デイリーの提灯記事

亀田興毅 週明けに協栄ジムに行きます
ボクシングのWBA世界フライ級1位・亀田興毅(21)が、週明けの25日から所属する協栄ジムでスパーリングを開始することが20日、明らかになった。興毅は昨年10月、協栄ジムで練習することを条件に残留しながら、その後ジムで練習せずに、メキシコに拠点を移していた。こうした行動に対し、協栄ジムの金平桂一郎会長(42)は、交通事故後の「車はぶつけるもんや」発言で物議を醸している二男・大毅(19)とともに“解雇”の可能性を示唆していたが、一転して、3月22日(デイリースポーツ社後援・幕張メッセ展示場)の復帰戦へ向けて本格始動することになった。
 「亀田兄弟、解雇」-。そんな周囲の雑音に惑わされず、興毅はマイペースを貫く。「試合まであと1カ月やからスパーリングを開始する。もちろん協栄ジムでやる。俺はプロやから、試合をするのが仕事やからな」。25日に始動し、3・22へ実戦練習に突入する。
 1月27日に交通事故を起こした大毅が今月12日に「車はぶつけるもんやろ」などと不謹慎な発言をした。18日に行われた東日本協会理事会では、この一件に付随し、興毅と大毅が協栄ジムで練習を行っていない事実を追及。金平会長が管理能力を問われ、亀田兄弟の解雇騒動に発展した。
 同理事会では、興毅が協栄ジムで練習を行わずに、メキシコを練習拠点にしていることを問題視。昨年10月に自宅道場での練習を禁止され、協栄ジムでの練習を条件に残留したが、実際はほとんど協栄ジムに通うことなく、実戦練習はメキシコで行っていた。
 それが一転、興毅が今回、協栄ジムでスパーリングを行うということは、問題視されている事項を封印し、最悪のケースだった“解雇”の可能性を一掃することになる。復帰戦の相手が変更され、現時点で相手は正式決定していないが、興毅の復帰戦にかける気持ちは強い。13日にメキシコ合宿から帰国し、現在はロードワークのみのメニューで調整している。
 一方、騒動の渦中にある大毅は、依然として協栄ジムでの練習再開のメドが立っていない。今月中旬に同ジムでスパーリングを行ったが、解雇騒動がぼっ発したため練習を中断。現在、毎朝のロードワークは欠かしていないが、ジムワーク再開には時間がかかりそうだ。

 やってきましたデイリーの提灯記事。周囲の雑音ときたか。解雇もあり得ると言ったのは他ならぬ協栄ジムの会長なんだけどね。ジムのトップの発言を雑音と言い切るなんて、高級腕時計をもらったのか、高級クラブにつれていってもらったのかは知らないが、まともな判断ができなくなっているようだ。新聞社なんか辞めて亀田プロモーションの広報担当にでもなったらいかが。
 もし興行が行われるとしても、今から相手を探したって、どうせ相手は準備不足だし、トップランカーは相手にしてはくれないし(まあ、トップランカーとはやらないだろうけれど)、また、亀田家御用達のタイかインドネシアの選手でお茶を濁すだけだろう。

[PR]

<< 変! , 試合中止 >>