トレーナーとしてのプライドは何処

亀田兄弟のジム設立申請へ 新ジム代表者にめど
協栄ジムから契約を解除され、国内で試合ができない状態となっている元WBAライトフライ級チャンピオンの亀田興毅と弟大毅について、新ジム設立に必要な10年以上のライセンスを持つ代表者のめどがついたことが、4日までに明らかになった。亀田側は近く東日本ボクシング協会にジム設立の申請を行う予定。亀田兄弟の所属事務所によると、東京のワタナベジムの元トレーナーに代表就任を打診し、前向きな返事を得ているという。
亀田ジム8月に誕生、14日に申請
WBA世界フライ級1位の亀田興毅(21)ら亀田兄弟の独立ジム「亀田ジム」が、8月に誕生する。亀田陣営が今月14日の東日本ボクシング協会理事会で独立を申請することが、3日までに確実になった。条件でもある10年以上のライセンス保持者として元ワタナベジムの吉井真二トレーナー(45)の加入が内定するなど、準備がほぼ整った。
 最大のネックが解消された。東日本協会の場合、独立の条件の1つに、10年以上のライセンス保持者が必要だった。現在亀田兄弟の父史郎氏は無期限のセコンドライセンス停止中。亀田家以外のライセンス保持者を探していたが、吉井トレーナーとほぼ合意した。
 独立に必要な東日本協会員の推薦人としては、吉井トレーナーが以前所属したワタナベジムの渡辺均会長に要請。渡辺会長は「いろいろな方に相談して決めたいので、まだ白紙だが、協力できることはするつもりです」と前向きに話した。渡辺会長が推薦人となれば、あとは1000万円の承認料を払うことで、独立の条件は満たされる。亀田陣営が14日の同協会理事会に独立を申請、8月の理事会で認可される見込み。
 亀田は5月に協栄ジムを離脱し、国内のリングに立てない状態が続いていた。「亀田ジム」誕生により、国内復帰にメドが立つ。(日刊スポーツ)

「亀田ジム」8月誕生 会長に第三者
ボクシングの亀田興毅(21)と大毅(19)が、14日の東日本ボクシング協会理事会で新ジム設立申請を行うことが3日、明らかになった。ジム会長には第三者を立て、トレーナーライセンスを10年以上保持しているワタナベジム(東京・渡辺均会長)の元トレーナーが、スタッフに加わることがこの日までに内定した。
 また、新ジム設立の条件の一つである同協会協会員の推薦人に関しては、ほぼ決定しており、問題はないという。会長にはボクシング経験のない第三者を立てることで、同協会への加盟金は1000万円となる。14日に申請し、8月に行われる同協会の理事会で承認されれば「亀田ジム」が誕生する。
 12日にメキシコで復帰戦を控えている興毅は、現地で調整を続けている。14日までに帰国できないため、理事会には所属する亀田プロモーションのマネジャーが出席する予定で、手続きを行う。ジム設立が承認されれば、国内での活動が可能となり、今秋以降に“戦国のフライ級戦線” の主役として国内リングに復帰することになる。(デイリー)

吉井トレーナーのいいところは自己主張が強くないことだそうです(笑) まあどーでもいいんだけど、実際の指導は亀父がやるから、吉井トレーナーは何もやることがない。まあ、楽してお金が儲かるからいいんだろうけれど、トレーナーとしてのプライドなんか無くしてしまっているんだろうね。ジムに来るのも一週間に一度ぐらいだったりして。必要以上に顔を出すと、亀父に「何しに来たんや」と毒づかれたりして。
 このジムは亀田だけジムなので、月謝などの収入がないから、興行をしないと収入を得ることが出来ない。それ今まで以上に噛ませ路線が顕著になるだろうね。フライデーが亀田プロモーションに取材を申し入れたら、ジョー小泉が出てきたという辺りからも推測できる。
デイリーは今秋以降に“戦国のフライ級戦線”の主役として国内リングに復帰することになる。なんて書いているけれど、そもそも戦いに参加していない奴がどうして主役になれるのだろうか。7/30の興行に参加する6選手はお互いに試合をやっていて、戦国のフライ級戦線に参加しているが、唯一日本人との試合をせずに、対戦要望も無視し(挑発だけは繰り返したけれど)、噛ませ外国人とのプロレスに傾倒してきた亀田が主役とは片腹痛い。主役はチャンピオンである内藤であり、坂田である。

[PR]

<< スポーツ新聞から , 真面目な話だったのね >>