OS X10.3

デスクトップのMacG3DT233改にXPostFactoを使ってOS X10.3を
インストールしているが、OS X10.3.3アップデータをつかってアップデート
しようとすると、必ずエラーが発生して途中でアップデートが止まってしまって
起動ができなくなる。結局、再インストールそするはめになるのだが、今まで
は割合にスムーズにインストールできていたが、今回はもうインストールはで
きないのではと諦めかけるほど難航した。
外付けにSCSIインターフェースのHDを繋いでいるのだが、今まではこれを繋
いだままでも問題なくインストールできていたものが、今回はこれを外さないと
インストール画面にも辿り着かなかった。このことに気づくのに半日かかった。
XPostFacto3.0a17を使ってインストールしていたのだが、以前はスムーズ
にインストールできていたものが、必ず途中で止まってしまう。インストールエラー
の表示が出るときもあれば、フリーズしてしまうこともある。何度繰り返しても、
メモリを外して試みても同じ。諦めかけたとき、ふとXPostFactoの旧バージョン
を使ってみること思い立った。旧バージョンであるXPostFacto3.0a10を使って
みると、何の問題もなく1枚目のCDはインストールが完了した。だが、2枚目のC
Dをインストールするため再起動するが、カーネルパニックが出て起動できない。
万事休すかと思われたが、OS9に戻りXPostFacto3.0a17を使って起動してみ
ると、見事に再起動し2枚目のCDもインストールができた。
 いったいこの煩雑さは何なんだろう。最初にインストールしたときは全く無問題で
スムーズにできたというのに。
 OS X10.3.2まではスムーズにアップデートできるので、現在は10.3.2にしてある。
セキュリティのことを考えると現行の10.3.4にアップデートすることが望ましいけど
また再インストールなどになると精魂つきてしまうと思われるので、しばらくはこの
ままでいくつもりである。

[PR]

<< WBCが消える , K-1V.Sボクシング >>