嘘つき新聞が何をいいやがる

支局長からの手紙:イブの日 /京都
 クリスマスイブの日に元タレントの飯島愛さん(36)の死亡が伝わり、驚きました。記憶があいまいですが、彼女がテレビに出始めて間もない93年ごろに毎日新聞大阪本社内で取材したことがあります。若くて可愛いタレント取材などほとんどしたことが無かったので、あれこれ質問を準備し、わくわくしてその日を迎えました。
 ところが、お会いしてすぐにマネジャーから手渡されたプロフィルを見て、「あれっ?」と思いました。彼女の経歴がテレビデビューからしか書かれていなかったからです。当時の視聴者の誰もが知っていたわけではないでしょうが、テレビタレントになる前から成人向けビデオ作品に出ていたことは知られていたことでした。
 その点を確認するとマネジャーは「以前の事務所時代のことは知りません。彼女はテレビ出演をもってデビューしたのです」と言い切りました。「そんなことを言われてもデビューを偽っては書けない」などと、楽しみにしていた飯島さんの取材はそっちのけでマネジャーとのやりとりが延々と続きました。その間、彼女は困った表情を見せるわけでもなく、私たち2人のやりとりには全く無関心の表情だったことが印象的でした。
 とりあえず型通りの取材を終え、担当デスクに相談すると「うそを書く必要はない」ということで記事は出ませんでした。私が記事を書くまでもなく彼女は人気タレントになりました。
 ご存じのように彼女はその後、ビデオ出演についても赤裸々に告白した著作を発表しました。このとき、「ようやく過去を語れる自由を得たのだろうか」と思う一方、「以前は過去を隠すように言われ、今度はさらけ出すように事務所から言われたのだろうか」という感じもしました。だからこそ人気絶頂時の昨年3月、芸能界を引退したとき、「ああこれで本当の自由を得たのだろうな」と想像しました。そんな自由な時間も早すぎる死によって終止符が打たれました。彼女の意思による再登板がなくなり本当に残念です。

 テレビなんかでもAV時代のことに触れるのはタブーだったけれど、誰もが知っていたことだし、それを書くことが正義なのか。新聞はもっと書くことがあるだろうに。肝心なことには頬被りして、一タレントのプロフィールに嘘があると糾弾する、タブロイド紙や週刊誌と何ら変わらない。毎日新聞が嫌悪するネットとも変わらない。
 嘘を書いて糾弾された新聞が、嘘を書かなかったと胸を張って言えるはずもないし、「私が記事を書くまでもなく彼女は人気タレントになりました」って何という上から目線。もし記事になっていたら、飲み屋とかで「飯島愛はオレが記事を書いたから売れた」と自慢したことだろう。

[PR]

<< さて何回キャンセルをしたでしょう , どうせやるやる詐欺だろう。 >>