プリントゴッコ懐かしい

プリントゴッコが販売終了 年賀状文化の衰退も後押し
理想科学工業は5月30日、プリントゴッコ本体の販売を2008年6月30日で終了することを発表した。ランプ・インク・マスターなどの関連消耗品については、当面は販売を継続する。
 プリントゴッコは、理想科学工業が1977年9月に発売した家庭向けはがき印刷機。操作手順がわかりやすく安価なこともあり、年賀状作成の定番製品として広く家庭に普及した。
 しかし、PCやインクジェットプリンタの普及に伴い、90年代後半からは徐々に販売台数が減少。布や名刺に印刷できるモデル、デジタルカメラから画像を取り込めるモデルなども発売したが、「需要回復までには至らなかった。Eメールの普及などで、日本の年賀状文化が衰退してきていることも要因の1つ」(理想科学工業)
 販売を終了するのは、PG-5ベーシックセット、PG-11本体、プリントゴッコアーツ(紙用セット/布用セット)としている。

  初代のオレンジ色のボディのプリントゴッコ買いました。余り年賀状とかを書くほうではなかったので、ほとんど使わなかったけれど。フラッシュランプが光った後の焦げた匂いが、懐かしく思い出されます。
 この記事だと、PCやインクジェットプリンタの普及がプリントゴッコを衰退させたと書いてあるけれど、実際にはワープロ専用機が衰退させたと思います。家庭においてのワープロ専用機は明らかに年賀状印刷機でした。年末になると売り上げが上がっていました。プリントゴッコ→ワープロ専用機→パソコンと印刷は綺麗になっていきましたが、どんどん個性が失われて行った気がします。

[PR]

<< 当然の結果 , 骨のある相手って(^_^; >>