社民党はどうしたの

「米国は勝手」「進展に期待」=与野党がコメント−テロ支援指定解除
北朝鮮が核計画を申告し、米国がテロ支援国指定を解除すると発表したことについて、与野党の幹部らは26日、記者会見や談話などでそれぞれ見解を示した。
 自民党幹部は「米国は勝手だ」と批判し、同党有志による「北朝鮮外交を慎重に進める会」の山本一太会長は「指定解除で日本の交渉力は大幅に低下する」と、拉致問題の今後の展開に懸念を示した。超党派の日朝国交正常化推進議員連盟の山崎拓会長は「朝鮮半島非核化実現のための1つのプロセスと肯定的に受け止めるべきだ」と述べた。公明党の太田昭宏代表は「申告の中身が大事。拉致問題への対応も絶対にゆるがせにできない」と語った。
 一方、民主党の小沢一郎代表は「拉致問題を忘れないなんて(ブッシュ米大統領から福田康夫首相に)電話をかけられても、どうしようもない」と述べ、米側はもはや拉致問題を重視していないと分析し、共産党の志位和夫委員長は「核問題の解決は、拉致問題の進展を促す新しい条件になり得る」と米朝の対応を歓迎した。国民新党の綿貫民輔代表は「拉致問題に進展がないときに一方的に解除することは受け入れられない」と米国への不満を示した。

 衆参あわせて12人しか国会議員がいないにもかかわらず、大きな顔をしてテレビ番組などで的外れな発言を続ける社民党の福島瑞穂代表のコメントはないのか。記者が取材に行かなかったのか、行ったけどあまりにも的外れで使えなかったのか、コメントをしなかったのか。内縁の夫が代表を務めるグリーンピースのことが気になってそれどころではないのか。
 北朝鮮に関しては社民党は口を噤むべきではないと思う。過去の経緯からいって。なかったことにして頬被りを決め込むより、反省すべきは反省してきちんと対応すべきだ。
 

[PR]

<< 朝日新聞が支持する旅の恥はかき捨て , 有力校の優遇措置 >>