自業自得では

<五輪野球>日本、カナダに競り勝ち準決勝進出へ前進
北京五輪第11日の18日、野球の1次リーグ第5戦で日本はカナダと対戦。1—0で接戦を制し、3勝2敗として準決勝進出へ前進した。カナダは1勝4敗。日本は序盤、2併殺で好機をつぶしたが、五回、稲葉(日本ハム)の右中間本塁打で先制した。先発の左腕・成瀬(ロッテ)は7回を無四球で無得点に抑え、藤川(阪神)、上原(巨人)が好救援した。

 ▽日本・星野仙一監督 (きわどい勝利)おれを殺す気か(笑い)。成瀬がよく投げた。本当にナイスピッチング。稲葉は北京に来て、すごく調子がいい。藤川、上原もしっかりやってくれた。(上原は)全盛期に戻っている。明日の中国戦もしっかり戦う。

 ▽日本・成瀬善久投手 持ち味のゆったりした投球を心がけた。(捕手の)里崎さんが「シーズン中よりいいんじゃないか」とほめてくれた。(四回のピンチは)一塁が空いていたので、強気にいった。

笛吹けど踊らずといった状態ではなく、まず、笛が悪い。いつまで新井の4番にこだわるのか。チャンスの悉く凡退する様は、とても全日本の4番とはいえない。今日の試合の9回ノーアウト3塁でもどうしても追加点を取りたいのなら、スクイズという選択肢もあったはず。無策に打ちにいって、得点なしでは采配とはいえない。おれを殺す気かといわれても自業自得ではないか。

[PR]

<< 日本にもいましたね。相手の肩に... , 柔道とJUDOの違いなんて言い... >>