だったら辞退すればよかったやん

新井「6月に折れていたと思う」 腰椎疲労骨折
北京五輪野球の日本代表で4番を務め、帰国後に「第5腰椎の疲労骨折」と診断された阪神の新井貴浩内野手が27日、「北京に行って折れたわけではない。6月中旬から折れていたと思う」と話した。腰痛を訴えていた新井は7月16日から計9試合に欠場。だが実際は、「痛みは6月中旬から変わらない。トレーナーから止められていたのを、振り切って出ていた」と明かしたように、腰の状態は相当悪かったようだ。
本人は怪我を押して出場して良く頑張ったと言われたいのかもしれないが、そんな状態であれば辞退するのが当然。プロ失格だと思う。大丈夫という本人の言い分を信じて、メディカルチェックもしていないのか。知っていて出場されていたのか。いずれにしても全くプロフェッショナルの体をなしていない。呆れた。

[PR]

<< 実体のないタイトルマッチ , 野村流の皮肉 >>