ミハレスは目を腫らしてなんかいない

世界王者が興毅を絶賛

 プロボクシングWBA世界フライ級1位の亀田興毅(21)=協栄=が4日、メキシコ・ドゥランゴ州トレオンで、3月22日の復帰戦(幕張メッセ国際展示場第2ホール)に向けてWBC世界スーパーフライ級王者クリスチャン・ミハレス(26)=メキシコ=と4回のスパーリングを行った。
 亀田プロモーションによると、17日にV6防衛戦を控えるミハレス陣営のオファーで実現。ミハレスは右目上を腫らし「興毅はすごく強くてスピードがあって素晴らしい。すごくいい練習ができるからとても感謝している」と話したという。
 興毅は実戦感覚を取り戻すのが狙いで「メキシコのテレビ、新聞、ファンもきた。ええ感じや」と話した。復帰戦の相手は元WBO世界フライ級王者のホセ・ロペス・ブエノ(33)=スペイン=。滞在する8日まで計30回のスパーを行う予定。(2008年2月6日06時01分 スポーツ報知)

 「亀田プロモーションによると」と書かれてある通り、大本営発表を記事にしたマスコミとは思えない糞記事ですね。youtubeにスパーリングを撮影した動画がアップされていた(現在は削除されている)が、ミハレスは右目上なんか腫らしていませんでしたよ。亀1のパンチなんか余裕で捌いていましたもん。実力にかなりの差があるのが実情ですね。
 

[PR]

<< 聖徳太子 , 根來泰周に苦言 >>