いくら北の湖がKYでも退陣するだろう

<大相撲>露鵬と白露山が大麻陽性反応 抜き打ち尿検査
日本相撲協会は2日、抜き打ちの尿検査で幕内力士の露鵬(28)=大嶽部屋、本名ボラーゾフ・ソスラン・フェーリクソビッチ=と、十両力士の白露山(26)=北の湖部屋、本名ボラーゾフ・バトラズ・フェーリクソビッチ=の兄弟力士の検体から、大麻の陽性反応が出たと発表した。警視庁組織犯罪対策5課は同日夜、2人から任意で事情を聴いた。
 検査は元幕内力士の若ノ鵬寿則容疑者(20)=間垣部屋、8月21日に解雇=の大麻所持事件を受け、協会の再発防止検討委員会(委員長・伊勢ノ海理事=元関脇・藤ノ川)が実施。日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の大西祥平専門委員(慶大教授)の指導で、両国国技館内で行われた。
 幕内と十両の力士による親睦(しんぼく)組織・力士会の定例会の冒頭で行い、若ノ鵬と同じロシア出身で、交友のあった露鵬と白露山は、精密検査まで行った。全関取を対象にした、力士の抜き打ち尿検査は初めて。
 朝青龍と白鵬の両横綱をはじめ、十両以上の全員が対象となり、検査を受けた。尿サンプルを提出し、まず5分程度で分かる簡易検査を実施。露鵬と白露山の2人は、さらに残されて精密検査を受けていた。【上鵜瀬浄】

今まで、理事長の責任を問う声に対して、のらりくらり躱してきた北の湖理事長だが、自分の部屋の力士から大麻の陽性反応が出たとあっては退陣せざるを得ないだろう。理事長を退陣するだけではなく、理事からも退くのが妥当であろう。
 北の湖は結局何もやっていないんだよね。口では土俵の充実を唱えるけれど、具体的な方策が何もない。年寄株貸借禁止という改革を止め、元に戻したし、一連の不祥事の際も、福田首相ではないが、まるで他人事だったし。現役時代に強い横綱だったとしても、日本相撲協会という団体を運営していく才があるわけでなし、だいたい現役時代に何事も「ごっちゃんです」で済ましていた人たちが、銭勘定なんかやれるはずもないし、やはり、外部からの役員を早急に導入する必要がある。
 でも大相撲もプロ野球と同じで危機感がないのよね。土俵の充実をお題目のように唱えていれば、お客は戻ってくると思っている。
 露鵬と白露山は即刻解雇すべきだし、他にも汚染がひろがっていないか、全力士を対象にして検査すべきだ。
 

[PR]

<< Don't Disturb , 亀田判定勝ち。次戦は暫定王座決定戦? >>