週刊ゴング存続の危機

「週刊ゴング」「ゆびとま」 イメージダウンの深刻度週刊ゴング廃刊寸前…プロレス&編集ド素人社長が粉飾
なんて記事もあったりして、週刊ゴングの存続が危ぶまれているらしい。現在は週刊ゴングを買うことはほとんどないけれど、前身の月刊ゴング、月刊別冊ゴングは毎月欠かさず買っていたし、読者の投稿コーナーには、駄文を掲載してもらい、掲載記念品のレスラーの生写真を貰ったこともあったりして愛着もあるので、なんとか存続してもらいたいものだ。ゴングがなくなると週刊プロレス一誌だけになって、面白みがなくなる。全く違うカラーを持つ二誌が競っているから面白いのだ。

[PR]

<< フィギュア黄金時代 , 頑張れ坂田、ボクシングを守るために >>