筋書き通り

<ボクシング>「亀田ジム」の設立申請受理 協会側承認へ
東日本ボクシング協会は14日の理事会で、協栄ジムと契約解除した世界ボクシング協会(WBA)フライ級1位、亀田興毅(21)、大毅(19)兄弟が所属する新ジム「亀田ジム」の設立申請を受理した。
 兄弟のマネジメント事務所「亀田プロモーション」の五十嵐紀行マネージャーが会長に就き、所在地は東京都葛飾区の自宅兼ジム。東日本協会の大橋秀行会長は「申請に不備な点はない」といい、8月11日の理事会で承認する見通しだ。
 ジム設立には▽協会員1人以上の推薦▽スタッフにプロライセンスを累積10年以上保持者——などの規約がある。東日本協会理事の渡辺均・ワタナベジム会長が推薦人になり、ライセンス10年以上保持者の吉井真二・同ジム元トレーナーがスタッフ入りする。
 大橋会長は「実際にジムを見て設備を確認するなど、今後1カ月かけて審議したい」と話した。セコンドライセンス無期限停止処分中の父史郎トレーナー(43)に関しては「指導はできない。吉井氏が指導すると信じる」と語った。【来住哲司】

 「信じる」ではなく、定期的に抜き打ち調査に入るぐらいじゃないと駄目だと思うが、基本的には黙認という形をとり、大毅のサスペンデッド明けと同じ時期に、亀父のサスペンデッドも解除、めでたく会長就任という流れが出来ているのだと思う。何かの具合で吉井トレーナーが退職した場合ジムの存続はどうなるのだろうか。
 ところで訴訟も辞さずと言っていたファイトマネー不払い問題はどうなったんでしょうかね。
 
 イーグル・デーン・ジュンラパン(元イーグル京和)引退というニュースが。諸事情はあるとは思うが、実力が落ちたわけではなく、現在も世界のトップレベルにあるボクサーがこのようなことになるなんてやり切れない。どこかの実力なしの厚待遇に比べると…。K-1からの誘いがあるという話もあるけれど、K-1にとってボクシング出身者は噛ませだから行かないほうがいいと思うし。

[PR]

<< 頑張れ女子ボクシング2 , ジャーナリズムと呼べるのか >>