厚顔無恥

星野監督TVに生出演 “続投”前向き
北京五輪日本代表の星野監督は日本テレビの報道番組「NEWS ZERO」に生出演。来年3月WBCでの“続投”について「負けた監督にチャンスを、ということだと思う。今は何とも答えられませんね」と話しながらも、今後については「叩かれてもチャレンジしてきた。叩かれるぐらいチャレンジして前へ進みたい」と前向きな発言も。また、北京での敗戦を踏まえて準備期間や対応力などを課題に挙げ、若い選手には「タフさ」を求めていた。
 もう厚顔無恥というしかないですね。まあ、このように後押しをする人がいるから、強気にもなれるんでしょうけど。
渡辺会長がWBC指揮官に星野監督後押し
巨人・渡辺恒雄球団会長(82)が25日、来年3月の第2回WBC日本代表指揮官として星野監督を後押しした。

 都内で取材に応じた渡辺会長は「ほかにいるか?星野君に欠点があったかもしれないし、失敗したかもしれん。星野君以上の人がいるならいい。でも、いるかね?オレはいるとは思わない」と持論を展開した。来年3月上旬に開催される第2回WBC。準備面も含めてまず代表監督は早急に決めなくてはならない懸案事項でもある。水面下では引き続き星野監督が指揮を執ることで話が進められてきたが、今回五輪の“惨敗”を受けて球界の中では楽天・野村監督らを推す声も出てきている。

 渡辺会長はメダルを逃した今回の五輪については「やっぱり韓国とかキューバはハングリー。日本の選手が飽食暖衣とは言わんが、甘ったれているから良い勉強になったと思う」としたうえで「星野君の采配?君らがいろいろ書いているから、オレが言う必要はない」と振り返った。今後、監督人選については9月1日の実行委員会で議題として諮られ、12球団の意見が一致したところで監督要請となるが、球界に大きな影響力を持つ同会長の今回の発言。球界の決断に注目が集まる。

 本当にナベツネは球界の老害ですね。大連立なんかを画策したから、球界だけじゃないか。こんな惚けている老人のいうことを聞こうとする、球界はおかしい。もう、巨人戦というだけでは、視聴率もとれないし、観客動員にも繋がらない。いつまでも讀売を有り難がる風潮はいかがなものか。讀売は球界の盟主などではなく、12/1にしか過ぎないのに。こんな老人の発言を有り難く戴いているから、日本は韓国の後塵を拝すようになってしまったのだ。
 a0020280_1141877.jpg

[PR]

<< 亀田の呪い , 何と言われても星野批判は続けます >>