何と言われても星野批判は続けます

星野監督WBCに意欲
 北京五輪の野球で屈辱の4位に終わった星野ジャパンの首脳陣以下24選手が24日、成田空港着の便で帰国した。到着ロビーに姿を見せた星野仙一監督(61)を筆頭に全選手の表情は終始、固いまま。空港では前日のインターネット上での“卵攻撃予告”に備え、異例の厳戒態勢が敷かれた。星野監督は成田市内のホテルで記者会見し「被告席にいるような感じ。すべて私の責任。大変申し訳ない」と陳謝。また同監督が帰国前に北京で意欲を示した来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表監督に関しては、9月1日のプロ野球実行委員会で人選を一本化することになった。
 屈辱といえる3位決定戦の敗戦から一夜明けたこの日。星野監督は五輪の試合が行われていた時と同じように、午前中の取材に答えた。話題は今後の焦点となるWBCの監督についての問題へ。星野監督が口を開いた。
 「オレが決めることやない。でも、最後はオレが決めることになるか。今はそこまでは考えていない」。就任要請があったことを示唆しながらも現時点での態度はまだ、決めかねている様子。しかし、この後、何とも意味深なコメントを発した。
 「失敗しても、失敗してもチャレンジするというのがオレの人生。それをたたくのは時間が止まっている人間だよ。ユニホームはいいね。若返るよ。キツイけど」
 これまでは自らのホームページに「もっと若い監督、若いスタッフでことに当たっていくべき」と書き込むなど否定的な見解を示し続けてきた。しかし、五輪という大勝負はまさかのメダルなしで終了。“反骨の人”星野監督の心には“このままでは引き下がれない”という気持ちがふつふつとわき上がったようだ。
 この日も国際試合でのチーム編成について「パワーピッチャーを育てていかなきゃ。韓国の金東柱や李大浩のように国際大会の体験を積んだ選手が代表に入ってくれば」と語った闘将。帰国後について聞かれると「野球なんか見るか! 1カ月くらいは休みたい。みなさんの前から消えますよ」と言って笑った。
 どうやら、まずは昨年1月に五輪代表監督に就任してからのさまざまな疲れを癒やしたいという気持ちは強い様子。しかし、その周辺はこれからも、騒がしくなっていく。 (川越亮太)

 「失敗しても、失敗してもチャレンジするというのがオレの人生。それをたたくのは時間が止まっている人間だよ。ユニホームはいいね。若返るよ。キツイけど」
意味不明な発言なんだが、言いたいのは俺を批判するなと言うことだね。語るに落ちることとはこのことだね。アテネの時は、中畑清をテレビという公共の機関で叩いていたのにねえ。アテネの時も金メダルは取れなかったけれど、銅メダルは確保したからねえ。今回はそれ以下の体たらく。叩かれても文句は言えないと思うけどね。まだこの期に及んでWBCの監督をやろうとする感覚がわからない。たぶん今回の体たらくは自分のせいではないと思っているのだろう。裏に回ると選手たちのことをボロカスに言っているんだろうね。
 だいたい星野という人は現役時代でも、自分から交代を申し出ておきながら、マウンドに来た投手コーチに抵抗する素振りを見せたりする人だからね。まともじゃない。
 ユニフォームが着たかったら、誰も止めないから、普段着やパジャマ代わりに着たらいいんじゃないの。それだとキツクモないでしょ。リベンジしたかったら、個人的にやればいい。欽ちゃんみたいに球団を作って、キューバや韓国に行って試合をすればいいんじゃないの。
 一番いいのは、野球界から身を引くこと。日本プロ野球を殺した人だもん、当然でしょ。a0020280_11388.jpg

[PR]

<< 厚顔無恥 , ふざけるな! >>