韓国ITの看板‘ティーマックス’ MSに挑戦状

韓国ITの看板‘ティーマックス’ MSに挑戦状
韓国代表ソフトウエア業者のティーマックスソフトが米マイクロソフト(MS)に挑戦状を叩きつけた。
同社創業者の朴大演(パク・デヨン)社長(53)は12日、中央日報の記者と会い、「MSの基本ソフト(OS)ウィンドウズと100%互換可能な新しいパソコン用OSを来年1月に発売する」と明らかにした。3月19日には、サーバー用OSや移動通信機器に使われる内蔵型OS技術を発表する。
朴社長は来年から販売するパソコン用OSについて「リナックス、マッキントッシュなどのOSが市場を広められなかったのは、ウィンドウズに最適化された各種ソフトウエアと互換性がなかったため」とし「ティーマックスのOSはこれらすべてと互換が可能で、価格もウィンドウズの半分水準になるだろう」と語った。
ティーマックスがOS開発に成功した場合、外形的には世界的なシステムソフトウエア企業のように幅広い技術を備えることになる。システムソフトウエアの3大分野であるミドルウエア・データベース管理ソリューション・OSの源泉技術をすべて備えた企業はIBMとMSだけだ。
朴社長は不毛地のような国内ソフトウエア産業で活躍してきた技術経営者。KAIST教授時代の97年、ティーマックスを創業し、10年間で売上高950億ウォン(07年推定値)の国内最大ソフトウエア業者に育てた。98年には‘ティーマックス1.0’、00年には‘ゼウス1.0’など先端ミドルウエアを相次いで開発し、外国企業が独占してきた国内市場を開拓した。
こうした過程で朴社長は「自分が最も得意とするのは研究開発」とし、経営の一線には出てこなかった。創業以来ずっと最高技術責任者(CTO)という肩書にこだわり、京畿道盆唐(キョンギド・プンダン)の研究室で研究開発に専念してきた。研究と家庭生活を並行する自信がないとし、結婚も考えてこなかった。 それで‘隠遁の経営者’と呼ばれてきた。
その朴氏が12日から‘代表取締役社長’の名刺を自ら作ったのだ。 この日午前には社長就任を公式化する記者懇談会も開いた。これは国内技術ベンチャーの一般的な姿とは少し違う。安哲秀(アン・チョルス)研究所の安哲秀氏、ダウムコミュニケーションの李在雄(イ・ジェウン)氏、NHNの李海珍(イ・ヘジン)氏、金範洙(キム・ボムス)氏ら創業者は、会社が成長すると、「経営は専門経営者に任せるべき」とし、一線から退いた。 株主と業界は彼らの決定を歓迎した。
朴社長は彼らとは逆の道を歩むことにしたのだ。朴社長はこれに関し「2010年までに米ナスダック上場を実現する」と語った。 「率直に言ってこの1-2年間の経営成果には満足できなかった。さらに意思決定を速め、研究開発中心の効率的な経営をするには、自らやらなければならないと考えた」。
ナスダック上場は国際的企業に生まれ変わる土台になる。朴社長は「グーグルも1株85ドルという驚くべき値でナスダックに上場したおかげで世界的な名声を得ることができた」と述べた。進入障壁が高いソフトウエア分野でIBMとオラクルに挑戦するにはこの方法しかない、ということだ。
ティーマックスのこうした青写真に対し、‘無謀な計画”という冷ややかな視線も少なくない。 この2年間は「目標を高く設定し過ぎて達成できなかった」という株主の声も出ている。 多国籍ソフトウエア業者に買収されるかもしれない、という噂も広まった。
朴社長は「データベース管理ソリューションの売り上げが急速に増えているだけに、今年の売上高目標である1600億ウォンは無難に達成するだろう」とし「創業者が経営の一線に立てば根拠もない噂もすぐに消えるのでは」と期待を表した。

 MSに挑戦状なんて見出しがついているものだから、てっきりYahoo!の買収騒動に首を突っ込むのかと思ったら、Windowsの互換OSを作るという話。まあ、アドバールーンだけで到底実現できないと思われるし、その互換OSができたとしても中身はWIndowsそのものというオチだろう。なんたってパクリが当たり前の国だもん。
 もしそんな互換OSが出来たとしても、だれも韓国の得体の知れないソフトハウスの作ったOSなど買わないだろうし、間違ってもmacOSやリナックスほど広まる事はないだろう。この国の人たちってすぐ自分を過大評価してしまうんだよね。
 まあ、言うだけはただだからね。一年後にどんな言い訳をしているか楽しみだわ。

[PR]

<< 共同捜査はアリバイ作り , 聖徳太子 >>