まともな調査結果はでないだろうけれど

<番組ねつ造>関西テレビの調査委が初会合
  >同社や出席した委員によると、問題発覚のきっかけとなった「納豆ダイエット」(7日放送)だけでなく、必要があれば前身番組も検証する。シリーズの放送開始(96年10月)当初までさかのぼると、調査する資料が膨大になることから、法律や食品、放送業界の専門家ら十数人から構成する小委員会を設ける。
 必要があればではなく、必ずやらなければならないでしょう。捏造は「あるある大事典」のころから行われていたのだから。2〜3の事例を挙げてお茶を濁すような調査は到底受け入れられないし、そんな調査だったらやらない方がまし。
>会合の冒頭、同社の千草宗一郎社長は「放送責任は極めて重い」と陳謝し
 だったらもっと具体的に示せよ。ローカル番組でこそっと謝罪することでお茶を濁すのではなく。他の業種だったら、営業停止とかになって多大な損害を被るけれど、テレビ局は今日も放送を垂れ流し続けている。一定時間自主的に放送を休止するとかね。
 「アジト」という孫請けの制作会社の名前が出てきたけれど、これはマスメディアお得意のトカゲの尻尾切りのための布石なんだろうね。悪いのはすべて「アジト」です。関西テレビは直接番組制作には関与していませんでしたなんてね。

[PR]

<< 頑張れ坂田、ボクシングを守るために , 姑息 >>