リセット!

甲子園出場校の部員逮捕 文星芸大付、傷害で
  栃木県警今市署は29日、傷害容疑で、全国高校野球選手権大会の栃木県代表に決まった文星芸術大付属高(宇都宮市)1年の野球部員を含む少年5人=いずれも(16)=を逮捕した。部員は暴行現場にいなかったが、同署は他の4人に犯行を指示した可能性が高いとみて調べる。
 同校は26日に、改名前の宇都宮学園高時代を含め6年ぶり9度目の甲子園出場を決めたばかり。上野憲示校長は「選手の甲子園への気持ちを考え、参加準備を進めることを決めた」と述べ、出場辞退しない考えを明らかにした。
 栃木県高校野球連盟は「今のところ出場辞退させる判断はできない。今後さらに事件の詳細を(学校側から)報告させ対応したい」としている。

 甲子園出場は少子化が進む中で、生徒を集めるための良い宣伝になるのだから、「選手の甲子園への気持ちを考え」ではなく、どんなことがあっても出たいと言うのが学校側の本音なのだろう。
 前にも書いたと思うけれど、甲子園を一度リセットすることが必要なのではないだろうか。いろいろな問題を抱えたままでこのまま続けていくよりも、高校野球のあり方をもう一度考え直すことが必要ではないのだろうか。
 とはいえ、高野連は春夏の甲子園を円滑に運営するための組織に過ぎず、甲子園がないと干上がってしまうだろうから、絶対にそんなことはしないだろうけれど。
 

[PR]

<< いずれにしても出来レース , これで超人ならば、俺も超人だぜ... >>