<甘樫丘東麓遺跡>蘇我氏の滅亡時期の廃絶建物跡を確認

<甘樫丘東麓遺跡>蘇我氏の滅亡時期の廃絶建物跡を確認
 大化の改新とは中大兄皇子、中臣鎌足らによって起こされたとされるクーデターの後に行われた一連の政治改革のことであって、蘇我氏が滅亡した「大化の改新」(645年)という表現はおかしい。乙巳の変とすべきである。また、蘇我氏は乙巳の変以降も、蘇我倉山田石川麻呂の系統は続いているから、滅亡したわけではない。滅亡したのは蘇我氏宗本家であり、蘇我氏滅亡という表現は正確ではない。
 

[PR]

<< 老害は消えろ , 書いた文章はもう一度読み返して... >>