亀田また逃げる。さすがは浪速の逃拳一家

亀田和毅、メキシコへ出発…アマ最高峰大会に日本人初出場へ
プロボクシング亀田兄弟の三男・和毅(15)が26日、アマチュアの最高峰大会「ゴールデン・グローブ」(7月21日開幕・メキシコシティー)でのアマデビューと日本人初出場の歴史的快挙を目指し、日本を出発した。
 現地到着後は健康診断とエントリーを申請し、7月7日に出場可否が判明。出場が決まれば1か月以上の長期滞在となる。“亀田家最終兵器”は5月に、日本人世界上位ランカー限定の100万円懸賞マッチで相手を公募。日本スーパーフライ級王者の河野公平(26)=ワタナベ=が名乗り出たが「忙しなってもうた。メキシコまできたらやってもええで」とやんわりと断った。エントリーする階級は、ジュニアのバンタム級(54キロ以下)。出場人数でトーナメントかリーグ戦になるようで、1回戦は7月21日の開会式後となる見込み。出場が決まれば父・史郎トレーナー(42)も合流する。(スポーツ報知)

 あちゃー、河野公平から逃げるのね。ほんと予想通りの展開だわ。河野とのスパーリングを拒否する理由の「ゴールデングローブ」は米国の有名ボクサーの通過点の「ゴールデングローブ」ではなく、メキシコ版の「ゴールデングローブ」。この報知の記事は意図的なのか、無知なのかはわからないが、アマチュアの最高峰大会と書くことによって両者を混同させている。名チャンピオンリカルド・ロペスがアマチュア時代にした三連覇した大会でもあり、ボクシングのレベルの高いメキシコだからそれなりの大会ではあるのだろうが。
 こいつアマの連盟と揉めてアマチュアと決別したんじゃなかったっけ。いまさらアマチュアなんてちゃんちゃらおかしいし、プロのリングでスパーリングとかやっているのだからアマチュア資格があるのか疑問だ。
 まあ、たぶん書類選考で落とされて、また一方的に「メキシコ人が逃げた!」なんて声高に叫ぶのが関の山だろう。
 日本王者のプライドを捨ててまで、スパーリング相手に名乗りを上げた河野公平には気の毒としか言いようがない。反面、こんなおかしな奴らにかかわらずに済んで良かったかも。

[PR]

<< 内藤、テレビ中継決まった-MX... , TBSはオーナー失格 >>