どうせやるやる詐欺だろう。

坂田陥落…2回KO負け/WBAフライ級
WBA世界フライ級タイトルマッチ(31日、広島サンプラザホール、観衆=2200)フライ級戦線異状あり! 王者・坂田健史(28)が最強挑戦者デンカオセーン・シンワンチャー(32)に2回KO負けを喫し、5度目の防衛に失敗。王座から陥落した。坂田は昨年11月にデンカオセーンと対戦し、ドロー決着で2度目の防衛に成功したが、故郷での“凱旋決着戦”に沈んだ。坂田は、世界2階級制覇を狙う「亀田3兄弟」の長男で元WBA世界ライトフライ級王者・亀田興毅(22)=亀田=の標的だっただけに、フライ級のパワーバランスが大きく変化する。
 一瞬にして会場が凍りついた。静まりかえった観客の視線を集めた坂田は、キャンバスに大の字…。視界には何も入らない。あと数時間で新年を迎えるリングで、王者がベルトを手放した。
 「パンチは見えていたけど、倒れたパンチは全く記憶にない…」
 2回終盤、坂田の右アッパーが挑戦者のあごをかすめた。これを待っていたかのように、デンカオセーンの右フックがテンプルにヒット。坂田のひざが笑い、スローモーションのように崩れ落ちた。国内ボクシング史上初の大みそか世界戦は、わずか355秒、悪夢で幕を下ろした。
 「落ち着いて立ったつもりだったのに、止められてビックリした」。10年の選手生活、プロ40戦目で初めて味わうテンカウントを、生まれ故郷のリングで味わった。
 07年11月以来の再戦。このときも、1回に右ストレートを浴びてダウンを喫したが、ドロー防衛で切り抜けた。だが、相手のパンチに耐えながら逆襲してベルトを守ってきたスタイルの“勤属疲労”は深刻だ。
 坂田が陥落したことで、世界フライ級戦線も大きく揺れる。坂田陣営の協栄ジム・金平桂一郎会長(43)は来年、同ジムが設立50周年を迎えることもあって、WBC世界フライ級王者・内藤大助(34)=宮田=との統一戦プランを表明。内藤が所属する宮田ジム・宮田博行会長(42)も、前向きの姿勢をみせていた。
 両陣営とも興毅との対戦を先延ばしする意向を示していたが、これですべてが“白紙”に…。この日、テレビ観戦した興毅はすぐさま反応。デンカオセーンへの挑戦を表明した。「ようやくWBAに挑戦できます。満を持して登場です。2階級制覇をやらせてもらいます」とコメントを出した。
弱肉強食。坂田は「先のことはゆっくり考えたい」と進退を留保したが、その目に力はない。年頭から、興毅の存在がクローズアップされる。


あのさ、別に内藤陣営も坂田陣営も、亀1号との対戦を先延ばしていたわけではない。亀1号が逃げただけ。
 亀1号はWBAのランキング1位で指名挑戦をWBAから打診されていたにもかかわらず拒否。そのためデンカオセーンが指名挑戦者になった。
  内藤にいたっては、条件面で理不尽な要求をして、自ら話を壊した。まあ、交渉ごとなので、全面的に亀側が全て悪いとは言えないがけれど。
  亀側はWBAの暫定王座設置を画策したり、ドネアの返上を見込んだうえでの、IBF挑戦者決定戦に出場しようとしたり、言動と行動が一致しない。
 またどうせやるやる詐欺だろう。デンカオセーンのあのパンチを目の当たりにしてはねえ。逃げまくりながら、また暫定王座設置を画策するのが関の山だろう。他のタイ人選手と同様に金でなんとかできるととでも思っているのだろうか。弱肉強食誰が弱で誰が強なのか、ファンはすでに知っている。亀田は強ではないのは明白だ。
 

[PR]

<< 嘘つき新聞が何をいいやがる , プロゴルファー相手に挑発ってバカか >>