北の湖は相撲界から去れ

理事長は検査やり直し強調 内館委員は厳しい見解
大麻に陽性反応を示した幕内露鵬、十両白露山について、検査を新たにやり直す意向を固めている北の湖理事長は5日、「本人は絶対にやっていないと言うんだから、同じ検体を使って別のところでやる方法もある」とあらためて強調した。東京・両国国技館内で行われた横綱審議委員会(横審)によるけいこ総見後に語った。
内館牧子委員は「5度も陽性反応が出た結果を厳粛に受け止めるべきだ」と厳しい口調で話した。

検査結果も出ないうちから、検査をやり直すというのがアホだ。それも別のところで。検査結果を陰性にしてlくれる検査機関が現れるまで再検査をやり続けるつもりなのか。呆れてものが言えない。三菱化学メディエンスは世界アンチドーピング機構公認の日本で唯一の検査機関で、国際審査認定機関NATAより、ISO/IEC17025を取得していて、その検査結果が世界中で公式の検査結果として通用するところなんだが、北の湖はその検査結果を信頼出来ないと言っているわけだから、もう何をか言わんやである。とにかく、理事長の椅子を守ることに汲々として協会のこと、力士のことなど少しも考えてはいないだろう。もし、検査結果がクロと出ても、真相を究明する責任があるとか言って、理事長の座に留まろうとするに違いない。ただでさえ相撲離れが激しいのに、今度の不祥事もやり過ごせば何とかなるだろうと、全く危機感を感じていないのはなぜだろう。一般の相撲ファンが離れてもタニマチさえいればやっていけると思っているのだろうか。こんな人は理事長の職を辞するだけではなく、相撲界から去ってもらいたい。

[PR]

<< 穢れた力士は土俵に上がるべきではない , Don't Disturb >>