朝青龍-琴ノ若

 生き体であろうが、死に体であろうが、手をついた時点で琴ノ若はだめ。
全盛時の二子山部屋の関取はよく顔に擦り傷をつくっていたが、投げの
打ち合いや土俵際の攻防で、手をつかず、顔から突っ込むためだった。
琴ノ若にそこまでの勝負に対する執念があったかには大いに疑問。
まあ、佐渡ヶ嶽親方の娘と結婚して、親方の定年後には部屋を継承す
る将来が安定している相撲取りに、そういった執念を要求するのが酷か。

[PR]

<< コミッショナー , ナベツネは大馬鹿もの >>