(と拒否した)」

 --王者はニワット氏側についている?
 「法律でデンカオーセンは(亀田陣営と契約を交わしたナリスとも)ちゃんとした(マネジメント)契約を結んでいるようだ。紙(契約書)も見せてもらった。(契約では日本で試合をする場合に)ナリスの承諾もいる。ナリスが許可しなければリングに上がれない。指名試合の期間は決まっている。(デンカオーセンは9月までに指名試合をしなければ)王座はく奪の可能性もある。試合をしたかったら誰かが歩み寄るしかない」

 --マネジャーの二重契約問題がネックか?
 「ニワット氏とナリス氏が、デンカオーセンのファイトマネーの取り合いをしている。2人で分ければいいのに、『俺にこそ権利がある』と言い合っている。今回の訪問で(挑戦決定の)結論は出なかった。このままでは興毅の試合(6月のタイトル戦)はなくなってしまう」

 --デンカオーセンへのタイトル挑戦が白紙になる?
 「(デンカオーセンとの6月のタイトル戦が)なくなってもWBAに打診してるから大丈夫。こじれたら『WBAなりの決断をしてくれ』と伝えてある。王者が試合をできない以上、(デンカオーセンのマネジャー同士の)話し合いで決着がつくまで、暫定王者を作らなければならない」

 --興毅は最新のランキングで1位。暫定王者の資格はある。
 「まずは暫定王者決定戦に勝って、それから暫定と正規(王者デンカオーセン)で、対決をすればいいわけや。焦ることはない。(暫定王者決定戦が行われなくても)デンカオーセンは9月までに(ランキング1位の興毅との)指名試合が義務付けられている。(こっちから)仕掛ける必要ない。WBAの判断を待つだけや。遅かれ早かれ、年内に世界戦は実現できる」

 --そのためにも3月4日の試合は大事だ。
 「デンカオーセン戦を見据えてハードパンチャーを選んだ。パンチ力のある選手をどうさばくかが、課題やな」

 --最後にニワット、ナリス両氏に言いたいことは?
 「(マネジャーがもめることで)一番かわいそうなのは選手や。リングに上げてビックマッチをさせてあげないといけない。それがマネジャーやプロモーターの仕事や」

 亀1号は指名挑戦者ではあるけれど、デンカオセーンが6月に亀1号との試合をやらないからといって、暫定王座を設けるのはナンセンス。指名試合の期限は9月まであるのだから、それまでは自由に挑戦者を選ぶことができる。必ず、世界戦は出来るというが、亀1号が指名挑戦者で有り続ける保証はない。
 タイの報道ではナリスの契約は無効という公式な見解がでていて、それに対してナリスが訴訟を起こすという話なのに。
3/4の試合、謎のWBC20位ドローレス・ビダルは、結局、BOC-RECのデータでは1勝5敗の38歳ドローレス・オソリオであることが明確になった。BOC-RECのデータが穴だらけなのは認めるが、仮にも世界ランク20位で29戦21勝(19KO)8敗なんて選手の記録がごっそり抜け落ちるなんてことは考えられない。こんな選手をハードパンチャーだなんて笑える。
 結局、暫定王座狙い、デンカオセーンとは端からやる気はなし。ただ、暫定王座決定戦にコンセプシオンが出てきたら勝ち目がないので工作中というところだろうか。
 数日目のスポーツ報知にジョー小泉氏が「昨年の秋頃にとある国のWBA1位指名挑戦者側が、王者が健康でピンピンしているのに
 『王者側と金銭問題があり、対戦交渉が出来ないので暫定王者決定戦を組んでくれ』
 とWBAに要望してきた。
 それを訊いたとある国のコミッションが
 『そんな試合(暫定王座戦)を組むなら、我が方はWBAを脱退する』と強硬に抗議、
 WBAもその国のコミッションの抗議を受けて暫定王座戦を却下した」
と書いていた。とある国とあるが、これによく似た話を聞いたことがありますねえ。
 よく、勝ち目のない世界タイトルマッチに出場して、記念挑戦などど揶揄される選手がいる。だが、何が起こるのかわからないのが真剣勝負のボクシングだ。僅かな可能性に賭けて強者に挑戦する姿勢を誰が責められるだろう。少なくとも、予定調和の試合ばかり続ける輩よりは立派である。

[PR]

<< 看板に偽りあり , 表現の自由 >>