幼年期の終り

SF作家アーサー・C・クラークが死去
  どうしても「2001年宇宙の旅」のアーサー・C・クラークと呼ばれてしまうのだが、ほとんどの人の「2001年宇宙の旅」はスタンリー・キューブリックの監督した映画の「2001年宇宙の旅」であって、クラークの「2001年宇宙の旅」ではない。クラークの「2001年宇宙の旅」は映画の原作ではなく、クラークの短編「前哨」が原案になっていて、クラークとキューブリックがアイデアを出し合い、クラークが小説の形にまとめ、その後キューブリックが脚本を執筆したというものだ。
  個人的には「幼年期の終り」がベストだと思う。一体、人間はいつになったら幼年期の終わりを迎えられるのだろうか。

[PR]

<< この新種の恐竜はティラノサウル... , 変! >>