おもしろいソフトを見つけた

 本読みにとって一番頭の痛い問題は蔵書の管理だろう。蔵書の収納にも頭を痛めるが、蔵書のデータ化というのも頭の痛い問題である。
 以前は本を買ってくると、1冊1冊ノートに基本データを書き写していたのだが、いつしか億劫になりやめてしまった。
 その後、パソコンを本格的に導入したが、なんどもデータベースソフトを使って、蔵書データベースの構築を目指したのだが、データの入力が大変で、いつも途中で投げ出していた。
 今回見つけたソフトはISBNコードを入力すると、アマゾンのデータベースに接続して自動的に入力してくれるという優れものである。手元にあった本のISBNコードを片っ端から入力してみたが、10年ぐらい前の本でもデータをゲットできた。新しい本でもだめだったのは、コンビニを中心に出回っている漫画の復刻版だったが、これはアマゾンで扱いがないからということだろう。
アマゾンで取り扱いがない本のデータは得られないし、当然ISBNコードのないような
古い本のデータは得られないから万能ではないが、入力作業を大幅に軽減してくれる魅力的なソフトである。(マック版です)

[PR]

<< 阪神久万オーナー , コミッショナーって何よ >>