モンテスの戦績が18勝(15KO)3敗になっている。

興毅、メキシコ2戦目は世界前哨戦
 「WBAインターコンチネンタルフライ級王座決定戦」(日本時間31日、メキシコ)

 ボクシングのWBA世界フライ級1位・亀田興毅(21)=亀田=が、完全勝利で世界前哨戦を飾る。28日(日本時間29日)、メキシコ・ヌエボ・レオン州で会見が行われ、大会主催者が30日(同31日)に行うサルバドル・モンテス(28)=メキシコ=との試合をWBAインターコンチネンタル王座決定戦として行うことを発表した。年内にWBC世界フライ級王座挑戦を公言している興毅にとって、今試合が世界前哨戦になる可能性もあり、完ぺきな予行演習をこなし2階級制覇を目指す。
  ◇  ◇
 ひな壇の興毅は、詰めかけた50人以上のメキシコメディアを前にして力強く言い切った。「今年中にフライ級のベルトを巻く。そのためにメキシコに来た。今回の試合はその大きなステップになる」。異国の地で修行に励む元世界王者は、終始落ち着いた表情で貫禄を漂わせた。
 今試合はWBAの地域タイトルを懸けて臨む。当初から予定されており、大会主催者がこの日、正式発表した。インターコンチネンタル王座は多数の地域王座の最上位に位置し、世界王座への最終ステップ。世界戦同様に12回戦で行われ、興毅にとっては世界戦の予行演習の意味合いが強い。
 すでにWBC世界フライ級王者・内藤大助(33)=宮田=に挑戦状をたたき付けており、亀田陣営は年末開催を希望している。現時点で交渉は行っておらず、世界戦に関しては白紙の状態。今後の交渉次第では、日程が前倒しとなる可能性もあり、その場合、今試合後ダイレクトでの世界戦が現実的となる。
 すべての可能性を踏まえてリングに上がる。7月12日のメキシコデビュー戦では2回KO勝利を飾ったが、今回の相手は元メキシコフライ級王者で前回よりも格上だ。「ここは敵地やから判定は考えてない。でも早く倒そうとは思ってない。今までやってきたことを出して倒したい」と、より慎重な姿勢を見せた。
 多くの軽量級世界ランカーを抱えるメキシコ国内での注目度は高く、今試合はメキシコ全土でTVで生中継される。「世界戦に関しては全然焦ってない。でもいつやってもいけるようにしてる。準備はできてる」。新たな勲章を手に、夢の2階級制覇に突き進む。

強打者モンテス、KO勝ちに自信
「WBAインターコンチネンタルフライ級王座決定戦」(日本時間31日、メキシコ)

 WBA世界フライ級1位・亀田興毅(21)=亀田=が、完全勝利で世界前哨戦を飾る。28日(日本時間29日)、メキシコ・ヌエボ・レオン州で会見が行われ、大会主催者が30日(同31日)に行うサルバドル・モンテス(28)=メキシコ=との試合をWBAインターコンチネンタル王座決定戦として行うことを発表した。
  ◇  ◇
 亀田の相手、モンテスが、打倒「KAMEDA」を宣言した。モンテスは戦績18勝(15KO)3敗の戦績を誇る右の強打者。会見で興毅を前にしたモンテスは「亀田の連勝は俺が止める。KOする自信はある。パンチには自信があるんだ。この試合に勝ってタイトルと世界ランクをもらうよ」と不敵な笑みを浮かべた。

だから、主役は亀田興毅じゃないって。主役はミハレス。おまけなんだって興毅は。
異国の地で修行に励むというのなら、もっと骨のある相手とやらなきゃだめでしょ。でましたインターコンチネンタル王座の持ち上げ。昨日書いたようにインターコンチネンタル王座は得体の知れないタイトル。こんなタイトルだったら、まだOPBFのほうが管理もちゃんとやっているし、権威があるわ。
 メキシコ全土でテレビ放映って、前の試合ではメキシコはおろか全米で中継されるといいながら、全く放映されることなく終わったんだけどね。中継されるのはミハレスの試合。興毅の試合はおまけ。日本でもメインイベントは中継されるけど、前座はメインがKO決着で早く終わった時に穴埋めにダイジェストで放送されるでしょう。あれと同じ。
 いつの間にかモンテスの戦績が18勝(15KO)3敗になっている。デイリーも8/7には次のように報じていたのに。
8・30興毅の相手は元メキシコ王者
ボクシングのWBA世界フライ級1位・亀田興毅(21)が現地30日にメキシコで臨むノンタイトル12回戦の対戦相手が6日、所属事務所を通して、元メキシコ同級王者サルバドール・モンテス(メキシコ)と発表された。モンテスの戦績は9戦5勝(2KO)4敗。
 同興行はWBA&WBC世界Sフライ級統一王者クリスチャン・ミハレス(メキシコ)がメーンを務める。興毅はWBCフライ級王者・内藤大助との“大みそか決戦”をぶち上げており、ミハレスの前で夢の実現につながるKO勝利を狙う。

 何時の間にか勝ち数が13個も増え、負け数にいたっては1個減っている。8/7に報じた9戦5勝(2KO)4敗という数字はなんだったのか。誤報であるのなら訂正のひとことがあってもいいと思うけど、デイリーはなんらこのことに触れていない。
亀田興毅、計量パス「もちろん倒しにいく」
ボクシングのWBA世界フライ級1位・亀田興毅(21)=亀田=が29日(日本時間30日)、メキシコ・モンテレイで計量を行い、リミットいっぱいの50・8キロで一発パスした。計量直前には着用していた白いランニングシャツを切り裂くパフォーマンスで気合を注入。また対戦相手のサルバドール・モンテス(28)=メキシコ=も50・8キロで一発パスした。
 メキシコ第2戦(日本時間31日)へ向けて気合十分だった。計量を終えた興毅は「最高の仕上がり。こんなに調子がいいのは初めてや」と笑顔をのぞかせた。試合に関しては「焦らずにいく。ここは敵地やから油断したらやられる。もちろん倒しにいく」ときっぱり。一方のモンテスは「サプライズを起こす。カメダの世界ランクは俺がいただく」と豪語した。

 ちょっと待て。パフォーマンスは禁止といっていなかったっけ、推薦人のワタナベジム会長は。
ジムが承認されればやりたい放題だろうということは、予測はできたが‥。呆れるね。

[PR]

<< モンテスくんは地元の英雄 , 実体のないタイトルマッチ >>