前代未聞の行中止

ボクシング全試合が中止 計量後の異例の事態
24日夜に東京・ディファ有明で予定されていたプロボクシングの全7試合が、主催するグローバル協栄ジムの金銭的な問題で開催が不可能になったため、中止が決まった。決定は23日に選手が計量を済ませた後という極めて異例の事態。日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内剛事務局長は「業界としても恥ずかしい話」と事態を重く受け止めており、ライセンス停止などの処分が科されるとみられる。

 グローバル協栄ジムというのは、故金平正紀協栄ジム会長の甥のマック金平氏のところで、協栄ジムとは別のジム。まあのれん分けみたいなものだろうか。
 この興行はグローバル協栄ジムの主催だが、実際にはドリームアクションというところがプロモートしていて、いわばグローバル協栄ジムはプロモーターライセンスを貸していた形。ドリームアクションが金を準備できず、前代未聞の前日興行中止。
 亀田なんか救済する必要ないから、この興行に出場予定だった選手たちをJBCや協会は何らかの形で救済すべきではないか。もらえるはずだったファイトマネーの一部補償でもいいから。グローバル協栄に対する処分も結構だが、まず選手のことを考えて欲しい。

[PR]

<< まるでK-1barini , 太田も除外すべき >>