阪神久万オーナー

阪神久万オーナーが25日、巨人渡辺オーナーと再び歩調を合わせた。「今の野球ファンの数と球団数のバランスを考えたら、8球団が理想。そこで採算が取れると思うし、ある意味仲良く、競り合いながら盛り上げていける」と解説。ジョーク交じりに「自分とこのことだけを考えるんやったら、極端な話(プロ野球は)ウチと巨人だけでもいいんですよ」とも付け加えた。また、近鉄、オリックス合併後のダブルフランチャイズ制熱望にも「わがままですよ。規則(野球協約)を破ってもやろうとする根性がスカン」と痛烈批判した。
 冗談にしても言っていいことと悪いことがある。これからの日本のプロ野球のあり方を
考えている最中に、全くビジョンがない。プロ野球球団のオーナーとは信じられないくらい馬鹿な発言である。まあ、パリーグに参加が決まっていたのに、読売戦の旨味を逃したくないばっかりに、土壇場で裏切ってセリーグに参加した球団のオーナーだからこんな程度の発言しかできないのだろう。
いずれにしても、1リーグ制になるにしろ、このまま2リーグ制のままで行くにしろ、日本のプロ野球は死んでしまうだろう。ますます、トップ選手のメジャーリーグ流出が続くだろう。日本のプロ野球はメジャーの傘下のマイナーリーグとして存続するしかなくなる。

[PR]

<< 猪木V.S.アリ , おもしろいソフトを見つけた >>