亀田陣営が具志堅用高氏に謝罪・説明要求するニダ

 亀田陣営が具志堅用高氏に謝罪・説明要求
  8月2日にWBA世界ライトフライ級タイトルマッチに臨む亀田興毅の所属先の協栄ジムの金平桂一郎会長と父・史郎トレーナーは27日、記者会見を開き、新聞紙上で興毅について批判的なコメントをした具志堅用高氏の「金をかければ、そんなに簡単に世界挑戦できるのか」などとする発言を「事実無根」とし、謝罪か説明を求めることを明らかにした。具志堅氏から何らかの謝罪・説明がなければ、今後、トーナメント以外での具志堅ジムとの試合の交流を取りやめるという。
 協栄ジムOBで興毅が狙うWBA世界ライトフライ級王座を13回防衛した具志堅氏は、「弱い外国人とばかり対戦しているのに、日本や東洋太平洋のランキングに押し込んだ日本ボクシングコミッション(JBC)にも問題がある」などと新聞紙上でコメント。金平会長は「これから命のやり取り(タイトルマッチ)をしようとしている後輩に愛情のかけらもない」と話した。金平会長は、具志堅氏が東日本ボクシング協会副会長として発言したことも問題視している。

 事実なんだから、具志堅氏は謝罪する必要はない。こんな記者会見をやること自体、また叩かれることになるのにねぇ。ここで具志堅氏に謝罪させたとしても、肝心のタイトルマッチで負けてしまえば、全く意味がないのに。ここは堪えて、タイトルマッチに勝利したあとに、「どうだ!具志堅」とやったほうが得策だとは思うけれど。まあ、今の亀田では勝てないだろうからね。
 今まで、ボクシング業界は業界のためということで、頬被りしてきたところ」があったけれど、亀田がボクシング業界全体の牽引車にはならないことがはっきりした以上、具志堅氏のような人は続くだろうね。

[PR]

<< 必死の亀田擁護には、怒りを通り... , マスコミのせいだろう >>