六階級制覇

 オスカー・デラホーヤが前人未踏の六階級制覇を達成した。
さほど体力があるとは思われないフェリックス・シュトルムに
体力負けしていたことからも、前途は多難である。9月には
セミファイナルで統一ミドル級タイトルを防衛したバーナード
・ホプキンスとの統一戦に臨むことになるが、今のままでは
全く試合にならないだろう。もう一度原点に帰ってスピード
を生かすボクシングに戻るべきだ。加齢によりスピードが
衰えて、もう元にはもどらないのであれば、ホプキンスとの
試合はミスマッチになるから、やらずに六階級制覇を花道に
引退した方がよいと思う。

[PR]

<< K-1V.Sボクシング , あ〜連敗 >>