ご苦労様

<名鉄>パノラマカー前倒しで引退 12月のダイヤ改正
名古屋鉄道は30日、12月27日実施のダイヤ改正で「パノラマカー」として親しまれてきた7000系車両と、1000系車両(パノラマスーパー)を通常運行から外すと発表した。09年度中に引退する予定だったが、維持費の軽減などから前倒しした。
 ただ、引退を惜しむファンの声もあり、7000系2両のうち1両の前頭部を61年のデビュー当時に復元したうえで、今年度内に愛知県岡崎市内の舞木検査場に保存する。当面はイベントなどで運行することを検討している。
 パノラマカーは日本初の前面展望を持つ車両で、鮮やかな赤の車体や駅到着時に鳴らす警笛が特徴。最も多い時は116両が活躍した。現在3編成(1編成4両)が名古屋本線などで運行している。
 ダイヤ改正では日中に名鉄名古屋駅に停車する特急を毎時5本から3本増やすなど、主に特急の運行系統を再編。特急、快速特急、ミュースカイ合わせ、平日で32本、土休日で43本増やし、各地から名古屋への利便性を高めた。【米川直己

名鉄のシンボルといった電車だったので、引退は残念。ミュージックホーンのメロディーに「どけよ、どけよ、殺すぞ」なんて物騒な歌詞をつけて歌ったりした。名古屋市内の人は違うかも知れないが、田舎の子どもにはパノラマカーに乗ったということは一種のステータスだった。
 ありがとう、ご苦労様、パノラマカー

[PR]

<< 「大毅いよいよ復帰戦!心も体も... , えっ、人の所為 >>