パンダなんかいらない

中国・胡錦涛主席来日の際、上野動物園に新たにパンダ2頭を借り受ける方向で調整進む

中国の胡錦涛国家主席の来日時に、東京・上野動物園に新たにパンダ2頭を借り受ける方向で調整が進んでいたことが明らかになった。
現在、上野動物園で飼育されている唯一のジャイアントパンダ、オスの「リンリン」22歳は、高齢による体調不良で、29日から展示が中止される。
政府筋によると、新たな中国側からのパンダの貸し出しについて、来週の日中首脳会談での合意を念頭に、両国間で調整が行われているが、最終局面で中国側からの回答が滞ってる。

ジャイアントパンダなんか今更必要か。あんな金ばかりかかる動物。莫大なレンタル料(年間1億円!)もとられるわけだし。別にジャイアントパンダが上野動物園にいなければならないという必然性もないわけだし。今のところ、王子動物園やアドベンチャーワールドでも見ることができるわけだしね。どうしても見たい人は王子動物園やアドベンチャーワールドまで行けばいいわけだし。上野動物園はジャイアントパンダに金をかけるのなら、他の動物の繁殖に金をかけたほうがいいと思うけれどね。
  レッサーパンダとジャイアントパンダはパンダという名前がついてはいるが、全く別の動物(レッサーパンダはレッサーパンダ科、ジャイアントパンダはクマ科)です。本来、パンダとはレッサーパンダのことを指していました。
パンダのリンリン死ぬ 上野動物園、高齢で体調崩す
何度でも書くけれど、ジャイアントパンダなんかいらない。ジャイアントパンダが日中友好のシンボルだったのは過去の話。ジャイアントパンダと引き換えに中共の所業に目を瞑るようなことはしてはならない。a0020280_11572062.jpg
  こんなジャイアントパンダが来たりして。ピーコ天国の中国だもん。a0020280_11161689.jpg
パンダは「客寄せ」の切り札 そんな時代は過ぎ去った?
福田内閣支持急落19% 危機的、不支持66%
内閣支持率低下の起死回生の策だと思っていたりして

[PR]

<< 自由意思による契約解除だから救... , エイリアン展 >>