WBCが消える

 ボクシングの世界タイトル認定団体であるWBC(World Boxing Council
世界ボクシング評議会 会長ホセ・スライマン)が破産手続きをとることになった。
 グラジアーノ・ロッシジャーニ(ドイツ)からライトヘビー級のタイトルを不当に
剥奪したとして3100万ドル(34億円)の支払いを命じられていた。
一試合で何十億円というファイトマネーが動く昨今、ボクシング統括団体が
わずか34億円の金が払えず、クローズしなければならない。なんか変だ。
いままでおいしい汁を吸ってきたビッグプロモーターもだれも援助をしようと
しないのだろうか。飯の種が一つなくなろうとしているのにねぇ。
 28日の徳山の試合もタイトルマッチになるかどうか流動的。試合が中止に
なることはないみたいだけれど。
 UBCなる後継団体の設立も噂されているけれど、先行きは全く不透明。
いずれにしても、スライマンは退陣すべきだと思うし。
 28日の試合までになんらかの解決策がでることを祈っている。

[PR]

<< コミッショナーって何よ , OS X10.3 >>