まるでK-1張りにおかしなFIVBのルール変更

女子バレー日本、初黒星 カザフスタンは五輪初出場へ
バレーボールの北京五輪女子世界最終予選兼アジア予選最終日は25日、東京体育館で行われ、日本はセルビアに逆転負け、通算6勝1敗で3位に終わった。2勝5敗のカザフスタンが、全体の3位以内に入った日本を除くアジア勢最上位となり、日本、セルビア、ポーランドに続き予選を突破、初の五輪出場を決めた。6勝1敗のポーランドが得点率で1位、セルビアが2位。五輪出場12チームが出そろった。
今日になって北京オリンピック出場規約の一部変更があり、「全体の1位 全体の1位を除くアジアの1位 上記2チームを除く、上位2チーム」という規定が「全体の上位3カ国、上位3カ国をのぞくアジアの1位」に変更になった。当初の規定だと日本がセルビアに負けると韓国が出場権を逃すことになるので、韓国救済のために急遽変更されたものだと思われるが、今日の試合でカザフスタンが韓国に勝ってしまったので、結局韓国は出場権を逃す結果になってしまった。可哀想なのは4位になったドミニカだろう。出場枠の規定を大会開催中に変更するなんて前代未聞。FIVBは統括団体としての資格はないと思う。
 だいたい世界最終予選兼アジア予選というのに無理がある。アジア予選も他の大陸予選と同じように単独で開催し、各大陸予選の2位チームで最終予選を行うべきだ。他の競技ではそうなっているのに、バレーボールだけはアジア予選では視聴率が取れないのを理由にテレビ局がごり押ししたと言う話もある。

[PR]

<< 骨のある相手って(^_^; , まるでK-1barini >>